自動入国審査端末(APC)

 APC(Automated Passport Control)は海外から到着した米国人および電子渡航認証シス テム(ESTA)プログラムに申請済みの38ヵ国のビザ免除国からの渡航者が、端末を利用してアメリカへ入国できる自動のキオスクマシーンです。



 もちろん日本人もその対象となりますが、同じパスポートで2008年以降に少なくとも一度米国を訪問していることが条件となります。これを利用すれば入国審査の長い列に並ばずに、APC端末で入国審査ができます。


https://japan2.usembassy.gov/pdfs/wwwf-cbp-apc2016.pdf


APCの使い方

言語 (日本語) を選ぶ

パスポートをスキャンする

アメリカ税関の質問に回答

ESTA登録の有無確認

指紋採取

旅行目的の確認

写真撮影

同伴者の確認

到着フライトの確認

レシートが出力される

税関・国境警備局、監視員にレシートを見せて入国許可




 今回の旅行で初めて利用する予定ですが、パスポートのスキャンでエラー(書類が認識できない、書類をスキャン窓に置く角度が悪いなど)や、指紋や顔が正確に認識されない場合、レシートに✖印がついてしまうと、改めて入国審査の列に並ぶ必要があると聞いています。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する