国際線自動化ゲート

 海外旅行の際、空港の出入国審査場が混み合ってしまうことがあります。このような場合、「自動化ゲート」を利用すればばスムーズに出入国の手続きを行うことができます。

 自動化ゲートは、パスポートと指紋の照合により本人確認を行い、自動的に出入国手続きを行うことができるシステムです。



 利用登録はフライトの当日に空港で5分程度できますが、予め登録申請用紙を記入しておけば、登録の時間を短縮できます。また一度登録すればパスポートの有効期限まで利用できます。


自動化ゲート利用希望者登録申請用紙

http://www.moj.go.jp/content/001207855.pdf


 また、帰国時の羽田空港上陸審査場には、2017年10月18日より顔認証ゲートを導入し、運用を開始しました。現在では日本人の帰国手続のみです。なお顔認証ゲートの利用では、事前の利用登録手続は必要ありません。




 成田、羽田国際空港の外国人用にも同様なシステムが導入されば、出入国審査場が混み合うこともなくなるのですが、東京オリンピックまでに間に合うのでしょうか。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する