FC2ブログ

主なる神は太陽にして楯なり(BWV79)

 今日は宗教改革記念日です。マルティン・ルターが宗教改革を始めたことを記念する日で、ユリウス暦の10月31日になります。ドイツのプロテスタント信者が多い一部の州では、この日は休日になります。日本をはじめ多くの国のプロテスタント教会では、10月31日の直前の日曜日に宗教改革記念日礼拝が行なわれます。

 主なる神は太陽にして楯なり(BWV79)はBACHが1725年10月31日の宗教改革記念日のために新作したカンタータです。


最後の審判(部分画)ミケランジェロ


 当日の福音社の章句は、最後の審判の劇的情景です。天高く飛び天使が永遠の福音を伝え、別の天使がバビロンの崩壊を叫ぶ。当時の礼拝において飛翔する天使がルターの隠喩で、バビロンの教皇庁が隠喩として理解されたわけです。一方書簡章句には、天使たちの群れを伴ってのキリストの来臨と、従わない者たちへの裁きが述べられています。


 ジョン・エリオット・ガーディナー指揮、イングリッシュ・バロック・ソロイスツ、ジョアン・ラン(S)、ウィリアム・タワーズ(CT)、ジェームス・ギルクライスト(T)、ピーター・ハーベイ(B)の演奏でお聴きください。





主なる神は太陽にして楯なり(BWV79)

1.合唱

Gott der Herr ist Sonn und Schild. Der Herr gibt Gnade und Ehre, er wird kein Gutes mangeln lassen den Frommen.

主である神は、太陽にして盾。主は、恵みと誉れを与えてくださる。

主は良いものを欠かそうとはなさらない、信仰ある者たちに。

2.アリア(アルト)

Gott ist unsre Sonn und Schild!

神は、私たちの太陽にして盾!

  Darum rühmet dessen Güte

  だからその慈しみを讃えるのだ、

  Unser dankbares Gemüte,

  私たちの感謝する心は。

  Die er für sein Häuflein hegt.

  その慈しみを、神は小さい群れに施してくださる。

  Denn er will uns ferner schützen,

  神は、私たちをこれからもお守りになる、

  Ob die Feinde Pfeile schnitzen

  敵たちが矢を研ぎ、

  Und ein Lästerhund gleich billt.

  冒瀆者が犬のように吠えたとしても。

3.コラール

Nun danket alle Gott

いざ、皆神に感謝しなさい、

Mit Herzen, Mund und Händen,

心と口と両の手とで。

Der große Dinge tut

神は大きなことをしてくださった、

An uns und allen Enden,

私たちに、またすべての地の果てにまで。

Der uns von Mutterleib

神は私たちが母の胎にある時から、

Und Kindesbeinen an

また歩みつたない頃から

Unzählig viel zugut

数限りない良きことをなし、

Und noch itzund getan.

今もなお、なしてくださっている。

4.レチタティーヴォ(バス)

Gottlob, wir wissen

ありがたい、私たちは知っている、

Den rechten Weg zur Seligkeit;

至福への正しい道を。

Denn, Jesu, du hast ihn uns

なぜなら、イエスよ、あなたがそれを私たちに

durch dein Wort gewiesen,

御言葉を通じて示してくださったのですから。

Drum bleibt dein Name jederzeit gepriesen.

ゆえにあなたの名は、いつでも讃えられ続けるのです。

Weil aber viele noch

しかし、多くの者はなお

Zu dieser Zeit

この時に瀕してさえ

An fremdem Joch

異界のくびきを

Aus Blindheit ziehen müssen,

盲滅法引いているありさまです。

Ach! so erbarme dich

ああ!憐れんでください、

Auch ihrer gnädiglich,

彼らをも、御恵みによって。

Dass sie den rechten Weg erkennen

彼らが正しい道を知り、

Und dich bloß ihren Mittler nennen.

あなただけを仲立ちと呼ぶように。

5.アリア(二重唱 ソプラノとバス)

Gott, ach Gott, verlass die Deinen

神よ、ああ神よ、あなたの者たちを捨てないでください、

Nimmermehr!

今後とも、決して!

Lass dein Wort uns helle scheinen;

御言葉をもって、私たちを明るく照らしてください。

Obgleich sehr

たとえどれほど

Wider uns die Feinde toben,

私たちに対して敵が荒れ狂っても、

So soll unser Mund dich loben.

私たちの口が、あなたを讃えますように。

6.コラール

Erhalt uns in der Wahrheit,

私たちを真理の中に保ち、

Gib ewigliche Freiheit,

永遠の自由をお与えください、

Zu preisen deinen Namen

それは御名を讃美すること、

Durch Jesum Christum. Amen.

イエス・キリストによって、アーメン。

                   訳詞:磯山 雅


ヨハネによる福音書 第14章 14,6-8

 わたしはまた、別の天使が空高く飛ぶのを見た。この天使は、地上に住む人々、あらゆる国民、種族、言葉の違う民、民族に告げ知らせるために、永遠の福音を携えて来て、大声で言った。「神を畏れ、その栄光をたたえなさい。神の裁きの時が来たからである。天と地、海と水の源を創造した方を礼拝しなさい。」また、別の第二の天使が続いてきて、こう言った。「倒れた。大バビロンが倒れた。怒りを招くみだらな行いのぶどう酒を、諸国の民に飲ませたこの都が。」

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する