FC2ブログ

ディナーは旅の楽しみ

 食いしん坊の私の旅行目的の一つは、夕食に旨いものを食べることです。カジュアルな服装では、あまり格式ばったところへは行けませんが、ファミレスやチエーン店以外の、評判の店を旅行前に探しておきます。旅行の最終日はトーランスにあるThe San Franciscanに行きました。


外観


店内


 このステーキハウスは1963年にオープンし、2012年から2015年までサウスベイで4年連続でBest Steke Houseに選ばれています。トリップアドバイザーの口コミでもトーランスのレストラン501軒中2位という高評価です。



 実は前回の旅行でも行ったのですが、評判の店なので混んでいて席が取れませんでした。そこで今回は予約とって18:00頃の明るい時間に行きました。

 注文したのはプライムリブFranciscan Cut(12オンス=約340グラム)で厚さがおよそ3cmあります。



 プライムリブとは、上質な骨付き牛肉をじっくり焼き上げた、アメリカンスタイルのローストビーフです。写真は店のメニューのもので、実際にはもっと大きな丸皿に盛られ、周囲は赤ワインのソースで満たされています。肉質は柔らかく、ステーキよりさっぱりした味で、私が食べた最高のローストビーフでした。あまりの旨さに340グラムをあっという間に完食しました。

 肉のほかに大皿のグリーンサラダと茹でたブロッコリーをセレクトで注文しました。

 ビバリーヒルズには赤坂や恵比寿にも出店しているプライムリブ専門店Lawry’sがありますが、ハリウッドスターが行くような店に、1人カジュアルなスタイルで入るのは気が引けます。しかしThe San Franciscanは大衆的な店なので気軽に入れます。しかも味はLawry’sに負けず劣らずだといわれています。

 価格は$27.00、税金とTIP込みで$35.00でした。ここでもスマホのアプリTip Calculatorが役立ちました。ウエイトレスとの会話もTranslatorが大活躍しました。


Lawry's – Beverly Hills


 Lawry’sの赤坂、恵比寿店でも、ほぼ同じものが食べられます。税込み8,500円位ですが是非味わってみてください。

---------------------------------------------------------------------------

 ロザンゼルス—南カリフォルニアの旅のブログは以上で終わりますが、海外旅行をすると続けてまた行きたくなります。来年の5月頃、グランドキャニオンに行こうと考えています。

---------------------------------------------------------------------------

 今回でブログをしばらく中断します。月に2~3回位は更新するつもりですが、内容が決まっていません。時々アクセスしていただけたら幸いです。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する