Windows10 無料でアップグレードへ

 Microsoftは21日、次期Windowsとなる「Windows 10」の新機能を含む同社の新戦略や新しいデバイスを発表しました。

 一連の発表には、Windows 10の無料アップグレード、Windows 10へのパーソナルアシスタント「Cortana」搭載、コンシューマー向けウェブブラウザー「Project Spartan」、「Xbox」との連動、拡張現実(AR)に対応したメガネ型デバイス「Microsoft HoloLens」、グループ遠隔会議に最適な大画面デバイスの「Surface Hub」などが含まれます。



Windows 10は「サービス」になる

 Windows 10は、Windows 8.1/7/およびWindows Phone 8.1のユーザーに対し、リリース後1年間は無料アップグレードとして提供されることが発表されました。また、一度アップグレードした機器は「端末が寿命を終えるまで」無料でサポートされるとしています。


スタートメニューが復活


 Microsoftは今後、次期メジャーバージョンのリリースを待つことなく新機能をアップデートしていく。こうした方針によって、Windowsのバージョンに対する考え方が変わります。

 MicrosoftのOS担当エグゼクティブバイスプレジデントであるTerry Myerson氏は「Windowsはサービスになる」と説明。インターネットのサービスでバージョンを気にする人がいないことを例に挙げ、それと同じように「Windowsのどのバージョンを使っているかという質問には意味がなくなる」と述べました。

パーソナルデジタルアシスタント「Cortana」搭載

 Windows 10にはパーソナルデジタルアシスタントである「Cortana」が搭載されることになりました。Cortanaは、Appleが提供するiOSプラットフォームの「Siri」に似た機能を提供し、昨年、Windows Phoneに搭載されたことで話題となりました。



 これがWindows 10に搭載されることで、PCやタブレットでも利用可能になります。Cortanaはユーザー個人について学習していき、それに応じて適切な情報提供やリマインダーの通知などを行います。音声認識だけでなく、キーボード入力にも対応します。

 Cortanaは、Windows 10のリリース段階ではいくつかの市場にのみ対応するとしています。

新しいウェブブラウザー「Project Spartan」

 Windows 10では、コードネーム「Project Spartan」と呼ばれるウェブブラウザーが搭載されます。これはコンシューマー向けの新しいブラウザーと位置付けられており、「クリーン、スマートでオンラインでの作業を容易にする」といいます。新しいレンダリングエンジンを搭載するとされています。


ms08.jpg


 Spartanでは、閲覧中のウェブページに対して、キーボードや、ペンによる手書き入力で注釈を書き込み、共有でき、画面で文章を読みやすくするリーディングモード機能や、後で読むために保存しておくリーディングリスト機能も提供されます。パーソナルアシスタントのCortanaとも連動します。

「Xbox」との連動

 Windows 10では「Xbox」との連動が大きな機能となり、Windows 10には「Game DVR」(ゲームデジタルビデオレコーダー)機能が搭載され、Xboxのゲームの画面キャプチャー、録画、共有、編集が行えます。新APIとしてDirectX 12も搭載され、ゲームの実行速度、効率、グラフィックス機能が向上します。



 「Xbox One」コンソールとも連動し、例えば、リビングにあるXbox OneのコンソールゲームをWindows 10搭載PCやタブレットでプレイできます。リビングで家族がテレビを見ていても、テレビ画面の取り合いをすることなく、別の部屋でゲームプレイが可能になるとしています。

新しい「Office」

 Microsoftは、Windows 10用の新しいストアアプリとなる、ユニバーサルアプリ版の「Office」を開発中であることも明らかにしました。新Officeはさまざまな端末で利用できるようタッチ機能に対応します。

 「PowerPoint」では新しいインク機能により、ユーザーがリアルタイムでスライドに注釈を加えることができ、「Excel」もタッチ対応によりキーボードやマウスなしにスプレッドシートの作成やアップデートが可能になります。

 さらにデスクトップ版Officeについても開発中であり、それについては数カ月以内にさらに詳細を発表するとしています。

(以上Internet Watchより要約)


Microsoft 起死回生なるかー続きを読むに記載

Windows10でようやく本気が見えてきたMicrosoft。起死回生なるか

(WirelessWire Newsより転載)

 これはMicrosoftの過去の歴史からいえば、非常に画期的なことです。これまでのMicrosoftのビジネスでは、OSのアップデートこそが数年に一度の大きな売上を作るポイントでした。しかも数万円という非常に高額なアップグレードを常に要求していたわけです。ところがこれを一年間の期間限定とはいえ無償化するというのは非常に大きな転換点です。

そもそもなぜこういう状況に追い込まれたのか

 ひとつには、Windows8への移行率の低さがあります。Microsoftは昨年からWindowsXPへのサポートを打ち切ったわけですが、これには大きな反発が産まれました。「XPで充分であり、アップグレードする必要性を感じない」と考えるユーザが大勢いて、特に企業等は社内のコンピュータの大半にXPをインストールしたままであり、11年前のOSでありながら、未だに18%という高いシェアを誇っていました(調査会社Net Applicationsの2014年調査による)。

 また、企業のライフサイクルから考えても、11年ごとに社内のOSを全てリプレースするのは大変で、2000年問題が10年ごとに起きるくらいの煩雑さになるのでXPのサポートを打ち切ると発表した時点で、Microsoftに対する不満が産まれたのは事実です。

 現在はWindows7のシェアが60%程度と首位を獲得していますが、さらに現行バージョンであるWindows8(および8.1)は未だ10%程度のシェアしかありません。

 OSを作り、アップグレードを売る、という商売が生命線であるMicrosoftにとって、この移行率の低さは致命的です。Windows8が登場したのは2012年、もう3年も前だというのに、まだ1割のコンピュータしか移行されていないのです。

 予想では、既存のPCにWindows8をアップグレードでインストールした人は殆ど居ないということではないでしょうか。

 実際、Windows8はその提供する機能があまりに斬新なため、タッチスクリーンを前提とした設計になっていました。その結果、従来型のWindows7世代のマシンでWindows8をアップグレードしてまで動かす意義がユーザにいまいち伝わらなかったのではないかと考えられます。

 しかしMicrosoftとしては、いつまでもWindows7世代を引きずることになるとまたXPの二の舞になりかねません。OSメーカーとして、常に新しいOSを作り続け、パーソナルコンピューティングのリーディングカンパニーとして長らく君臨してきたMicrosoftにとって、古いバージョンのOSはできるだけ早く切り捨てたいというのが本音です。

 そこで不振の続くWindows8は「なかったこと」にして、とにかく先に進むために「Windows7を含めた旧バージョンからWindows10への無償アップグレード」を用意せざるを得なかったというのが本当のところでしょう。

 ただ、同時にこれはMicrosoft的なモノの作り方が、もはや限界に達してきているということの皮肉な証明にもなりつつあります。Microsoft的なモノの作り方、とは、一言で言えば「スクラップ&ビルド」です。

 歴代のWindowsの画面では、全てのバージョンが驚くほど異なるポリシー、異なるユーザーインターフェース、異なるルック&フィールで実現されています。ユーザは新しいバージョンのWindowsを導入するごとに新しい作法に慣れなければなりません。

 Windows95で確立された「シカゴスタイル」のユーザーインターフェースを踏襲しつつ発展し、ある意味究極系に到達したのがWindowsXPです。このWindows95からWindowsXPまでの時代というのはMicrosoftの黄金期でした。

 ところがWindowsVistaで、全く違うお作法が産まれます。なぜかMicrosoftは歴史的に「アプリケーションの呼び出し方」を毎回ドラスティックに変えたい、という欲望を常に剥き出しにしています。Vistaの作法そのものが悪いというよりは、Vistaで導入されたAeroという、「メリットはよくわからないがとにかくCPUとGPUの両方に負担がかかる」ルック&フィールによってWindowsの評判は一時期最悪になり、あわててWindows7でXP時代のルック&フィールに戻したことでようやくXPやVistaから7への移行が行われたという経緯があります。

 しかしWindowsVistaでの失敗を、繰り返すどころか拡大してしまったのがWindows8です。画面が基本的に全画面アプリばっかり(ウィンドウはどこへ?)で、たまにデスクトップに戻るとホッとするほど。しかしスタートボタンを押すと見慣れたWindows95から7まで続いたスタートメニューではなく、全画面表示の巨大なタイルが出てきて、何をクリックすればいいのか、どこを触ればいいのかわからなくて混乱します。

 たとえばこれが、Windowsと名の付かない全く別の世界のマシンだったら、こういうのも有りかもしれません。しかし、つい昨日までWindows7を使っていたユーザが移行するにはあまりにも別世界なのです。

 突然明日から日本はロマンシェ語を公用語にするので公文書はすべてロマンシェ語で提出するように、という宣言が出るようなもので、多くのユーザは戸惑いました。

 個人的にはMicrosoftがWindows8でやりたかったことはよくわかりますが、少なくともユーザの誰も望んでいないタイプのアップグレードであったことは間違いないと思います。

 そこでWindows10はまずどうしたかというと、スタートメニューをWindows7のスタイルにやや戻すような形で近づけました。これならちょっと派手なスタートメニューという感じなのでWindows7までを使い慣れた人たちにも移行しやすいかなという感じです。まあ三年も経って今だ10%のシェアしか獲得できないWindows8の現状をみれば、それ自体はどうしようもないと思います。

 ただ、今回、期間限定とはいえ大きな売上拡大チャンスであるアップグレードを無料にしたというのは、Microsoftがようやく危機感を持った結果でしょう。既にWindows8の時点で多くのユーザを失望させ、支持を失いつつあり、なおかつAndroidやFirefoxOSのように、エンドユーザー向けの無料OSが次々と登場するようになった背景を考えると早めに手を打っておかなければリーディングカンパニーの地位も盤石とは言えません。ここまで追いつめられているにも関わらず、昨年過去最高益を更新した経営基盤が盤石な今こそ、身を切る覚悟で無償アップグレードを提供できるというのがMicrosoftの強さです。

 また、ここでユーザの使用するOSのバージョンを一度揃えておかないと、今後のMicrosoftの展開全体が悪影響を受けることになります。だからどうしても必要な措置だったのでしょう。しかしそれがなかなかできないのがMicrosoftという会社でした。

 今回、外から見れば当然の手を打ったことによってMicrosoftは多少なりとも息を吹き返すかもしれません。現在最高益を更新していても、それは過去のブランド資産を食いつぶすだけであり、今手を打たなければGoogleやAppleといったライバルに対して有利なポジションを獲得できないということになります。

 Windows10の新機能が、非常に地味かつ保守的に見えるのも、むしろMicrosoftが本来のクレバーさを取り戻したと考えると納得が行きます。ユーザの誰も、それほど新しい機能を望んでいないのです。

 今回搭載される新機能として未明に発表されたのは、AppleのSiriのような音声認識エンジンのCortana(コルタナ)と、InternetExplorerに変わる新しいブラウザ「スパルタン」という、一般ユーザから見て明らかに「違う」とわかる訴求点が少ないものです。

 そもそもなぜWindowsが、バージョンアップのごとにロゴやデザイン言語まで変更して発表されるのかというと、Microsoftが基本的にはOSの供給メーカーだからです。そしてMicrosoftがOSを売る相手は、エンドユーザではなく、PCメーカーです。

 PCメーカーが「新バージョンのOSにあわせて新機種大量投入する」と言って参入してくれないとOSを売ることが出来なくなるわけです。

 しかしPCメーカーが熾烈な価格競争を繰り広げた結果、PC一台当たりの利益率が2〜5%という極めて低い水準になっていることを考えると、SONYがVAIOを切り離したくなるのも解る気がします。

 結局、このビジネスで大きく儲けることが出来るのはMicrosoftだけなのです。

 とはいえ、PCメーカーもPCを売るのが仕事ですから、いくら利益率が低くてもやらないわけにもいきません。そのため、MicrosoftはOSのバージョンアップを一種の「お祭り」にしなくてはならないのです。

 「お祭り」の神輿であるWindowsの新バージョンに求められるのは、第一に「見た目で違いがわかること」です。自動車のモデルチェンジと同じく、デザイン言語を数年毎に一新することで「今まで新鮮に見えていたデザインが、古めかしいデザインに見える」といった状態を意識的に創り出すのです。

 自動車の場合、根本的な耐用年数があるし、ガソリンさえ入れればあとはメンテナンスし続ければ動くのでデザインが古いというのは本当に新車の売上を伸ばすということに直結するわけですが、実際の業務に使われるオフィス用OSがそんな理由でドラスティックに変更されると、根本的なところに問題が生まれます。

 たとえばセキュリティホールの問題もそうですし、APIの問題もそうです。

 旧バージョンで動いていたアプリも、新しいWindowsで一応動くことが期待されますが、動かなくても文句は言われない、という不思議な世界です。

 ところがOSというのは、逆説的ではありますが変わらなければ変わらないほうがいい、という側面もあります。

 たとえばLinuxは、バージョンが変わろうとできることが大きく変化しません。ただ粛々と、セキュリティや基本機能が強化されるだけです。Linuxは登場以来、殆ど大きな変化をしていません。ルック&フィールの部分についてはいろいろとオープンソースで作り込まれたりはしていますが、OSの根幹を成す機能についてドラスティックな変化はありませんし、ソフトそのものは半世紀前のUNIXから作り方の作法もプログラミング言語も含めて全く変わっていません。

 むしろWindowsのめまぐるしい開発環境の変化は、一種ノイローゼ的にさえ見えます。なぜそうなってしまうかというと、Microsoftではそれができてしまうからです。これだけの規模のOSをゼロから作り続けることができる集団は、AppleにもGoogleにもありません。AppleのiOSやMacOSXも、GoogleのAndroidも、根幹部分はLinuxやFreeBSDといった、オープンソースのUNIX系OSをベースとしています。

 Microsoftだけが、信じられないほど巨大なOSの全てのレイヤーを自ら設計し、実装し、構築するという途方もない仕事を数年毎に成し遂げているのです。ただし、この技術力が極端に突出していることが、社内でのユーザ軽視というカルチャーに繋がっている可能性は否めません。

 Microsoftでは、プログラミング言語を作るチームとOSを作るチームが最も偉く、オフィスのようなアプリケーションを作るチームは格下であると看做す文化がありました。ユーザに近づくほど格下になるのです。これはAppleの真逆です。

 プログラミング言語やOSを作るチームというのは、いわば哲学者の集団だと考えて下さい。常に「OSとはどうあるべきか。新しいOSに必要な機能は何か」ということに集中して取り組んでいます。そして本質的に彼らの考えは概ね正しいのです。

 正しいのですがしかし、そのためには常に大規模な改造が必要になります。新しいAPI、新しいプログラミングパラダイム、新しいプログラミング言語、新しい開発環境を定義する必要が出て来るのです。

 普通の組織は、そこまで大変なことをやる資金も人員も持っていないので、こんなところに労力を割くことはしません。しかしMicrosoftはそれができてしまうのです。そしてそれが出来てしまう以上、新しいOSの開発を任された責任者は、「前任者の設計はクソだ。ぜんぶ捨てちまえ」という気持ちを少なからず持っています。なぜかわかりませんがそういう文化なのです。

 あまりにも劇的にプログラミング環境が変わるので、開発者はWindows向けプログラミングを追いかけるのを諦めてしまいました。そのようにふるい落とされ開発者が減少したことに危機感を感じたMicrosoftはWindows8から、HTML5でもネイティブアプリがプログラミングできるように設計を変えました。

 WindowsStoreの状況はハッキリ言って悲惨そのものです。

  独立系ソフトウェア開発者(Microsoftでは伝統的にISVと呼ばれる)にとって、Windows8は極めて魅力のないプラットフォームとなってしまったわけです。

 しかしWindows10は起死回生のチャンスとなる可能性があります。まず、無償であるということと、Windows7のスタイルに戻った、というところが大きなポイントです。

 ユーザは変化を望んでいないのに、セールスの都合が見た目の変化を要求する、というある種の矛盾した状況において、Microsoftが第一優先したのは過去のソフトウェアの移行です。

 そもそも古いPCでWindowsをアップグレードしたって、要求スペックがもともと違うわけですから快適に動くというわけでもありません。

 ユーザはとりあえず無料だからWindows10にアップグレードしてみて、「悪くないじゃん。けど遅いな」と思って新品のWindows10マシンを購入することになるでしょう。

 新品のWindows10マシンにはWindows10のライセンス料が含まれていますから、PCメーカーとしてもMicrosoftとしてもWin-Winの関係を維持したままアップグレードを促せるわけです。

 これに比べるとAppleの新しいOSであるYosemiteも同じく無償アップグレードであるにも関わらず、動作がまだ少し怪しかったり、アプリがバージョンアップに対応していなかったりで「いつアップグレードすべきか」といういつもながらの別の問題がのしかかっています。

 けれども今回のWindows10へのアップグレードは多くの場合歓迎されるでしょう。ユーザは、新しいものが出たら一度は試してみたいという欲望を持っているからです。

 Windows11への地ならしとして、Windows10へのアップグレード作戦が成功するかどうかが今後のMicrosoftの命運を左右することになるでしょう。

 しかし久しぶりに真っ当な手を打ったと評価できるので、Windows10にはとりあえず期待したいと思います。
スポンサーサイト
コメント

「開発者はWindows向けプログラミングを追いかけるのを諦めてしまいました。」
私もその一人です…。
Windows 10 は、火に油を注いでしまっている感があります。

10 が従来のデバイス (デスクトップ、タブレット、モバイル) を全てカバーできるだけのパワーを持っているならまだしも、貧弱な WinRT ライブラリと将来性の見えない Windows ストアを推してくるマイクロソフトさん。
WinFX/.NET の長期展望に惹かれてコードを書いてきましたが、ここに来て どの環境を選べばいいのか、全く分からなくなってしまいました。

今の所 共通環境で動くのって、HTML+JavaScript ぐらいなんですよね…。

宗旨替えで Android SDK のライブラリを勉強中なのですが、Linux の上に乗ってる Android っていう 地に足が着かない環境 (.NET と一緒…) や、今更 古臭い Java ランライムを使わないといけない状況って、どうなんだろう…と こっちもあまりパッとしない状態です。

Nifty様

コメント有難うございました。

私はWindows95の時代に少しプログラミングを始めたのですが、仕事上で使う用途がないので、挫折してしまいました。それ以降20年間出来の悪いOS、Windowsに振り回され続けています。

私には完全に理解できないのですが、「Windowsランタイムが貧弱で、将来性の見えない マイクロソフト」というご意見はわかるような気がします。

Android SDK については全く無知なのですが、プログラマーにとっては、多難な環境なのですね。

マイクロソフトはWindows 10 を最後にWindowsというOSを捨て去り、OSX、iOS やAndroid に対抗できる新OSを開発すれば良いと思うのですが、商業的に勝算が見込めないのでWindows 10 の改良を継続するしかないのでしょう。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する