FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホを海外で使うには

 ロサンゼルス旅行でカーナビや道案内として利用するために、先日スマホを購入しました。道案内だけならオフラインでも使えますが、Google翻訳アプリを試したところ、使いこなすには、やはりオンラインが必要であることが分かりました。 Google翻訳は音声入力が予想以上に優れています。翻訳された英語を逆翻訳しても、ほぼ同じ日本語が表示されます。オンラインで使えばリアルタイムで外国人と会話ができるので、レストランでの注文や買い物などに便利です。

 そこで海外で使えるオンラインの方法を調べてみました。



 一つはWiFiルーターをレンタルする方法です。フォートラベル GLOBAL WiFi 、グローバルWiFi 、Wi-Ho(ワイホー)、イモトのWiFi などがありますが、フォートラベル GLOBAL WiFiの4G(250MB/日)が一番安く、価格コムから申し込むと8日間3,480円で借りられます。予約しておけば空港で受取・返却ができます。ただしヨーロッパ周遊などで複数の国を廻る時は、国ごとの契約が必要なので高額になります。


 

 もう一つは海外プリペイドSIMを購入し、SIMフリースマホで使う方法です。ヨーロッパなどを周遊するときも1枚のSIMで使えます。価格は980円~2,000円程度で購入できますが、WiFiルーターより設定が面倒なことと、テザリングができないSIMもあるので、1か国を2人以上で旅行する場合は、WiFiルーターの方がおすすめです。

 しかしWiFiルーターは余計なディバイスを持ち歩く必要があり、受け渡しも面倒なので、私はThree.com.UKの30日間1GのプリペイドSIMを購入しました。

 海外プリペイドSIMは旅行先にに対応したものを選ぶのは当然ですが、もう一つは手持ちのスマホの周波数(バンド)が訪問国に対応しているか調べておく必要があります。私の購入したスマホ HUAWEI P10 liteでアメリカで使えるのは以下の周波数です。



 GSM(Global System for Mobile Communications)は日本国内では使われていませんが、ヨーロッパやアメリカ、オセアニアなど160以上の国で使われている2Gです。接続できるのはAT&T3G(W-CDMA)だと思います。なおAT&Tは2016年12月31日をもってGSMサービスは終了したようです。

 設定方法は現地到着前にSIMを交換し、飛行機が着陸し「これより携帯電話が利用できます」とアナウンスがあったら、機内モードをONにしてデータローミングを有効にし、通信業者を「自動的に選択」、優先ネットワークモードが4G/3G/2G(自動)なっていること確認。アクセスポイント名をタップし3と表示されたThree.co.ukを選ぶと、しばらくして通信業者が表示され、アンテナが立つはずです。

 現地で設定してみないと分かりませんが、日本は対応してないので出発前に設定することはできません。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。