FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのスマートフォンを購入

 2017年7月の調査でスマホ利用率は全体で約8割で、携帯電話の4倍以上になったといいます。

 今更スマホ?と笑われますが、隠居生活の高齢者にはスマホの必要性がほとんどなかったからです。私の場合、毎日のウオーキングや日常の買い物にスマホを持ち歩く必要もなく、車で出かけるときはカーナビですべて事足ります。

 家ではデスクトップパソコンが1台あれば十分です。ノートパソコンとキーボード付きのタブレットも持ってはいますが、外出するときに持ち歩くこともないので、ほとんど使っていません。

 それなのに、スマホ購入した理由は、10年間使った携帯電話のバッテリーが劣化したためと、5月に予定しているロサンゼルス旅行の時に、カーナビや道案内として利用するためなのです。

 海外でスマホを道案内として利用するのに、データ通信の必要はありません。例えばGoogle Mapを使う場合、現地の地図を予めダウンロードしておけば、GPSで現在位置が表示されます。行き先を指定すればカーナビと同様に音声で案内してくれます。ただしダウンロード可能エリアは120,000㎢(およそ縦340㎞×横340㎞)の範囲です。またダウンロードした地図の保存期間は30日間です。

 しかし対応していない国・地域もあります。日本は非対応なので地図のダウンロードができません。使うにはオンラインにする必要があります。

 もう一つ海外旅行で便利なのは、Google翻訳アプリです。オンラインで使えばリアルタイムで外国人と会話ができます。またテキストにカメラをかざすと即時に翻訳してくれる機能もあり、表示の読み取りやメニューの翻訳などに便利です。

 オフラインだと機能が制限されますが、文字入力すれば即座に翻訳して音声で出力できます。短い会話なら十分です。また必要な会話を入力しておけば履歴として保存されます。ただしオンラインでないと音声入力や手書き入力は使えません。

 この翻訳アプリを使いこなすには、やはり海外旅行用のモバイルWi-Fiルーターをレンタルする必要があります。1日479円、8日間で3,832円(非課税)で借りられます。予め申し込んでおけば空港で受取・返却ができます。



 スマホの選びは単純に、安価で一番人気のHuawei P10 liteにしました。さらに下位クラスのHuawei Nova liteでもよかったのですが、NVMOから端末+音声SIMを一括購入すると、P10 liteの方が安く入手できたからです。

 購入したのはNTTコミュニケーションズのOCN モバイル ONEセットで、市販価格28,000円が実質3,800円で入手できました。通信料は端末+音声SIMで月額1,600円です。(通信料110MB/日コース、月換算 約3.3GB)

 届いたスマホにSIMを挿入し、APNを設定してGoogleのメールアドレスを入力すると、すぐにホーム画面が表示されました。一つのアカウントで手持ちのPCとスマホが同期するので、電話帳などの入力も不要です。スマホ用アプリもPCからインストールできるようになります。

1 つのアカウントでGoogle のすべてのサービスが利用できる


 スマートフォンとは名前の通り、携帯電話にPC機能を付加した端末ですから、PCができれば使い方は簡単です。またスマホ用に作られたアプリ、例えばヘルスケアーや万歩計、コンパスなどもあります。

 せっかく購入したので、スマホに特化した使い道を考えていますが、外出時のGPS機能くらいしか思いつきません。通勤、通学時に電車の中で使うのには便利ですが、今の生活では公共交通機関を利用することもあまりないので、自宅にPCと携帯電話があればすべて事足りていたわけです。旅行から帰ったら音声通話しか使わなくなるでしょう。やはり隠居生活の高齢者にはスマホの必要性はほとんどありません。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。