「少子化」が地球温暖化を防ぐ?

 二酸化炭素(CO2)の排出量を抑えるには、最も有効な手段の一つとなり得るのが「少子化」だという研究結果が発表されなした。スウェーデンのルンド大学の研究チームらはCO2の削減にあたり、なるべく小さな家族を持つことが推奨されるとの論文を発表しました。



 研究チームは「地球温暖化の主要因は大気中の温室効果ガスの蓄積にあり、これは数十億人の人々の暮らしが生み出したものだ」と述べました。温室効果ガスの削減を考えた場合、4つの有効な対策があるといいます。


・子供の数を各家庭平均で一人少なくすると、年間で58.6 tCO2e(58.6トン相  当のCO2)が削減できる。

・車の無い生活で年間、2.4 tCO2eが削減できる。

・飛行機の使用をやめると、大陸間の往復1フライトあたり1.6 tCO2eが削減で

 きる。

・肉食をやめると年間で0.8 tCO2eが削減できる。


 研究者らによると、上記の方法により従来提唱されている温室効果ガス削減対策をはるかに上回る効果が期待できる。特に、ベジタリアン食の導入は従来の食に関するライフスタイルと比較して、CO2の排出量を4倍も削減可能だといいます。また、LED照明の導入がCO2の排出を抑制するとの説もありますが、ベジタリアン食の促進は、LED照明導入の8倍の効果をもたらすと述べています。

 しかし、米国をはじめ多くの政府は従来の低効果な対策を促進しているのが現実で、研究チームのKimberly Nicholasは米公共ラジオNPRの取材に対し「ほとんどの政府機関は、このような重大な発見に気づいていない。また、彼らがこれまで果たした成果を正確に測定していない」と話しました。

 ただし、子供の数を少なくするという選択肢についてNicholasは「これは非常にセンシティブな問題であり、科学者である自分が判断できる問題ではない」と述べました。「しかし、事実を公にすることは自分の任務だ」と彼女は話しました。

 「子を持つかどうかは個人の判断に委ねられる。同様に地球温暖化にどう取り組むかも、個人がどのような考えを持っているかに委ねられている。しかし、正確な科学的知識を持つことは必要だ」とNicholasは続けました。

 今回の研究結果は、地球温暖化の防止に向けて人類がライフスタイルを変えるべきだという重要な根拠を示していると言えます。しかし、それでもなお、人々がどのような暮らしを送るかは、結局のところ個人の決定に委ねられています。

(Forbesより)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する