紅白歌合戦でサザンが歌った「ピースとハイライト」の歌詞の意味は?

(水島宏明 法政大学教授ーThe Huffington Postより転記)



当初の出場歌手には入っていなかったのが、きゅうきょ紅白に出場することになったサザンオールスターズ。

 横浜からの中継で登場したサザンオールスターズの桑田圭祐が歌った「ピースとハイライト」が目を引いた。

強いメッセージ性を持った「ピースとハイライト」の歌詞。

 現在のどこかキナ臭い時代への批判精神に満ちたものだった。「教科書」「歴史を照らし合わせる」など、今の時代を表す言葉が次々に出てくる。


ピースとハイライト.png 

                  *著作権保護のため歌詞の印刷行為を禁止しています。

「都合のいい大義名分」という歌詞では、「大義名分」を「かいしゃく」と歌った。

 まるで2014年に起きた「ある出来事」とも符号する。

 「癒合のいい解釈」で憲法が事実上変更された、とされた出来事だ。

 もっともこの歌が発表されたのは2013年6月。

 発表後には「歌詞に政治色が強い」などと一部から批判も出ていた。


「硬い拳を振り上げても」というフレーズは、日本と周辺国の指導者たちをたしなめる言葉に聞こえている。

「裸の王様牛じる世」という言葉も、各国の指導者たちの顔が浮かんでくるではないか。

 国同士がいがみ合ったり、拳を振り上げるでのはなく、お互いに理解し合えばいい。

 そんな歌詞が大晦日の全国のお茶の間に届けられた。

 現在、日本は近隣諸国との間で領土をめぐって緊張が高まっている。

 歴史認識でも近くの国同士が批判し合っている。

 そんななかで日本も武器輸出が容認され、アメリカ軍との連携がますます進み、軍事色は一気に強まっている。

 「愛の力」で現状を変えていこうと訴えるこの歌の歌詞。

ジョン・レノンの「イマジン」を思い起こさせる曲だ。

 日本では珍しい平和へのメッセージソング。

 その歌詞の意味を改めて噛み締めたい。

 歌ったサザン、そして放送したNHKの勇気が伝わってきた。

そういう意味では2014年大晦日の紅白歌合戦は、歴史的な一瞬があった。

水島宏明

法政大学教授・元日本テレビ「NNNドキュメント」ディレクター

1957年生まれ。東大卒。 ロン ドン、ベルリン特派員を歴任。

『ネットカフェ難民』の名づけ 親として貧困問題や環境・原子力のドキュメンタリーを制作。芸術選奨・文部科 学大臣賞受賞。2012年から法政大学社会学部教授。

<「紅白歌合戦」テレビマンのしたたかさ>サザンオールスターズを出演させ「ピ-スとハイライト」を選曲した快挙(BLOGOSより転記)

榛葉健[ テレビプロデューサー/ドキュメンタリー映画監督]

 あっぱれ「NHK紅白歌合戦」! 何とサザンオールスターズが出演した。なんと31年ぶり。新聞のテレビ欄のリストにも紹介されていない文字通りのサプライズだ。でもその裏には、テレビマン達のしたたかな戦いがあったのではないか、と小生は推理した。

 歌ったのは「ピ-スとハイライト」と「東京VICTORY」。中でも「ピ-スとハイライト」は、2013年8月に発売された時、東アジアの政情が不安定化する中、政治風刺が強いと話題になった曲だ。

 ミュージックビデオでは、パロディーで、アメリカのオバマ大統領と中国の周近平国家主席の「顔」が争ったり、安倍首相と朴槿惠(パク・クネ)韓国大統領がパン屋でつばぜり合いをする小芝居が出て来る。

 番組では司会が「サザンの出演は、この1、2日の間に決まった」と言っていたが、民放に比べて何倍もの準備をするNHKのこと。水面下でギリギリの交渉と周到な用意がなされていたことは容易に想像がつく。

 昨今、NHKは、時の政府の意向のもとでがんじがらめになってきている。本来彼らは、国営放送でもなければ政府の代弁機関でもない。戦前の体制翼賛的な放送に堕したことへの反省も含め、戦後は公共放送として独自の意思決定で放送してきた。だが、このところ予算の国会承認や経営委員の人選などを通じて、陽に陰にNHKを意のままに操ろうとする為政者の言動が目立っていた。

 そこで「ピースとハイライト」だ。誰が選曲したのかは分からない。とはいえ、バンド、テレビマンなど現場の熱きカウンターパンチが十分見て取れる。国民のほぼ2人に1人が見る年間最高視聴率レベルの番組で堂々と放送する、巧みなやり方だ。

我々表現の世界にいる者たちが何よりも大切にしたいのは、「あらゆるものから自由でいること」だ。表現を支配する動きがあるから、こうした反作用が起きた、と筆者は見た。

 でも当の制作者は、きっとこう言うだろう。

「良い歌だったから採用しただけのこと。それにサザンは、紫綬褒章を受章しているしタイムリーだった」と。優れたテレビマンはしたたかだ。タダでは転ばない。

 いいものを見せてもらった。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する