部屋に太陽光をもちこむナノテク照明

 数千年もの間、人類は暗い室内に太陽の光をもち込もうと試行錯誤を重ねてきました。そしていま、本物の太陽に限りなく近い照明が完成しつつあります。CoeLuxによって、地下数百メートルにある部屋にも太陽の光が届く日が来るかもしれません。


3.jpg


 イタリアのスタートアップが、太陽の光を真似た画期的な照明器具を開発しています。「CoeLux」は、特定の場所の太陽光をモデル化しています。寒色や、赤道直下の国々のくっきりとした影、地中海の太陽光の柔らかな輝き、すこしほの暗くて暖かな色だけれど印象的な北極圏沿いのパターンなどです。

 CoeLuxは従来のLEDを太陽と同じ波長に調整して使用しているのですが、太陽光を正確に再現するには、大気によって生じる微かな変化を再現する必要もあり、大気は場所によってその濃度や構成が異なっています。

 CoeLuxはナノ粒子を散りばめた、ミリメートル単位の厚さのプラスチックの層を用いていますが、これは本質的にはヒトの生活圏内と同じことをしているのでです。

 考案者のパオロ・ディ・トラパーニ教授は、ナノテクノロジーが実際のところどのように機能するのかについて明らかにしていません。しかし、審査を経た出版物や工業界での受賞の堂々たるリスト、顧客の証言を見れば、これらのデヴァイスが宣伝に違わず機能するのだと安心することができます。

 動的な性質の光を生み出すにもかかわらず、この照明器具には動く部分がないのが特徴です。LEDの「ホットスポット」、すなわち太陽に相当するものとしてつくられた部分の大きさや位置を、幅2フィート、長さ5フィートのフレーム内でコントロールすることにより、さまざまな質の光を生み出すことができます。熱帯ユニットには最も大きなホットスポットがあり、北欧ユニットでは最も小さいそうです。

 プラスチック・シートの厚みも同じくさまざまで、北欧の光については、熱帯の光より厚くすることによって、その地域の大気を模倣しています。この照明は紫外線を放射しないので、日焼けはできず、季節性情動障害の軽減に対しても効果は見込めませんが、地下室や倉庫、地下の住居を、まるでサンルームのようにすることができます。



 数千年もの間、人類は太陽光を暗い空間にもち込もうと努力してきました。エジプト人は複雑に並べた鏡を用いて、自然光をピラミッドの奥にもち込みましたが、これは多くの人手を必要とし、大規模な奴隷労働力がなければ、実現はできません。

 18世紀の北ヨーロッパの宮殿は、日がよく照った空を描いた、うららかなだまし絵のフレスコ壁画が特色ですが、これは長い冬の間、慰めをもたらそうと設計されたものです。ラスベガスのカジノは同様の技法を用いています。LED照明で室内を明るくすることで、利用客に自分はいま屋外にいるのであって、味気ないカジノに閉じこもって金を浪費しているわけではないと思わせようとしているのでです。

 ディ・トラパーニは、数多くの技術書を出版している教授ですが、CoeLuxについて尋ねられて、最初に参考文献として紹介するのは、ミラノの聖アンブロジオ教会の中庭や、ヴァン・ゴッホの絵画「種まく人」のような、芸術に関する著作です。

 「CoeLuxは自然を模倣するのではなく、自然を舞台上に置いているのです。芸術と同じように」と、彼は言います。「CoeLuxは、自然光と最も関連性のある特性、すなわち空と太陽光の動的相互作用に焦点を絞っています」

 芸術家同様、ディ・トラパーニは自分の光の質を、光が生み出す影の質によって判断します。「物体は太陽の直接的で暖かい光に照らされ、太陽の光は鮮明な影を投げかけます」と彼は言います。「しかし、こうした影は暗色や灰色なだけでなく、実際は空の散光のもとにあるために、青みがかっているのです」。

 このテクノロジーによって、新しい種類の建築物を生まれるかもしれません。エレベーターによって超高層ビルの建造が可能となったように、また空調設備によって建築物が多種多様なものとなり得たように、ディ・トラパーニはCoeLuxにより、「グラウンドスクレーパー (超地中ビル)」、すなわち地下何百フィートにも伸びているけれど、深く暗い穴の中に降りているとは感じさせない建築物の創造が可能になると、確信しているといいます。

(WIRED NEWSより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する