FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカでのチップの払い方

 アメリカではレストラン、タクシー、ホテルの宿泊などサービスを受けたときにチップを渡すのが慣習となっています。日本では馴染みのない習慣なので、いくら払ったらよいか迷います。

 チップとは、サービスを受けた感謝の対価として渡すお金のことですが、サービス業で働く人々は、チップを収入の大きな一部として生活を成り立てており、それを前提に時給額があらかじめ低く設定されています。その辺の文化の違いは、旅行をする上で理解しておく必要があります。



 チップはレストラン、タクシー共に10%~20%が目安です。但しファーストフード店では不要です。

 ホテルではベルボーイやポーターなどに荷物を運んでもらった時は1〜3ドル払いますが、ホテルを出る際や朝方にルームサービスに対して、枕銭のチップを置くのは日本人くらいで、高級ホテルやリゾートホテル以外では、チップを置くことはあまりないそうです。これは日本の旅行会社やガイドブックが広めた習慣ようです。

 実際チップが必要なのはレストランくらいですが、慣れないので計算が面倒です。そこでスマホにTip Calculatorというアプリをインストールしました。




 チップを含めた支払いはドル単位なので、このアプリは端数(セント)を切り上げて表示され、使いやすくできています。また初期設定でチップが15%になっているので、払い過ぎることもありません。


  

起動画面             計算画面


 例えばBILL(勘定)に$26.45と入力すると、(TIPは計算上約$4.18ですが)TOTALが$31.00になるようにTIPが$4.55と表示されます。実際にはおよそ17%のTIPを払うことになります。


  

1人当たり            合計金額


 また割勘の場合はPER PERSONを2にすれば、一人当たりのTOTAL

が表示され、FINALをタップすれば合計支払金額が表示されます。単なる電卓ですからOFFLINEでも使えます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。