ノートパソコンの改造

 先日、新しくメインパソコンを製作したので、サブPCとして持っていたノートパソコンToshiba Dynabookを82歳の姉にあげることにしました。姉は高齢でもスマホを使い料理のレシピなどを検索できるので、Windowsも何とか使いこなせるかと思います。初めはGoogleの検索やメールの受信だけできれば、十分です。

 インターネット接続はYahooBBADSL 12M、月額1,265円(2年間)に申し込むことにし、PCを渡す前に、HDDをSSDに交換。メモリーも差し替えることにしました。

 Toshiba Dynabook CX/47Cは10年前に購入したもので、スペックは

プロセッサーIntel Core2 Duo T7250 @ 2.00GHz、実装RAMPC2-5300 1GX2 2GBです。


 交換するSSDはAmazonnでKingSpec32GB2,960円(送料200円)で購入しました。出品者が中国人なので香港から1週間ほどで届きました。読み込み速度が460MB/sですから、まずまずのスペックです。

61H5BjrZV0L._SL1050_.jpg

 メモリーはヤフオクで中古のPC2-6400 2GBX21,500円で購入し、PC2-5300と差し替えました。パーツ代は送料も含め、4,824円でした。

PC2-6400 2GBX2.jpg

 OSWindows VistaからWindows7、無償でWindows10にアップグレードしたもので、今回のクリーンインストールで32-bitから64-bitに変更しました。これでメモリー4GBが生かせます。

 CPUが非力なのであまり期待していませんでしたが、結果として起動が速くなり、キビキビと動くようになりました。メールやNET検索には十分活用できそうです。

 82歳の姉に、これからパソコンを覚えさせるのは無謀だと思われるかもしれませんが、私と同じく認知症防止にはなると思います。隣に住むPCの好きな高校生の孫娘がよく遊びに来るので、教えてもらえます。毎月恒例のWindows Updatedなどは私が面倒を見ることになります。10月のFall Creaters Updeteもインストールしました。機材は古くても、OSは最新です。


追記:Fall Creaters Updeteは、大容量のSSD領域が必要なので、32GBSSDで実行するためには、別途10GB以上のUSBメモリーが必要になることがあります。予め16GBUSBメモリーを用意しておけば問題なくUpdeteできます。

 またFall Creaters UpdeteはMicrosoftの自動更新を待つより、手動でアップデートした方が簡単にできます。いずれにしてもかなり時間がかかるので、この際、Windows10のダウンロード ページから、ツールをUSBメモリーにダウンロードし、クリーンインスト-ルした方が短時間でFall Creaters Updeteに移行できます。一度windows10を入れたPCであればライセンスは必要ありません。データーをクラウドか外付けHDDなどへ移す作業と、自分で入れたアプリケーションの再インストールが必要ですが、無駄なレジストリーも一掃され、PCの動きがよくなります。10月19日の私のブログも参考にしてください。


http://okimideiko.blog.fc2.com/blog-date-20171019.html

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する