超高速になる次世代無線LAN

 無線LANはオフィスや家庭のインターネット接続で不可欠のツールです。その使い勝手をさらに向上すべく、情報機器メーカーが中心となって次世代仕様の策定が始まっています。都市部などアクセスポイントが密集する地域でも、実効的なデータ伝送速度を高めることが狙いです。トラフィックの混雑に悩む携帯電話業界の企業も加わり、主導権の奪い合いが始まっています。


2532665_Wi-Fi_tuong_lai.jpg


目指すは4倍速、毎秒10ギガビットへ

 大手ベンダーから活発な提案が相次いでいます。無線LANの国際標準規格づくりを進める米国電気電子学会(IEEE)の専門委員会「IEEE802.11」は2013年5月、無線LANの現行規格である「IEEE802.11ac」よりさらに高速な次世代仕様「11ax」の検討に着手し、昨年末から本格的な標準化作業が始まっています。

 世界の大手IT企業が策定を主導し、中国のファーウェイや仏オレンジ、米クアルコム、台湾のメディアテック、韓国のサムスン電子などが名を連ね、日本からはNTTなどが参加しています。

 16年後半をメドに暫定的な仕様を固め、18年から19年に仕様策定の完了を目指しています。「11ax」の策定に関わる日本企業の関係者は、「20年の東京オリンピックまでには普及させたい」と期待を込めています。多数の参加者で混雑する試合会場で、途切れることなく通信できる無線LANを実現する考えです。

 「11ax」の通信速度などのスペックは今後議論して詰めていくことになりますが、関係者によれば、実効的なデータ通信速度は「11ac」の4倍以上で、毎秒10ギガ(ギガは10億)ビットを超える可能性があります。毎秒10ギガビットなら新聞の朝刊1200日分を1秒で送信可能で、フルハイビジョンの高画質動画をリアルタイムで閲覧できます。

無題.png

 ただ関係者によれば端末の通信速度よりもシステム全体としてのスループット向上が求められているといいます。「11ax」は、無線周波数の利用効率を高めることでシステム全体としての実効的な速度を高めることを主眼としています。東京の都市部など、無線LANのアクセスポイントが密集して配置されたり、隣接した周波数で様々な無線サービスが運用されたりしている環境でも、スムーズなデータ通信を実現することで、使い勝手を高めることを目指しています。

 背景には、都市部での無線LANサービスへの不満の声があります。ビルなどが密集した地域でアクセスポイントが無秩序に設置されていたりすると、電波干渉などにより実効的なスループットが大幅に低下します。いくら最大能力が毎秒数ギガビットといっても、実際にはスピードが全然出ないことも多くなります。

 この問題意識を強く感じているのが、携帯電話事業者です。スマホ向けデータ通信サービスは世界中で伸長し、その結果、通信トラフィックの混雑が課題になっています。その緩和策として、スマホの通信データのやりとりを無線LAN経由に迂回させる「トラフィック・オフロード」を積極化させています。

 「11ax」では携帯電話網の混雑緩和や、携帯電話サービスとの連携強化も期待されています。携帯電話業界の国際的な標準化プロジェクトである「3GPP」と仕様検討で連携を模索しています。実際「11ax」の策定作業部会には、古くからの無線LAN関連企業に加え、携帯電話業界の企業が熱心に参画しています。

携帯電話業界が無線LANをのみ込む

 3GPPなど携帯電話業界の企業が「11ax」の標準化に強い関心を寄せる理由はもう一つあります。3GPP側も、次期仕様に無線LANサービスを取り込むことを検討し始めています。現行のスマホで利用されている高速データ通信方式「LTE」の拡張仕様に、無線LANに近い通信サービスも組み入れるというコンセプトです。

PB1-14.jpg

 例えば、無線LANが使っている周波数帯でLTEサービスを実行して高速化したり、無線LANのデータ通信を携帯電話網で集約するといった提案が出ています。あたかも、無線LANの技術やサービスを携帯電話業界が取り込もうとしているかのようです。

 IEEE802.11の標準化に関わる京都大学大学院情報学研究科の原田博司教授は、こうした動きを「周波数総動員の時代を迎えている」と分析しています。通信トラフィックは増える一方のモバイル通信ですが、携帯電話網として使える周波数帯は限られており、容易に収容数は増やせません。そこで、無線LANの電波を積極活用したり、今後はもっと高い周波数のミリ波なども取り込んで通信容量を高めて、伝送できるデータを増やす必要が出てくるとみています。

 いずれLTEや無線LAN、ミリ波帯、さらに低い周波数帯のサービスなども組み合わせ、「キャリアアグリゲーション」というコンセプトが、無線LANや放送など異質のサービスの組み合わせにまで発展するといいます。

 こうなると携帯電話などの移動通信と、「構内情報通信網」としての無線LANの垣根が崩れます。業種や業界の枠を飛び越えて、モバイル業界が新たな競争時代に入ると見られます。

 携帯電話業界のニーズやコンセプトの理解が進まないと、市場競争から振り落とされることになりかねません。パソコン業界や情報システム系の企業のニーズから誕生した無線LANは、今後は携帯電話業界の動向を色濃く反映しながら進化することになりそうです。

(日経産業新聞ITトレンドより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する