ドローンブームで新たな課題 上空の所有者は誰か

 米国各地の自治体はドローン(無人機)の利用の急増に悩まされています。安全やプライバシー上の懸念をもたらしているほか、これまで当局者たちがおおむね無視してきた厄介な法的問題も突きつけています。


BT-AB853_DRONEI_G_20150513183017.jpg


 州など自治体の警察によると、自宅、人の集まる場所や犯罪現場の上空を飛ぶドローンに関する苦情は急増しています。この間、少なくとも17州は法執行当局や民間人のドローンの使用法を制限する条例を成立させています。しかし、ドローン利用者の多くはそれが強引な先制措置だと批判的です。また、連邦政府の規制当局は、米国の上空を規制するのは自分たち連邦当局だけだとの立場を取っていますが、それにもかかわらずドローンを禁止する市や町もあります。例えばミネソタ州セントボニファキアス(人口わずか2283人)からテキサス州オースティンに至るまでさまざまな自治体が禁止しています。オースティン市は3月に行われたテクノロジーと音楽の祭典「サウス・バイ・サウスウエスト」での使用を事実上禁止しました。

 国際警察署長協会(IACP)のリチャード・ベーリー会長は、ドローンが「ゲームチェンジャー(状況を一変させるもの)だ」と述べています。同会長は、地元の法執行当局には新たなドローンの問題に対処する手立ても法的権限もないと不満をもらします。「われわれはこれまで、上空の規制を任されたことが一度もない。土地に関する問題は理解しているが、州や地方の担当者に上空を規制してほしいと突然言われても....」と困惑顔です。

 実際、地上から高度数百フィートまでの上空に注意を払う人はこれまでほとんどいませんでした。航空機は1930年以降、高度500フィート(約150メートル)未満の上空を飛ぶことをおおむね禁じられてきました。このため、この低空域を飛ぶのは主に鳥、凧や模型飛行機で、ときにヘリコプターが飛ぶ程度です。

 近年、技術の進歩により、遠隔操作式の航空機がより安価でパワフルになり、より簡単に空を飛べるようになりました。この結果、何万機ものドローンがこの低空域に集まっています。ドローンの利用は来年さらに増えると見込まれています。連邦政府の商業用ドローンの飛行に関する規制案がまとまる公算が大きいからです。

 これらの商業用ドローンに関する規制は、個人による私的な利用を対象にしません。しかし個人による私的な利用には、ドローンに関する最も厄介な問題がいくつか潜んでいます。ドローンを使って近所の家を窓からのぞいたり、ドローンが有人航空機に衝突したりするのをどう防ぐかという問題です。これらの問題は誰も規制する当局者がいない分野です。


20150424101517.jpg


 連邦航空局(FAA)は、個人のドローンが空港や有人航空機の近くを飛ぶのを制限しています。しかしFAAは、2012年の連邦法の存在により、ドローン利用のその他の側面の大半について規制するのを制限されていると指摘します。FAAはまた、州や地自体当局がドローン飛行を規制できないとも述べています。FAAが上空を規制する唯一の当局であるというのがその理由です。

 それでも、地域の当局者は行動しようとしています。ドローンに関する条例を成立させた17州に加え、少なくとも29州が新たな条例の制定を検討しています。その内容はまちまちで、テキサス、ノースカロライナとアイダホの各州はドローン利用者が一部の第三者を許可なく撮影するのを制限しています。一方で、イリノイ州はドローンがハンターを邪魔するのを禁じています。

 ドローンの飛行自体を直接禁止する市や町もあります。とりわけ、大きなイベントの前です。ジョージア州オーガスタリッチモンド郡は先月行われたゴルフのマスターズの大会期間中、ドローンを禁じました。ニューヨーク市議会は事実上全てのドローンによる市内上空の飛行を禁じることを検討しています。また、サンフランシスコにあるゴールデンゲート橋の管理者は、ドローンが橋に衝突した事故を受け、個人のドローンを制限するよう議員に訴えています。

 マサチューセッツ州ノーサンプトンは、FAAの管轄権に挑みました。すなわち、地元の地主は自ら所有する土地の上空500フィートを管理するという決議を採択したのです。ノーサンプトンは1946年の連邦最高裁の判例を引用しました。これは、飛行機の上空飛行に怒ったノースカロライナ州の養鶏業者が起こした訴えで、同最高裁は当時、地主は所有する土地の上空のうち「直近の範囲について排他的な管理権を持つ」との判決を下していました。

 規制当局やドローン業界の迫り来るジレンマとして、この1946年の判例の存在を挙げる法律専門家は少なくありません。専門家たちは、それが困難な法的問題を突きつけると指摘します。「航行可能な空域」はどこから始まるのか、そして、地主の管理権はどこで終わるのかなどの問題です。

 カリフォルニア大学ロサンゼルス校のジョン・ビラジノール教授(公共政策)は、「これまではこれらの問題への対応を迫られていなかったが、今後、間違いなく迫られるだろう。これまで、われわれが集団としての答えを出していないことは間違いない」と述べています。

(The Wall Street Journalより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する