スティック型の極小Windows 8.1搭載PCが登場

 マウスコンピューターはOSに32ビット版Windows 8.1 with Bingを採用する「世界最小クラス」の超小型PC「m-Stick MS-NH1」を12月5日より発売すると発表しました。価格は1万9800円(税込み、送料込み)です。スティック型の本体にHDMI出力を搭載し、直接テレビやディスプレイと接続して利用できる極小PCです。CPUはクアッドコアのAtom Z3735F(1.33GHz/最大1.83GHz)、2Gバイトメモリ(DDR3L)、32GバイトSSD(eMMC)を搭載しています。

m-Stick_MS-NH1_640x480a.jpgm-Stick_MS-NH1_640x480b-300x225.jpg

 インタフェースは、本体上面にフルサイズのUSB 2.0、左側面にHDMI出力、右側面にSDXC対応micro SDメモリーカードスロットを備えています。

 IEEE802.11b/g/n対応無線LANとBluetooth V4.0+LEも装備し。ACアダプタで給電を行う仕様です。本体サイズは、100(幅)×38(奥行き)×9.8(高さ)ミリ(端子含まず)、重量は約44グラムです。

 カタログスペックはAtom 搭載の低価格Windows タブレットと同等なので、動画や音楽、表計算などのビジネスソフト、軽いブラウザゲームなどは問題なく動作しそうです。パソコンがこんなに小型化するとは驚きです。

 この種のスティック型PCは,Androidベースのものはいくつか存在していますが,最新のAtomプロセッサを使ったWindows 8.1ベースのものはいままでなかったと思います。大画面テレビにm-Stickをつないで普通のPCとして使うこともできますが,ブラウザや動画、ゲーム専用機として利用するという使い方に向いていると思いますます。


010l.jpg


 米インテルが先月投入と報じたことで話題となった、BayTrail搭載のUSBメモリスティックPC小型PCがベースとなっているとのことですが、USBではなくHDMI出力を搭載し直接ディスプレイやテレビに差し込んで使えるところがユニークです。茶の間のテレビ専用のPCとして使うのには最適だと思います。別途コードレスキーボードとマウスは必要になりますが、人さし指へ指輪のように装着して親指で操作できるワイヤレスマウスを使い、大型テレビの前のソファーにゆったり座って、ネットサーフィンをするのも楽しいかもしれません。


IMG_2014100955167.jpg


指輪型ワイヤレスマウス


 Windows 8.1 with Bingは、OEMメーカーがMicrosoftが提示する各種の要件を満たすことで、ライセンス料0ドルで搭載できるOSで、検索エンジンがBingに設定されているだけのバージョンですから、ユーザー自身が購入後Google等変更することは可能です。

 OSにWindows 8.1 with Bing以外にChrome OSを採用した仕様も発売して欲しいと思います。Chrome OSの方が立ち上がりも早く、高性能とはいえないAtomCPUが十分生かせます。いずれ台湾のASUSや Acerなどから同様のPCが発売になると思います。


無題.png

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する