FC2ブログ

歯周病はメタボを悪化させる!?

 メタボリックシンドロームは、内臓脂肪に端を発した内臓の病気なので内科の病気だけチェックしていれば大丈夫。というのは、大間違いだそうです。およそ縁がなさそうな、歯も、目も、皮膚さえもが、大きな影響を受けます。

 口の中の健康は、実は、メタボと密接な関係があり、口腔内の健康と全身との関連性が解明され、歯周病が、糖尿病やメタボなどの生活習慣病に大きく関わっていることが明らかになっています。

index_01.jpg

 なかでも近年、最も注目されているのが、歯周病との関係です。歯周病は、歯を失う原因として最も多く、日本人の約70%が、程度の差はあれ、何らかの歯周病の症状があるとされます。


歯周病は感染症であり、生活習慣病でもある

 歯を支えている土台部分は歯周組織と呼ばれ、歯茎、歯根膜、歯槽骨、セメント質からなります。口の中に常在している細菌が歯と歯茎の境目で増え、歯茎に炎症を起こすのが歯周病の始まりです。まず、歯茎に炎症が起きた状態が「歯肉炎」で、赤味や腫れが生じ、出血することもあります。これが進むと「歯周炎」になり、歯と歯茎の間に、深い溝(ポケット)ができ始め、ポケットの中で嫌気性菌である歯周病菌が増えてきます。さらに進むと、炎症が強くなり歯槽骨が溶け始めて歯がグラつくようになり、最後は抜け落ちてしまいます。

0001IP.jpeg

 歯周病は、「感染症」ですが、一面では、「生活習慣」病でもあります。適切な歯磨き習慣がないと、歯周病菌を含んだプラーク(歯垢)が歯の周りに蓄積していきます。また、喫煙者ではニコチンが血管を収縮させて血流を悪くし、歯周組織の抵抗性を低下させます。食生活では、砂糖を含んだ軟らかい食物が歯周病菌の温床になりやすいそうです。

 歯周病とメタボの間には、こうした危険因子の重複以外にも、複雑な関係があります。歯周病は、目(網膜)、腎臓、神経、心臓、足の潰瘍・壊疽に次ぐ、「糖尿病の6番目の合併症」であり、糖尿病と相互に悪影響を及ぼしながら、動脈硬化を進行させ、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを増大させるからです。


歯周病は糖尿病の第六の合併症

 2型糖尿病の多いアメリカの先住民族、ピマ・インディアンを対象とした研究では、2型糖尿病のある人は、糖尿病でない人と比べて、歯周炎罹患率は2.6倍で、より重症だったといいます。

 また、第3回米国国民健康栄養調査(NHANES)では、血糖コントロールが不良な糖尿病患者は、非糖尿病患者と比べて、歯周病罹患率が2.9倍高いとされます。

 なぜ、糖尿病患者が、歯周病を発症しやすくなるのでしょうか。糖尿病になると、口が渇きやすくなり、口中が乾燥すると唾液の働きが悪くなるため、歯肉に炎症が起こりやすくなります。加えて、感染に対する抵抗力が弱くなり、歯周病菌が繁殖しやすい環境ができ上がります。

 また、肥満になると、脂肪細胞から、悪玉の生理活性物質(炎症性サイトカインのTNF-αなど)の産生が高まります。TNF-αは、筋肉や血液中の糖分を取り込むホルモン(インスリン)の働きを妨げ、インスリン抵抗性が生じます。一方で、歯周病になると、腫れた歯肉から歯周病菌が血管内に侵入し全身を巡り、歯周病菌の持つ内毒素に反応して、脂肪組織や肝臓からのTNF-α産生が増えます。

 歯周病になると、歯を失った結果として咀嚼機能が低下し、食物繊維の少ない軟らかい物を食べる傾向が高くなり、噛む回数が少なくなります。必然的に高カロリー・高脂質の食物をとることが多くなり、それらの摂取増加に運動不足も加われば、メタボが悪化します。

 つまり、糖尿病や肥満が歯周病を悪化させ、歯周病が糖尿病を悪くする負の循環ができ上がってしまいます。歯周病の治療を行うことにより、糖尿病患者の血糖コントロールが改善し、また逆に、糖尿病患者の治療を行うことにより歯周病の症状が改善するとの報告があります。歯周病があって肥満体であれば糖尿病を疑ってみて、双方のしっかりとした管理が必要になります。実際、2型糖尿病患者に歯周治療を行ったところ、血中のTNF-αレベルが低下し、HbA1c が約0.4%減少したとする報告があります。


軽度の歯周炎なら1カ月程度の歯科通いで完治

 歯周病は、糖尿病やメタボ以外にも、全身との関わりが指摘されています。関節リウマチの発症に関与したり、女性であれば、早産や低体重児出産のリスクを高めるとの報告もあります。歯周病が重症だと、最低血圧もやや高めになるという報告もあり、さらに、大動脈瘤との関係も明らかになりつつあります。マウスの実験では、主要な歯周病菌への感染によって、腹部大動脈瘤の形成が促進されることも示されています。

 音もなく進行する糖尿病とは違い、歯茎の異常なら、腫れや出血で気付きやすいので、手遅れになる前に、早めに手を打ったほうがいいといいます。

 歯周病の6割以上は歯肉炎から軽度の歯周炎で、治療といっても、ほとんどが口の中のクリーニングで完結します。まず、日々のブラッシングを丹念に続けて歯の汚れを落とすと、歯茎が引き締まってくるので、歯科で専門器具を使ってこびりついた歯石を除去するとともに、噛み合わせなどの調整をしてもらいます。こうした治療を週に1度、1カ月も続ければ、歯茎の出血や腫れが消え、口臭も改善するといいます。

 4割を占める中等度以上の歯周病では、歯槽骨が溶け出して歯がぐらつき始めます。それでも歯周組織が3分の1から4分の1程度残っていれば、歯周外科手術によって歯槽骨の高さを保ち、何とか歯を失わずに済ませられます。歯周ポケットは5~6mmとかなり深くなっているので、歯茎を切開して病巣を切除します。局所麻酔で、1時間程度の手術で済みます。術中は歯石の除去を行いますが、ここでレーザーを照射すると歯根面が無菌化されて治療効果が高まります。中等度では、完全に健康な状態にまで戻すことはできなくても、歯周病の進行を止められ、歯周組織を再生する方法もあります。

 重度の歯周病は、歯槽骨の減少を止めることができない段階で、表面だけをきれいにしても歯を救うには手遅れです。抜け落ちそうな歯の周りは汚れがひどいので、抜歯して菌を退治し、インプラントやブリッジなどの人工物による修復を行うことになります。歯槽骨がないために、インプラントも難易度が高く、コストも手間もかさみます。

 歯周組織を健康な状態にまで戻そうという再生医療の研究も進められ、一部臨床応用されていますが、適応症が限られており、歯槽骨がほぼ失われてしまっている場合には、現時点では抜歯をするしかありません。費用対効果の面でも、予防に勝るものはないというのが結論です。

 歯周病を放置しておけば、確実に歯を失います。それも大ごとですが、歯周病が脳梗塞や心筋梗塞のリスクを高め、ある日突然命取りになれば、その深刻さは計り知れません。健康な歯を長く保ち、ゆっくりよく噛んで食べると、満腹中枢が刺激されて、それだけで食べ過ぎ防止、メタボの予防になります。

(Nikkei Goodayより)

スポンサーサイト
コメント

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/J4i7FY
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する