FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食事が「今日の気分」をつくる~「カラダが求める栄養素」でうつ予防

魚の消費量が多い国ほど「うつ病」が少ない

 1998年に、アメリカのヒベルンという医師が発表した研究によって、魚の消費量が多い国ほどうつ病の有病率が少ないことが示されました。それ以来、「オメガ3系脂肪酸」とうつ病の関係が注目されています。

 「オメガ3系脂肪酸」とは、魚に多く含まれる「EPA(エイコサペンタエン酸)」と「DHA(ドコサヘキサエン酸)」、さらにエゴマ油などに含まれる「αリノレン酸」などの総称。つまり脂質、アブラです。これらは、魚に多く含まれることから「魚油」とも呼ばれます。この「魚油」がうつ病の予防に役立つかもしれないことが、近年の研究で明らかになっているといいます。



 反対にうつ病の予防のためには控えたほうがいいのが「オメガ6系脂肪酸」。これは大豆油、コーン油、紅花油などに含まれ、揚げ物や加工食品などから過剰に摂取しがちです。過剰に摂取するとオメガ3系脂肪酸とのバランスが崩れてしまうといいます。

 「オメガ3系脂肪酸」は本来は人間の身体にとって必要な物質ですが、現代の食生活では、どうしても取り過ぎてしまいます。なるべく加工食品を控え、サバ、アジ、イワシなどの青魚や、ブリ、イカ、サケなどで魚油を摂取するといいといいます。


<セルフモニタリング>どんな食事が今の気分をつくったか?

 とはいっても、特に男性の一人暮らしでは、普段から栄養にまで気を配るのが難しい場合もあります。「魚を食べて揚げ物を控えるのはいいことですが、ときどき唐揚げを食べるくらい構いません。魚を食べることにこだわりすぎるのではなく、食事と気分の関係を<セルフモニタリング>することが大切です。

 食べたものの栄養素だけではなくて<食べた量><食べる速さ><お酒の飲み方>などを振り返ってみます。たとえば、お腹が減っていないのに、イライラや不安を紛らわせるためにたくさん食べて、食べることで満足感を得るというパターンを持っている人は比較的多い。

 食事がどのように気分に影響しているかに目を向けていくと、自分にとっての<いい食生活>が経験からわかるようになります。理想的なのは、<カラダがいま何を求めているか>を自然に感じとって食事できる生活です。本当にカラダが必要としている栄養素、食事に気づく感覚を取り戻していくことが、うつの予防にもつながっていきます。

(Health Pressより)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。