FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちに「デジタル・デトックス」が必要な4つの理由

 私たちが1日にスマートフォンに触れる回数は、80回に及ぶといいます。身をすくませる人も多いだろう驚きの数字です。もはやスマホなしで暮らせないことは明らかです。そして、何より困るのは私たちが、そのもたらしている実害に気づいていないということです。



 スマホにおとなしく従属する生活を終わらせるための方法について、考えを巡らせている人もいるかもしれません。例えば、夜間は使用禁止にする、眠るときは寝室の外に置いておく(目覚まし時計を買えばいい)、夜遊びに出かけるときはスマホを持っていく担当者を決めておく(自撮り写真には1台あればいい)、週末はスマホを絶対に使わないことにするなど──。

 今あなたに必要なのは、習慣を変えるためのちょっとしたきっかけかもしれません。スマホという「ドラッグ」漬けの生活から抜け出してみることの利点には、次のようなものがあります。


アイデアを得られる

 自分と向かい合い、立ち止まり、観察する時間を持てば、物事にパターンがあることに気づき、点と点のようだった事柄の間をつなげて考えることができます。パターンを見出すことは、大小さまざまなアイデアを得るために必要な「物事の実態を見抜く力」です。常に無意味なことで頭がいっぱいになっていては、アイデアを得る力を失ってしまいます。

 スマホが使えないときには、あなたの視線は上を向き、周囲で起こっているさまざまなことに気づくことができます。人と話したり、その人たちの意見に耳を傾けたり、あらゆる感覚から情報を入手することができます。そうすることが、あなたの創造力に「充電」をすることになります。アルフレッド・ヒッチコックいわく、「アイデアはどこからでも生み出すことができる」。しかしそのためには今この瞬間に意識を向け、周囲で起きていることに気づくことができなければなりません。


集中できる

 「あの人はお昼に何を食べたのだろう」などという些末なことで頭がいっぱいになっているときでなければ、あなたは何が急を要することであり、重要なことであるのかを明確に判断することができます。しかしスマホは物事に優先順位を付ける私たちのそうした能力に混乱をきたします。会議中にスマホが鳴れば、重要な話し合いの内容から気がそらされてしまいます。

 定期的にスマホを使わない期間を持つことで、私たちは本当に必要な「仕事との距離」を作ることができます。そうすることで、集中すべきものと、放っておいて構わないものを大局的な視点から判断できるようになります。成功を収めているリーダーたちの大半は、自らの成功において大きな鍵を握っているのは集中力だと言います。しかしスマホは私たちが集中することをほぼ不可能にしています。


仕事上の人間関係を改善できる

 メールでのやり取りをあえて少なくし、(電話を持たずに)直接会って話すようにすれば、物事をより迅速に進め、より深く踏み込むことができます。たった一度しっかりと話し合うことは、内容が曖昧な100通のメールのやりとりに匹敵します。

 直接会って話をすることはお互いへの信頼感を高め、透明性を高め、何らかのずれが生じ始めたときには、深刻な問題になる前にそれらを確実に伝え合うことができるようになります。メールでのやりとりは、人同士の繋がりという「主役」を支援する役にすぎず、これら二つの果たす役割が入れ替わることはありません。


健康になれる

 人と一体感を持てるとき、私たちの脳内ではドーパミンが分泌されます。社会的健康・関係に関する研究では、人とのつながりが不足していることは、喫煙や肥満、高血圧より健康に悪影響を及ぼし得るとの結果が示されています。

 さらに、人とのつながりは私たちに心地のよさをもたらすだけでなく、免疫機能を高めることが分かっています。炎症が収まり、ストレスホルモンの分泌量が減少し、不安やうつの症状が改善します。長生きにもつながる可能性があるといいます。

 私たちの誰もが、一緒にいる人がスマホの画面に見入っているとき、光っても振動しても必ず反応するとき、自分がどんな気持ちになるかを知っています。その人が目の前にいる私たちよりスマホの方が重要だと言っているに等しい行動であり、その場の雰囲気は台無しになります。スマホを手放してみましょう。あなた自身とあなたの健康のために、そして友人たちのために。

(アナベル・アクトン―Forbesより)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。