FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ロングフライト症候群」の予防策

長時間同じ姿勢でいると血液がうっ滞

 ロングフライト症候群は、飛行機などの狭い座席で、長時間同じ姿勢でじっとしていると発症しやすい病気で、エコノミークラス症候群、あるいは旅行者血栓症とも呼ばれます。下肢の深部静脈(足の筋肉より内側にある太い血管)に、血の塊(血栓)ができ、それが血流に乗って肺に飛んで、肺の動脈を詰まらせる病気で、血栓が大きい場合は、肺動脈を完全にふさいでしまい、死につながることもあります。



 下肢の血液は、ふくらはぎなどの足の筋肉を動かすことで、それがポンプの役目を果たして、心臓に戻っていきます。ところが、長時間同じ姿勢で足を動かさないでいると、ポンプ機能が働かず、血流が悪くなって血が固まり、血栓ができてしまいます(深部静脈血栓症)。血栓ができてしまうと、立ち上がって動いたときなどに、血栓が血流に乗って肺へ運ばれ、肺の動脈を詰まらせてしまいます(肺血栓塞栓症)。

 とくに、座ったままの姿勢は、下腹部の腸骨静脈などを圧迫するので、血液がうっ滞して、より血栓ができやすくなります。肥満傾向のある人はロングフライト症候群のリスクが高いといわれますが、これは、座ったときに自身の重みで腸骨静脈が圧迫されやすいためです。

 そうした状態で水分が不足すると、血液が粘り気のある状態になり、ますます血流を悪化させ、血栓もさらにできやすくなってしまいます。飛行機に乗っている間は、トイレに行く回数を減らそうと、水分摂取を控えがちな人も少なくなく、血栓ができやすい環境になってしまっています。

 ロングフライト症候群を予防するには、水分をこまめに摂取し、長時間同じ姿勢でいないことが大切です。体を動かしにくい場合には、つま先やかかとの上下運動をしたり、足首を回したり、ふくらはぎや太ももを軽くもんでマッサージしたりします。足全体を締め付けて、ポンプ機能をサポートする弾性ストッキングを履くのも有効です。医療用でなくても、ある程度の圧力がかかるものであれば予防効果はあります。

 また、「腹式呼吸」による深呼吸も勧められます。深呼吸をしようとすると、背筋を伸ばすなど体勢を変えるきっかけになります。さらに、腹式呼吸では腹筋と横隔膜を使うため、大きな血栓ができやすい下腹部のあたりを刺激することになります。足の運動で運ばれてきた血液を、横隔膜の動きによってさらに引き上げ、血液循環を促すイメージです。

 年末から海外旅行などで長時間のフライトを経験する人は、上記の予防策に気を付けて、安全で楽しい旅をしましょう。

(Nikkei Style ヘルスUPより)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。