FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスタは食べても太らない!

パスタは同じ炭水化物でもライスやパンとは違う健康食品

 糖質制限ダイエットが流行するなか、嬉しい研究結果が発表されました。糖質の源として他の炭水化物と一緒に目の敵にされてきたパスタが、実際は食べても太らないどころか減量にもよいことが研究で明らかになりました。



 カナダ・トロントのセント・マイケルズ病院の研究チームによれば、パスタがGI値の低い食品であることが重要です。GI(グリセミック指数)とは、ある食品が血糖値をどれだけ急激に上昇させるかを測定するための数値。数値が低くゆっくり体内に吸収される食品は、脂肪を作るインシュリンが分泌も抑えられて太りにくいといいます。

 これに対し、同じ炭水化物でも米や小麦を使ったパン、ジャガイモなどGI値が高い食品は身体への吸収が速く、血糖値が急激に上昇します。血糖値を下げようとするインシュリンの分泌もその分、増えます。

 パスタと体重の間に「食べると太る」という相関関係があるかどうかを確かめるため、研究チームは延べ2500名近い被験者を対象に32回の比較試験を行いました。

 被験者は、GI値の低い健康的な食事を心がけ、炭水化物ではパスタだけを食べる生活を送りました。その結果、被験者が食べたパスタの量の中央値は週3.33人前でした。

 その後、被験者の体重やBMI(ボディマス指数)、体脂肪、胴囲を計測したところ、パスタを食べても体重や体脂肪率の増加にはつながりませんでした。それどころか、3カ月の実験期間中に、被験者の体重は平均で0.5キロ減少しました。



食べ過ぎを抑制

 この結果について研究チームでは、低GI食品のほうが空腹感を満たす効果が高く、そのため食べ過ぎを抑えられたのではないかと考えています。この研究結果は、学術誌「BMJオープン」に掲載されました。

 研究チームによれば、パスタにはさまざまな種類があるものの、小麦を使ったパンなど、他の炭水化物が多い食品に比べてGI値が低い点は共通しているといいます。さらに、全粒粉を使用したパスタでも、通常のものとGI値に大きな違いがない点を強調しています。

 精白小麦を原料に使用している場合でも、パスタは平均的にほかの精白小麦食品と比べてビタミンやミネラルなどの微量栄養素の含有量が多いといいます。

 研究チームは論文で、「炭水化物は太るという情報が氾濫しているだけに、この研究結果は重要だ。こうした情報は、毎日の食卓に影響を及ぼしており、炭水化物、特にパスタの消費量は最近になって減少する傾向にあった」と記しています。

 研究論文の筆頭筆者で、セント・マイケルズ病院の臨床栄養・リスク緩和センターに所属する臨床科学者ジョン・シーベンパイパー博士は、「太ると言われ敬遠されるパスタは、実際は低GI食として、健康的な食事のメニューに加えて良さそうだ」と言います。

 今回の研究の結果、「パスタを食べても太ることはないと、ある程度の確証を持って言うことができる」と、同博士は続けます。

 ただし、パスタに必要以上に油や砂糖を足すのは禁物です。パスタは太るという先入観の源は、食べ方にもあったようです。

(Newsweekより)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。