汝ら泣き叫ばん(BWV103)

 今日の日曜カンタータは復活祭後第3主日のために、女流詩人ツィーグラーの台本よって作られた作品で、1725.4.22にライプツィヒで初演されました。

 当日の福音書から引用された章句に含まれる「悲しみ」と「喜び」の情念の対比はカンタータを展開するための絶好の素材で、BACHも両者の対比を発想のかなめに置き、情感に富んだ作品を作り上げています。


lgp01a201311090000.jpg


 この曲の特徴は、フラウト・ピッコロ(ソプラニーノ・リコーダー)の可憐な響きで、初演の時この楽器の名手の参加があったためと思われますが、再演時にはヴァイオリン又はフラウト・トラヴェルソに置き換えられました。


 トン・コープマン指揮、アムステルダム・バロック・オーケストラ、ボグナ・バルトシュ(A)、イェルク・デェルミュラ(T)、クラウス・メルテンス(B)の演奏でお聴きください。



 コープマンはトラヴェルソを使ったrevised instrumentationも録音しています。この方が声楽とマッチしているかもしれません。




1. 合唱とアリオーソ (バス)

「お前たちは大声で泣き叫ぶだろう。

しかし、世の人々は喜ぶだろう。

お前たちは悲しむだろう。

だが、お前たちの悲しみは喜びに

変わるであろう」

2. レチタティーヴォ (テノール)

誰が悲しみに沈まずにいられようか、

愛する方が私たちから奪われようとしている時に。

魂の救いで、病んだ心の逃げ場である方が、

私たちの痛みを気にかけないとは。

3. アリア (アルト)

あなた以外には、心の医者は見つかりません、

ギレアド中を探しても。

誰が、罪によるこの傷を癒してくれるのでしょうか、

ここには、乳香もないというのに。

あなたが姿を隠せば、私は死ななければならないのです。

憐れんでください、ああ、聞いて下さい!

あなたが決して、私の破滅を望まないのなら、

それならば、私の心はまだ望を持ちえるのです。

4. レチタティーヴォ (アルト)

あなたは私を心配の余り

再び、元気づけて下さるでしょう。

だから私は、あなたの来臨を望むのです。

私は約束の御言葉を信じます、

私の悲しみが、

喜びに変わるだろうという御言葉を。

5.アリア (テノール)

元気を取り戻せ、濁った心よ。

お前たちは自分を傷つけ過ぎるのだ。

私が涙に沈む前に、

悲しい始まりから離れなさい(悲しい始まりを忘れなさい)。

私のイエスはふたたび現れるのです、

おお喜びよ、比べるものがないくらいの!

なんという幸せがそれを通じて私に起こるのだろうか、

取りなさい、私の心を捧げものとしてお受け取り下さい!

6.コラール

私はお前をしばしの間、

おお愛する子よ、置き去りにした。

しかし、さあ見なさい、大いなる幸運と

無限の慰めでもって

必ずやお前に歓喜の冠を

いただかせ、褒め称えよう。

お前のつかの間の苦しみは、喜びと

永遠の幸福に変わるだろう。

                (ターフェルムジーク鎌倉訳)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する