人間の脳は改良できるのか?

 将来、人間の脳をどのように変えるのだろうか?発作と動き不法行為を訂正して、脳の電気のパターンを直接変更する神経学が研究されています。一部の医師はすでにうつ病の治療にそれを使用して実験を行っています。同技術は、注意持続時間のような、より根本的な精神的な特性を補正するために使用することができるでしょうか?まだ研究の初期の段階ですが、人間の脳の内部の仕組みをより細かく制御を与えることを目的としたプロジェクトがすでにあります。

 「人間の脳は改良できるのか?」ということは以下のムービーで解説されています。



10万人の人々は、既に神経インプラントで生活している。


Spine_Gif.0.gif


 最も有望な技術、脳深部刺激は、外科的に脳に移植単線を使用してパーキンソン症状とジストニアを治療するため、世界全体ですでに使用されています。同デバイスはまた、背骨の右部分に線をドロップすることで、背中の痛みと戦うことができます。これは、現在のアプリケーションが制限されていても、十分に試験済みの方法です。


手術の必要がないかもしれません。


Head_Gif.0.gif


 もう一つの方法は経頭蓋シミュレーションです。それは頭皮の外側から脳に電流を流します。調査によると、患者の記憶力と集中を高めていることを示していますが、書き込みのような自動的な仕事の僅かな結果です。


効果は、スイッチを切り替えるように、オンオフすることができる。


Switch_Gif.0.gif


 カフェイン・アルコール・薬剤などの摂取によって、一時的に脳の神経作用をコントロールできるますが 、電気干渉はとても簡単スイッチをON・OFFして切り替えることができるわけです。最新の研究によると、経頭蓋への刺激によって「書き取り」のような機械的なタスクの効率は落ちるものの、記憶力や集中力が増加することが判明しています。

 将来は、一時的に集中を得る手段として、コーヒーを飲む代わりに電流をONにすることが常識になるのかもしれません。

(The Verge.comより翻訳、転載)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する