マリファナはタバコやアルコールよりも安全!?

アメリカで加速するマリファナの解禁の流れ

 昨年、人気アイドル歌手のジャスティン・ビーバーが、移動中の航空機内で、乗務員の制止を無視してマリファナを吸い続けたとして世間を賑わせました。

 さらにオバマ大統領も、解禁の動きが広がっているマリファナについて、ニューヨーカー誌のインタビューで次のように語り話題となりました。

 「子どもの頃にマリファナを吸ったことがあるが、悪い習慣という点では長年吸っていたタバコと大差はない」「個々の消費者に与える影響という点ではアルコールより危険は小さい」


shutterstock_157734158.jpg


 日本では、その栽培や所持、譲渡などが薬物犯罪として厳しく罰せられるマリファナ(大麻)です。アサの花・茎・葉を乾燥・樹脂・液体化させたもので、そこに含まれる化学物質には、様々な薬理作用があるとされます。このマリファナをめぐって、いまアメリカでは新たな動きが急速に広がっています。

 今年2月、アラスカ州で嗜好目的でのマリファナの使用を認める法律が施行されました。これは昨年11月に行われた住民投票での合法化賛成多数の結果を受けたもので、ほかに首都ワシントンD.C.(コロンビア特別区)とコロラド州、ワシントン州、オレゴン州でも同様の法案が可決されています。

 米50州のうち約半数の州ではマリファナを全面禁止しているますが、それ以外の州では医療用マリファナ(含有する天然のTHCなどを抽出利用した成分を含む医薬品)の解禁や、マリファナ所持を刑罰の対象から外す動きも出始めています。

c348c6ad-s.jpg

 ただし米連邦法では、依然、マリファナは乱用性の高い禁止薬物に指定されており、医療目的での使用も認められていません。

 こうした米各州の合法化の動きに対し、今後数年間で多くの州が嗜好目的でのマリファナの合法化を検討を始めています。加えて「関連ビジネスが大きく成長する」と予想する向きもあります。

 実際、マリファナの販売や使用を合法化している地域や国に限って、2015年中にジャマイカ出身のレゲエ歌手、故ボブ・マーリーの名を名前を冠したマリファナを使ったローションやクリームなどが販売される見通しとなっています。

マリファナの医学的効用は?

 CNNが同1月に発表した世論調査では、マリファナ合法化に賛成するという回答は55%、反対は44%でした。CNNなどの調査によると、マリファナ合法化の支持者は1987年の調査では16%でしたが、2002年に34%、2012年には43%と着実に増えています。

 オバマ大統領が語ったように、実際、各種の研究で、コカインやヘロインなどの薬物やタバコ、アルコールと比較すると、マリファナの人体への害は少ないとする報告も複数あります。

 また、医療用マリファナについては、HIVやアルツハイマーなど約250の疾患に効果があるとされ、イギリスやカナダ、オーストリアなど医療機関での使用を法的に認めている国々もあります。


AS20140415003763_comm.jpg


 しかし、マリファナの人体への影響を危惧する報告も、昨年、相次いで発表されています。

 オーストラリアとニュージーランドで行われた3つの長期研究(13~30歳にかけて定期的に評価された数千人の分析)によると、17歳未満でマリファナを常用している10代の若者は、薬物を一切使用したことがない同年代に比べて高校を卒業したり、大学で学位を取得したりする可能性が約60%低いそうです。

 さらに17歳未満のマリファナ常用者は、そうでない者と比べ、後の人生で自殺を試みる可能性が7倍、他の違法薬物を使用する可能性が8倍高いという結果が報告されました。

 また、米テキサス大学ダラス校のフランチェスカ・フィルビー博士らの別の研究では、対象者110人のうち、10代前半からのマリファナの吸引者の脳は、非吸引者の脳に比べ意思決定などにかかわる領域の灰白質の量が少ないことがわかりました。

 またIQについても、マリファナを日常的に吸う人は吸わない人より平均5ポイント低いという結果がでました。博士は「マリファナの使用が直接の原因だと断定できるわけではないが、吸い始めた時期や使用期間と関連している可能性が示唆される」と述べています。

 法的な議論も重要ですが、それ以前に、マリファナは人体に悪影響を及ぼす麻薬であることに間違いないのか、それとも害の少ない特効薬となる側面もあるのか、今後の確かな研究成果が待たれるところです。

(HEALTH PRESSより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する