選択肢が増えた花粉症の治療法

花粉症の人にはつらい春の幕開け

 まだまだ寒いのですが、花粉症の人には憂うつなシーズンが近づいてきました。花粉症の原因の約7割はスギ花粉ですが、日本気象協会の予報によると九州や四国では2月5日頃、関東、近畿地方では2月10~15日頃からスギ花粉の本格的な飛散が始まりそうです。今シーズンの花粉の飛散量は、関東甲信越、東北、東海地方では例年並み、近畿から九州にかけてはやや少なくなると予測されます。しかし昨シーズン花粉の飛散が少なかった関東甲信越、東北では昨年の2~3倍飛ぶとみられ、花粉症の人にはつらい春の幕開けになりそうです。


img_volume.jpg


 私も先月下旬から、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、が始まりました。外出時にはマスクをして、ゴーグルのような花粉症用のメガネをしています。花粉症用マスクによって体に入る花粉の量を6分の1、花粉症用メガネによって4分の1に減らせるといいます。地域にもよりますが花粉の飛散が多いのは一般的に午後1~3時頃なので、ウォーキングは午前中に済ませるようにしています。

 治療も早めに始めるのが肝心です。花粉飛散開始日前から抗アレルギー薬を服用すると、シーズン中の症状が軽減されるので、私も先月下旬から毎年飲んでいるロラタジン(クラリチン)を服用しています。早期に治療を始めて強い症状が出なければ、結果的にシーズン全体での薬の量を減らせます。


gpf8Photo320110217042223.jpg


保険適用された「舌下免疫療法」とは

 症状が出てからの治療では、鼻の中に噴霧する点鼻用ステロイド薬、血管を収縮させて鼻づまりを解消する点鼻用α交感神経刺激薬、抗ヒスタミン薬やステロイドの点眼薬といった局所治療薬を飲み薬と組み合わせて使います。かなり症状が強い場合には、一時的にセレスタミンのようなステロイドの飲み薬を使う場合もあります。なお、点鼻用α交感神経刺激薬で血管を広げすぎると逆に鼻づまりがひどくなることがあるので、一日2回程度の使用を勧めています。

 薬物治療以外に、レーザー治療もあり鼻の粘膜をレーザーで焼いてスギ花粉の侵入を防ぐ方法ですが、レーザー照射後は鼻の中にかさぶたができ、それが治れば違和感もないといいます。ただ、鼻水や鼻づまりがすでに起こっているときにはレーザー治療は行えません。この治療は、できたら1月上旬くらいまで、遅くても花粉飛散開始日より前に実施する必要があります。また、レーザー治療の効果の持続期間は1年程度で、次の花粉症シーズンには症状が出ます。鼻の粘膜は同じところに刺激を与え続けるとトラブルを起こすため、毎年レーザー治療を受けるのは難しそうです。

 スギが原因の花粉症を完治させる治療法は、スギ花粉のエキスを少しずつ体に入れて慣らし、アレルギー反応が出ないように体質改善をする「減感作療法」と呼ばれる免疫療法があります。皮下注射とスギ花粉エキスを舌の下にたらす舌下免疫療法は、昨年10月、健康保険険が使えるようになり注目されています。

kouka_img05.gif

 スギ花粉舌下液シダトレンを1日1回舌の下にたらし、2分間そのままにした後、飲み込む治療法で、その後5分間はうがいや飲食、2時間は激しい運動や入浴を控えます。初めの2週間は少しずつ増量し、3週目からは同じ量を毎日2年以上舌下摘下します。3~5年続ける必要がありますが、7~8割の人に有効で、治療をやめても症状が軽減するか、ほとんど出なくなるそうです。皮下注射による減感作療法にはもともと保険が使えましたが、舌下療法は通院回数を減らせ、自宅でできるのがメリットです。特に最初のうちは唇の腫れや耳のかゆみなどの副作用が出る場合もあり、アナフィラキシーショックが起こる恐れもあります。

 対象は12歳以上のスギ花粉症の人なので、治療を始める前には血液検査でアレルギーの原因を調べるのは不可欠です。2年間毎日続けなければいけない、まったく効かない人もいるのに効果があるかどうかは事前には分からないといった難点もありますが、毎日続ける自信があり花粉症を完治させたい人、毎年花粉症で生活にかなり支障が出ている人は治療を検討してみる価値がありそうです。ただし、この治療法は花粉飛散開始日より3カ月前までに始める必要があります。治療開始時期は、スギ花粉が飛んでいない6~11月が望ましいので、今シーズンは対症療法でしのぎ、花粉の飛散がおさまる季節を待ってから始めます。

乳酸菌で花粉症対策

 くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目や鼻のかゆみなどの症状は、体に害のある異物が入ってきたときに、排除しようとしてくれる機能で、いわゆる「免疫システム」と呼ばれるものです。花粉が体に害のあるものなら、正常に免疫システム作動してくれていて、体を守っているということになります。しかし、花粉が体に害のないものだと話は違ってきます。害がないものなのに、免疫システムが作動してしまい、くしゃみや鼻水、余計な防衛機能が働いてしまっているわけです。

 免疫システムをコントロールするのは「ヘルパーT細胞」というリンパ球です。乳酸菌は、ヘルパーT細胞の2型(Th2)の増殖を抑える力を持っています。Th2が増えないことで、「IgE抗体」という抗体も減ります。

img_about04.jpg

「IgE抗体」こそ、花粉症のさまざまな症状を引き出すもとです。これが減れば、花粉症の症状が緩和します。

L-92乳酸菌

 近年乳酸菌が花粉症、アレルギーの症状を緩和することが知られるようになりました。しかし乳酸菌を摂取すると言っても、ただヨーグルトを食べれば良いということではなく、アレルギーを引き起こす免疫細胞のバランスの改善に効果のあるものを摂取する必要があります。

 そのような中、乳酸菌を扱っていた会社で研究が進み、数社で花粉症、アレルギーの症状緩和に効果が期待できるという「乳酸菌サプリメント」が販売されています。そのうちの一社がカルピス社です。

 カルピス社ではアレルギーに関与している腸内の免疫細胞のバランスを整える乳酸菌を厳選し、マウスで試験をした結果L-92乳酸菌が選ばれたそうで、アレルケアという商品名で販売されています。

 L-92乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルス L-92株)は、花粉症での臨床効果に加えて、通年性アレルギー性鼻炎での臨床効果も科学的に実証された乳酸菌であるということがカルピス社のホームページに掲載されています。

 しかし春になったら乳酸菌をとるようにしても、症状が出てからでは、効果が低くなってしまいます。目安は、花粉が飛ぶようになる3カ月前ぐらいから毎日乳酸菌をとるのがベストだといいます。今年はもう遅いので、11月頃から試そうと思っています。

花粉症治療米

 スギ花粉の成分を含ませたコメを毎日食べると、花粉症を起こす体の免疫反応が抑えられた、とする研究を東京慈恵会医科大などが発表しました。免疫細胞が少しずつ花粉に慣れ、花粉を「異物」と認識しなくなった可能性があるといいます。研究チームは、コメから抽出した成分を薬として実用化することを目指しています。

 このことは先週のブロクに書きましたので参照して下さい。

花粉成分含んだ米を毎日食べると花粉症が緩和

(資料:President Online、日本アレルギー学会、カルピス社HPより)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する