がんで死にたくなかったら歯間ブラシを使え!

歯周病とがん死の深い関係

 日本人の成人の約8割が歯周病だといいます。歯周病は、歯垢(プラーク)に含まれている細菌、「歯周病菌」の感染によって、歯茎が腫れたり出血したりして、進行すると歯を支える骨が溶けて、歯が抜けてしまう病気です。

 以前は一般的に歯槽膿漏(しそうのうろう)と言われていました。歯槽膿漏は歯から膿が出る、歯周病の一症状を指す言葉で、歯周病の中でも最も重い症状です。

1304211a.png

 10歳になる前に既に歯周病が始まっている者が3割を超え、10歳代後半からその数は約7割に達し、30代後半には約8割が歯周病。40歳代後半になると、歯が一本もない者が出現、70歳代後半になると、歯がない者は2割超えます。

 「歯茎が多少腫れたからって死ぬことはない」と思っているかもしれませんが、実は歯周病の有無で、がんの発症リスクは異なるそうです。いまやがんになっても早期発見早期治療で治るケースが増え、がんでは死なない時代になりつつありますが、がんになった場合に歯周病の有無が生死を分けるといわれます。

perio_symptom_clip_image001.jpg


歯周病だと、各種がん発症リスクが大幅アップ!

「歯周疾患がある場合になんらかの癌を発症するリスクは、ない場合に比べて14%高い」と2008年にインペリアル・カレッジ・ロンドンのドミニク・ミショー博士らが専門誌に発表した研究結果は衝撃でした。40歳から75歳の男性約5万人を17年以上にわたって追跡調査し、がんの発症と歯周疾患に関連があるかを調べた研究の結果です。

 「歯周病によってリスクが上がるがんは口腔がんや喉頭がんなど口に関係する部位のがんだろう」と思うかもしれませんが、この研究によれば、特に発症リスクが高かったのは54%増の膵がん、49%増の腎がん、36%増の肺がん、30%増の血液がんです。

歯周病のせいでがん治療が行えない悲劇!

 がんは治せる時代になったとはいえ、その治療は決して楽ではありません。放射線治療や、化学療法と呼ばれる抗がん剤を用いた治療には多くの副作用があります。疲れやすさや下痢など体力が落ちるので、食事で栄養を取るのが大事なのに、吐き気やおう吐、食欲不振で、食べ物がのどを通りにくくなり、治療のつらさで、人格が変わったようになることも少なくないといいます。また、がん治療によって、感染症にもかかりやすくなります。

7-345-2-2.jpg

 特に口が渇くため、口の感染症が増え、口内炎ができたり、歯周病が悪化したりします。一般的な抗がん剤治療を受ける患者の約4割、造血幹細胞移植治療のような強い抗がん剤治療を受ける患者の約8割に、口に関係する何らかの副作用が現れると報告されています。

 そのため、医師はがん治療を開始する前に、歯科で虫歯や歯周病の治療をしておくようにと言います。がん治療のガイドラインなどにもこのことは記載されており、がん治療開始前の歯科治療は現在のがん治療の常識です。

 重症の歯周病があり、治療に時間がかかるようであれば、がんの治療開始が遅れる場合もあります。さらには、がん治療を始めたものの、歯周病の悪化など、口内の問題により、治療を中止せざるを得なくなることも多いといいます。

「がんになっても死にたくない」「治療を受けてまた元気になりたい」と思うなら、口の中を健康な状態にしておくことが欠かせません。

歯周病が原因の様々な疾患

perio_health_main_img01.jpg

歯間ブラシやフロス使わずに「歯を磨いた」とは言えない

 歯周病の予防はもちろん、治療においても、歯科医任せではなく、本人が毎日、きちんと歯を磨いて、歯垢=プラークをコントロールすることが欠かせません。

 しかし、毎日しっかり歯を磨いているのに虫歯になったり、歯周病になったりする人が少なくありません。それは歯を磨いたつもりになっているだけで、本当に正しくは歯を磨いていないからです。

 歯ブラシの使い方にも問題がありますが、それ以前に、一番大事な歯と歯の間を磨いてない人が多いといいます。食べ物カスなどが最もたまりやすい場所は歯と歯の間で、歯周病は必ずといっていいくらい、歯と歯の間から始まります。特に中年以降、歯茎がやせて、下がってくると、歯の間が空いてくるため、歯の間をしっかりと磨くことが重要になってきます。歯ブラシを使わない日はあっても、歯間の清掃を欠かさない日はない...歯科医など歯科関係者にはそういう人が多いそうです。歯と歯の間の清掃さえきちんとすれば、ほとんどの歯のトラブルが防げるといっても過言ではないといいます。

70-1705.jpgultrafloss200.jpg


 しかし、歯ブラシでは歯と歯の間の歯垢は落としきれません。歯間ブラシやデンタルフロスなどの歯間部清掃用器具を使う必要があります。 厚生労働省による「21世紀における国民健康づくり運動」においても、成人期の歯周病リスク低減の具体的な目標として、歯間清掃用具の使用者の増加を挙げています。厚生労働省の推進により、1993年には歯間部清掃用器具使用者は2割に満たなかったのが、だいぶ増えてきたとはいえ、2010年時点の調査で、まだ半数には満たないそうです。使い始めたものの、使い方がよくわからずに、使用をやめてしまうことも少なくないようです。

デンタルフロスの使い方



 歯を隅々まできちんと磨くにはデンタルフロスを使います。弾力のある細い糸のようなもので、両手の指に巻きつけて、フロスを歯と歯の間に通して、フロスを歯にひっかけるようにして上下に動かし、歯の側面を磨きます。出血にびびってやめてしまう人もいるようですが、力任せに歯間に挿入して、歯茎を傷つけた場合以外は、出血するのは既に歯周病が進んでいる証拠です。

 虫歯治療などにより歯と歯が連結されている場合など、歯と歯の間に糸を通せない場合などには歯間ブラシを用います。歯間ブラシで大事なのはサイズ選び。無理なく歯間に通せるサイズを選びます。歯ブラシで磨くのと同様に、しっかりと磨くことが大切です。

 いずれにせよ、歯周病を予防する歯の磨き方は自己流ではなかなかできません。歯磨き指導をしてくれる歯科医を探して、一度きちんと正しい歯磨きを教わるのがおすすめです。

(Health Press、日経メディカルオンライン、原田歯科クリニックのHPより編集)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する