毎日25gの高カカオのチョコレートで血圧改善

 生活習慣病のひとつ高血圧は「日本人の国民病」ともいわれ、収縮期血圧/拡張期血圧のどちらか一方、あるいは両方が140/90mmHg以上になる病気です。患者数4300万人と生活習慣病の中で最も多いこの病気に対しては、厚生労働省もさまざまな調査を行なっており、平成25年の1年間では高血圧性疾患で年間7165人が死亡し、高血圧性疾患の年間医療費は1兆8740億円にも上るといいます。

 特に注目されるのが収縮期(最高)血圧で、140mmHg以上は、女性29.6%に比べて男性では38.3%と、男性の方が約10%も高血圧の人が多いそうです。そんな高血圧に対して、愛知県蒲郡市が行政としてある取り組みに参加し、先日その中間報告が都内で行なわれた「チョコレートの機能性と健康生活」セミナーで紹介されました。

 同市では周辺地域に比べて高血圧などの生活習慣病患者が多く、市民の血圧対策として、全市をあげユニークな実証実験「チョコレート摂取による健康効果に関する実証研究」に参加。その内容は、蒲郡市内外の45~69歳までの347人が4週間にわたり、カカオポリフェノールを多く含むチョコレートを毎日25g摂取し、摂取前後の血圧やコレステロール、体重などを比較しました。

 その結果、「チョコレートを摂取した後、血圧が有意に下がった」ことが明らかになりました。また、血圧が正常な人(265人)と高血圧の人(82人)に分けた分析では、正常な人が平均1.62mmHgの低下だったのに対し、高血圧の人は平均5.86mmHgも低下。収縮期血圧の平均が、145.6mmHgから139.744mmHgに改善されたといいます。

7.jpg

 チョコレートを使った実証研究として、ここまで大規模な研究は日本で初めての実施とのことで、同研究を監修する愛知学院大学・心身科学部の大澤俊彦教授は、こう話しています。

「高カカオチョコレートには、カカオポリフェノールが豊富に含まれています。この成分が腸から吸収されて全身の血管を巡り、血管が炎症を起こして狭くなっている部分では、炎症を抑えて血管の内皮機能を改善します。炎症が治まって血管がしなやかになり、赤血球などが通りやすくなることで血圧が下がると考えられます。

 実は私たちもチョコレートといった身近な食品を、4週間という短期間摂取するだけで、ここまではっきりと結果が出るとは予想もしていませんでした。この研究は今後、論文として発表する予定です」

research04.png

 今回の実証研究では、被験者に健康調査アンケートを実施し、以下の結果が得られました。これらにより、チョコレートには精神的に活動的になる効果も期待できることがわかりました。

身体の痛み:身体の痛みは、全然なく、身体の痛みのためにいつもの仕事が妨げられることが全然なかった。

全体的健康観:健康状態は、非常に良い。

活力:過去1ヶ月間、いつでも活力にあふれていた。

日常役割(精神):過去1ヶ月間、仕事や普段の活動をした時に、心理的な理由で問題がなかった。

心の健康:過去1ヶ月間、落ち着いていて、楽しく、おだやかな気分であった。

 被験者全員の体重を測定したところ、チョコレートの摂取前後で、特に変化は認められませんでした。つまり、今回のようなチョコレートの摂取のしかたをしても、メタボリック症候群に繋がる、体重やBMIなどの増加はみられない、ということがわかりました。

今回の実証研究で理想的な血圧の下がり方を実現

 血圧は、単純に低くなればいいというわけではありませんが、高すぎるのは問題です。今回のチョコレート摂取調査では、正常血圧の人は変化が小さく、高血圧群の人は、大きく血圧が低下するという結果が出ました。これは理想的といえる結果です。

research03.jpg

高血圧群と正常血圧群との血圧低下量の差


 基本的には、血管が詰まり、細くなることで血圧は上昇しますが、チョコレートを食べることで、血管を広げる作用が期待できることがわかりました。

 ヨーロッパでは、カカオポリフェノールが含まれない「ホワイトチョコレート」と通常の「チョコレート」を実際に人間に食べさせる実験が行われています。ところが、この調査では1日に100g、約500kcalのチョコレートを被験者は食べなくてはなりませんでした。結果は、カカオポリフェノールの含まれるチョコレート群にメリットが認められましたが、摂取するチョコレートの量が多く、カロリーが高いという問題がありました。

 今回の蒲郡市で行った実証研究では、こうしたカロリーの取り過ぎを避けるため、「カカオ分72%の高カカオポリフェノールチョコレート」を選び、1日25g食べてもらって調査をしました。この方法は成功でした。はっきりと高血圧の人の血圧は下がったのに、同時に調査した「体重」「BMI」などの数字に、影響は出ませんでした。

 さらに注目されるのは「HDLコレステロール」の値が上昇したことです。血液中には、「LDLコレステロール」と「HDLコレステロール」があります。LDLは「悪玉コレステロール」ともいわれますが、肝臓から体の中の様々な器官にコレステロールを運ぶ機能を持っています。これに対しHDLは、「善玉コレステロール」と呼ばれますが、体の中の過剰なコレステロールを回収して肝臓に戻すはたらきがあります。

1日25g程度、日本人も取り入れたい

 欧米では昔からチョコレートを食べる習慣があります。最近では日本でもカロリーが低く、ポリフェノールの多い、チョコレートが販売されています。こうしたものを1日に25g程度食べる、という新しい習慣とすることが望まれます。

 ちょっと疲れた時や小腹が減った時、オフィスや家庭でコーヒーと一緒に高カカオチョコレートをつまめば、気分転換になるだけではなく、体に優しいコーヒーブレイクとなりそうです。

(News ポストセブン、みんなの健康チョコライフより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する