命を蝕む砂糖、がんや糖尿病の原因に

 「砂糖の取りすぎは体によくない」という事実は知られていますが、世界保健機関(WHO)のガイドラインによると、成人および子供の1日当たりの糖類(炭水化物とは別)の摂取量は、全カロリー中の5%未満にすべきとされています。一般的な成人の1日の摂取カロリーは、1800~2200キロカロリーといわれます。仮に2000キロカロリーとした場合、その5%は100キロカロリーで、缶コーヒー1~2本分に相当します。



 缶コーヒーを2本も飲めば、その日はもう糖類を摂取できないことになってしまいます。実際にはそれで済むわけはないので、摂取カロリーに占める糖分の割合はかなり増えてしまいます。そして、それが結果的に体に大きなダメージを与えてしまうといいます。

 砂糖にはカロリーはありますが、私たちの体に必要な栄養素はほとんど含まれていません。そういった食品のことを「空のカロリー」といいい、アルコール、白米や白く精製された小麦粉なども空のカロリーの一種です。一部で「空のカロリーは体内に残らないので太らない」などと考えている人もいますが、これは大きな間違いです。

 必要な栄養素を含まない空のカロリーは、体内に摂り込むと大きな負担になってしまいます。カロリーがあるということは、体のエネルギー源になるということで、なんらかの経路でブドウ糖に変化します。そしてブドウ糖がエネルギー源になるには、体内のさまざまな機能や物質を使う必要があります。

 その一つが、クロムという必須ミネラルの一種です。このクロムが、細胞膜にあるブドウ糖を受け入れるドアを開ける鍵の役割をすることで、ブドウ糖を細胞の内側に取り込むことができます。砂糖(アルコールも同じ)には、クロムはまったく含まれていないので、砂糖に含まれるブドウ糖をエネルギー化するためには、他の食品から摂取したクロムを使うことになります。


Unknown-23.jpeg


 つまり、砂糖はクロムを体内にもたらさないどころか、他から摂取したクロムを浪費してしまいます。その上、エネルギー化のために必要なもうひとつの栄養素であるビタミンB1も含まれていないので、体には多くの負担がかかります。

砂糖の過剰摂取で脳機能にも変化

 アメリカの保健指標評価研究所が2010年に発表した「世界疾病負荷調査報告書」によれば、糖分を含む飲み物の過剰摂取が原因とされる死亡例のうち、糖尿病は13万3000人、心血管疾患は4万4000人、がんは6000人となっています。注目すべきは、その78%が低~中所得国で発生しているということです。

 また、アメリカのプリンストン大学で行われた、ラットを用いた実験では、砂糖を過剰摂取することによって明らかに依存性が認められた上、一度砂糖の投与をやめて再び与えた際には、以前よりも摂取量が増加したそうです。さらに、砂糖の供給を絶たれたラットはアルコールの摂取量が増え、脳機能に変化が起きていることがわかったといいます。空腹時に多量の砂糖を摂取するラットの脳内では、コカイン、モルヒネ、ニコチンなどの依存性薬物による変化と同様の神経化学的な変化が起こっていることもわかっています。


sugar-addiction-perpetual-cycle.png


 ラットの実験がそのまま人間に当てはまるわけではありませんが、まったく無視するというわけにもいきません。こういったことを鑑みると、息抜きのコーヒーや紅茶に砂糖を入れたり、砂糖たっぷりの清涼飲料水や缶コーヒーなどを飲み干す習慣は、避けたほうがいいということになります。

(Business Journalより)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する