FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YOGA BOOK Androidを購入

 スマホが普及したため、今の大学生はスマホで卒業論文を書くといいます。つまりWindows PCの使い方を知らないからです。

 Windowsは20年以上前に開発されたOSで、現在のWindows 10になるまではトラブルも多く、とても出来の悪いOSでした。今でも毎月定例のアップデートや、年2回の大規模アップデートなど、メンテナンスが煩わしく、余計な時間をとられます。

 そこでスマホと同じAndroid OSが使えるキーボード付きのPCを探したのですが、Androidは殆どがタブレットで、唯一 LenovoのYOGA BOOKしかありませんでした。



 YOGA BOOKの最大の特徴は、デジタイザーを兼ねるキーボード「Halo Keyboard」で、キーはLEDでその輪郭が浮かび上がり、物理的な凹凸は一切ありません。タイピングをすると振動によるフィードバックがあり(振動はOffにもできます)、タブレットのオンスクリーンキーボードの入力感に近いのですが、入力には慣れが必要です。キーボードのホームポジションの突起もないので、ブラインドタッチは難しいかもしれません。

 またユニークなのがデジタイザー機能で、右上のペンのマークをタップすると、キーの輪郭が消えて、表面が真っ黒になり、デジタイザーとして使えます。ワコムのfeel IT technologiesに対応し、繊細な筆圧検知も可能で、付属のペンを使って文字や絵を書くことができます。キーボードに紙や厚いノートを置いた状態でも、筆記が可能です。



 YOGA BOOK使い方はスマホとほぼ同じで、Windows PCには対応していないAndroid用アプリが多数あり、またWord、ExelやPower Pointの代わりにGoogle Driveを使えば、ブログの下書きや表計算、プレゼンテーションの原稿などにも活用できます。

 CPUはAtom x5-Z8550で非力ですが、Androidは軽快なOSなのでストレスを感じません。ディスプレイが10.1型と小さいので、Micro HDMI出力ポートから大型ディスプレイに繋いで使うことも考えています。

 私はWindows 10のPCを5台所有していますが、今後は YOGA BOOK AndroidメインPCになりそうです。

 なお初期状態ではAndroid6.0がインストールされていましたが、間もなくアップデートされ、現在はAndroid7.11で動いています。

 本体サイズは256 x 170 x 9.6mm、質量は約690gで、今話題のSurface Goとほぼ同じサイズですが、Surface Goはキーボードを付けると765gになるのでYOGA BOOKの方が75g軽く、ノートPCですからディスプレイの角度が自由に調整できます。私はSurface Goより遥かに魅力を感じます。スマホしか使えない若者でも使い方はスマホとほぼ同じなので、キーボードに慣れれば、長い文章を書くには最適です。

 Halo Keyboardデジタイザーは未来を先取りした機能で、この優れたノートPCがなぜブレイクしないのか、とても不思議です。

追記: YOGA BOOKを購入したため、家では6ケ月前に購入したスマホHUAWEI P10 liteを殆んど使わなくなりました。メールチェックニュースなどは、画面の大きいYOGA BOOKの方が遥かに読みやすく、私にとってスマホは、電話機能主体のガシェットになりました。外出時には電話や道案内などを利用するために持ち歩きますが、あまり使うことはありません。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。