NETFLIX今年秋に日本へサービス開始

 ハリウッドや日本の大作をはじめ、世界中のハイクオリティな映画、テレビドラマ、ドキュメンタリー、コメディー、そしてNETFLIXが独自に製作したオリジナル映画、ドラマ作品を低料金の月額定額制で提供する世界最大規模のエンターテインメント映像配信サービスのNETFLIXが今秋、日本へ参入することを発表しました。


Netflix-TV-Shows-Dramas3.jpg


 NETFLIXはインターネットを通じた動画配信サービスを2016年末までに200カ国(現在は50カ国)に拡げていく計画で、3月からはオーストラリアとニュージーランドでのサービス開始が決まっています。日本でのサービス開始もその一環です。

 NETFLIXは全世界に5700万人の会員を持つ世界最大の動画配信サービスで、最近の調査では、米国内の全インターネットトラフィックのうち32~35%をNETFLIXのストリーミングが占めるとされ、その割合は徐々に増加傾向にあり、よく観られているといいます。北米市場でNETFLIX非対応の映像機器を販売することは、いまやまったく考えられず、「事実上の標準」の位置にあることはNETFLIXの強みの1つです。



 ネット接続機能を持つテレビの他、タブレット、スマートフォン向けに対応アプリがあり、またHDMI端子にプラグインできるNETFLIX対応ネット端末もあります。もっとも、単にネット配信で映像が楽しめるだけであれば、これまでも「アクトビラ」などの映像配信サービスがありますが、それらとは何が違うのでしょうか。

 すでに日本進出済みで日本テレビが買収したhuluとは方向性が違います。日本進出時にはビジネスモデルを小変更したhuluはフリーミアムを入り口にユーザーを集め、有料サービスへと誘導するタイプのネット放送局でした。扱う映像作品もコストの安い旧作が中心です。

 これに対してNETFLIXは、DVDやBlu-ray Discといった物理メディアが主流だった時代に、レンタル解禁と同タイミングでプレミアム映像を楽しめるようにしています。同じインターネットを使った動画配信サービスでも、出自が異なるわけです。

 現在は多くのオリジナル作品にも投資し、画質向上にも力を入れており、会員向けのプレミアムなコンテンツサービスであることを重視しています。北米ではNETFLIXとDirecTVが競って、動画配信サービス向けにオリジナル作品を制作しており、比較的少ない規模での劇場公開を前提に映画を制作し、間を置かずに動画配信を行うといった日本のOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)でもみられる手法も試されています。

 放送局と同じようにオリジナル作品の制作に投資しても、契約者が増えるならば充分にペイするレベルにまで、NETFLIXのエコシステムは大きくなっているわけです。日本では「動画配信サービス大手」にしか見えませんが、その影響力は今やテレビ放送局よりも大きいともいわれています。


Netflix-Living-room.jpg


4Kも展開中、そしてHDRも

 NETFLIXの影響力が高まっている理由は、視聴数の爆発的な増加だけではなく、最新の映像技術にいち早く対応出来る点も、放送局に対して特別な立ち位置を実現している理由です。NETFLIXは昨年より最新映像コーデックのHEVCを用いた4K映像の配信サービスを開始しています。ネット配信専門であるが故、15.6MbpsとNexTV-Fや「スカパー!」の4K CS放送に比べると低ビットレートですが、米国で販売されているほとんどの4Kテレビが対応しているため、放送局が対応できていない中にあって存在感を高めています。

 そして今年はHDR(High Dynamic Range)版の配信にも対応するとのことで、ハリウッド映画スタジオは年末に向けてHDRへの対応を進めており、とりわけワーナーブラザース、ディズニーといった大手が積極的です。

 受像機側は、東芝、PanasonicがNETFLIX対応液晶テレビを発売しました。ソニーも対応を発表済みですが、どのメーカーも同じように対応するでしょう。


リモコンのNETFLIXボタン(東芝)


 放送局もHDRには対応するものの、4K放送自身がまだ本格的に立ち上がっておらず、投資規模などを考えると独自にサービスの枠組みを拡大できるNETFLIXは、放送局にない独自の地位を築いています。

 日本でも4K配信が行われることが明らかになっており、アクトビラやNTTぷららなどの既存4K動画配信サービスなどとともに、4Kテレビユーザー向けには嬉しいサービスになります。米国での契約料金は月額8.99ドルで映画、テレビ番組とも見放題ですが、日本での料金については明らかになっていません。予想ではHuluと同じ1,000/月以下だと思われます。

 NETFLIXユーザーは、ブロードバンドインターネットの接続さえあれば、いつでも好きな場所からNETFLIX対応テレビ、スマートフォンなどの端末で映像を視聴することができます。自宅にいても外出先でも、たとえ動画を途中で一時停止した場合でも、でも、他のデバイスから映像の続きを楽しむことがきます。

 サービス開始と同時に利用可能になり、1カ月無料トライアルも実施する予定で、料金、番組内容、対応サポート機器などの詳細については、後日発表するとしています。



 いずれテレビはこのようなオンデマンド視聴が主流になるかもしれませんが、現在日本では地上波デジタル放送が主流で、最大の懸念は有料TV利用があまり広がっていないことです。衛星放送やオンデマンドは、「有料放送400万加入限界説」があるといわれます。スカパーは現在約341万の加入。dビデオがBeeTV利用者を含めない場合で429万の加入で、400万加入前後が天井となり、それより大きく伸ばすのが難しい状況です。NETFLIXが日本で成功するためには、対応テレビを持たないユーザーを対象に、リモコン付きサポート機器(スティック端末)の代金を2年後にキャッシュバックするような思い切った販売戦略が必要です。

(ITmedia、www.NETFLIX.comより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する