われを愛する者は、わが言葉を守らん(BWV74)

 今日は聖霊降臨祭第1日です。教会暦では、聖霊降臨祭は降誕祭・復活祭とともに三大祝日で、イエス・キリストの復活後50日目に、集まっていた弟子たちに聖霊が降臨し,教会が生まれたことを記念する祝祭日です。ペンテコステとも言い3日間連続で祝日となる極めて重要な日でした。教会暦に合わせて今日から3日連続してカンタータを聴いてゆきます。今日聞く曲は1725.5.20ライプツィヒで初演されました。


pentecostes2.jpg


 このカンタータは前年演奏された同名のBWV59を発展的に改定した作品です。台本はクリスティアーネ・フォン・ツィーグラーで、BWV59の冒頭合唱と第2曲が転用され、残りの部分が新たに作曲されて聖霊降臨祭第1日にふさわしい規模を持った作品になっています。

 トン・コープマン指揮、アムステルダム・バロック・オーケストラ&合唱団、デボラ・ヨーク(S)、ボグナ・バルトシュ(A)、 イェルク・デェルミュラー(T)、クラウス・メルテンス(B)の演奏でお聴きください。

 



第1曲 合唱

私を愛する人は、

 私の言葉を守る。

私の父はその人を愛し、

 私たちはその人のところへ行き、

 その人のもとに住まいを設ける。

第2曲 アリア(ソプラノ)

おいで下さい、私の心はあなたへと開いています、

 どうぞ、ここをあなたの住まいとして下さい。

私はあなたを愛し、ひたすら待ち望んでいます、

 御言葉が私のもとに到来するのを今か今かと。

あなたを捜し求め、畏れ敬い、愛し、尊ぶ者に、

 父なる神は御好意を示して下さるのですから。

私は疑いません、私の祈りは聞き届けられ、

 きっとあなたからの慰めを得られることを。

第3曲 レチタティーヴォ(アルト)

住まいの準備が整いました。

あなただけに捧げた心を見つけて下さったなら、

どうか私につらい思いをさせてまで、

 私から去ってゆこうなどとは考えないで下さい。

そんなことは私には決して、

 ああ、もう決して起こって欲しくないのです。

第4曲 アリア(バス)

私は去って行くが、

 再びあなたがたのもとへ戻って来る。

私を愛しているなら、

 あなたがたは喜んでくれるはずだ。

第5曲 アリア(テノール)

来たれ、急げ、琴を奏で、歌声を響かせよ、

 生き生きとした喜びの調べで。

主は去った時と同じように、再びおいでになる、

 いと高き祝福された神の御子として。

サタン(悪魔)の試みは続き、

 主の民を迫害する者は絶えないだろう。

しかしどんな邪魔が入ろうと、

 私は信じます、主よ、あなたを。

来たれ、急げ、. . .

第6曲 レチタティーヴォ(バス)

何ひとつ罪に定められることがない、

 キリスト・イエスの内にある者たちは。

第7曲 アリア(アルト)

何ひとつ私を救うことのできるものはありません、

 地獄の鎖から私を救って下さるのは、

 イエスよ、あなたの血のほかにはないのです。

あなたの苦難、あなたの死が、

 私を(神の国の)相続人にして下さいましたから、

 私は(サタンの)激怒を笑い飛ばしましょう。

何ひとつ . . .

第8曲 コラール(合唱)

本来ならこの地上にある人は誰ひとり、

この貴い賜物(聖霊)を受ける資格がありません、

 私たちには何もふさわしい行いがないからです。

今ここで大切なものは、ただ愛と恵みだけであり、

キリストはそれを私たちに与えるために

 罪の償いと、神との和解を成し遂げたのです。

(小林 英夫 訳)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する