コーヒー、紅茶・緑茶に「長寿効果」あり!

 コーヒーや緑茶を日常的によく飲んでいる人は、そうでない人に比べて病気などで死亡するリスクが低いとする調査結果を、国立がん研究センターなどの研究チームがまとめました。コーヒーに含まれるポリフェノール、緑茶に含まれるカテキンが血圧を下げ、両方に含まれるカフェインが血管や呼吸器の働きをよくしている可能性があるといいます。


無題.jpg


 全国に住む40~69歳の男女約9万人に対し、コーヒーや緑茶を1日どれくらい飲むかを、ほかの生活習慣などと合わせて質問し、経過を約19年間追跡調査をしました。この間に約1万3千人が亡くなっていました。

 その結果、コーヒーや緑茶をよく飲む人は死亡率が低く、コーヒーを1日に3~4杯飲む人ではほとんど飲まない人に比べて、死亡リスクが24%低く、緑茶は1日1杯未満の人に比べ、1日5杯以上飲む男性で死亡リスクが13%、女性で17%低かったそうです。

(以上朝日新聞デジタルより)

E382B9E383A9E382A4E383891_2_3_4_5_6.PNG

コーヒーと死亡リスクとはどう関係しているのか

 なぜコーヒー摂取で死亡リスクの低下が見られるのでしょうか。第一に、コーヒーに含まれるクロロゲン酸が血糖値を改善し、血圧を調整する効果がある上に、抗炎症作用があるといわれています。第二に、コーヒーに含まれるカフェインが血管内皮の機能を改善する効果があるとされています。また、カフェインには気管支拡張作用があり、呼吸器機能の改善効果があるのではないかと言われています。これらの効果が、循環器疾患や呼吸器疾患死亡につながる危険因子の調整に寄与しているのかもしれません。

 研究ではがん死亡については有意な関連が見られませんでした。部位別に行われた先行研究では、コーヒー摂取と肝がん、膵がん、女性の大腸がんと子宮体がんのリスク低下との関連が示唆されていますが、全がん死亡では他の部位のがんも総合して分析を行ったため、有意差がなくなった可能性が考えられます。

 今回の結果から、一日4杯までのコーヒー摂取は死亡リスク低下と有意な関連があることが示唆されました。この研究で用いた質問票では、缶コーヒー、インスタントコーヒー、レギュラーコーヒーを含むコーヒーの摂取頻度を尋ねており、またカフェインとカフェイン抜きコーヒーを分けてはいませ。

E382B9E383A9E382A4E383892_2_3_4_5.PNG

(以上国立がんセンター研究グループのサイトより)


コーヒーをたくさん飲むほど脳卒中のリスクが低下

 他にもコーヒーを飲む習慣には、脳卒中のリスクをかなり低下させる効果があることを明らかにした、2つの大きな研究があります。

 1つの研究は、8万人以上の女性を24年間も追跡したデータを分析したハーバード大学医学部の研究です。1日に2~3杯のコーヒーを飲むことで、ほとんど飲まない人と比べて、脳卒中のリスクが2割減少することがわかりました。週に5~7杯でもリスクは12パーセント低下しました。カフェイン抜きコーヒーでもこの脳卒中の予防効果はみられました。

「この効果はコーヒーに含まれるどの成分によるものかは明らかでありませんが、カフェイン以外のポリフェノール類などが良い効果をもたらしているようです」とこの研究をおこなったロブ・ヴァンダム教授は述べています。


coffee_graph.jpg


 もう1つは、 米国の国家の大規模健康調査からの、コーヒーを飲む習慣をもつ 40歳以上の9384人のデータを分析したものです。カリフォルニア大学ロサンゼルス校のデヴィッド・リベスキンド教授が、米国脳卒中協会の国際コンファレンスで報告しました。

 この研究では、毎日6杯以上のコーヒーを飲む人々は、1日に1~2杯のコーヒーを飲む人々と比べて、一過性脳虚血発作(TIA)か脳卒中を起こすリスクが約4割も低下することがわかりました。さらに、コーヒーを飲む習慣には、脳卒中のリスクの低下につながる血管の保護効果もあることが明らかになりました。

 一過性脳虚血発作は、ミニ脳卒中とも呼ばれて、実際に小さい脳卒中がおきて、「視野の半分が見えなくなる半盲、どちらか半身のしびれや脱力、ろれつが回らない」などの脳卒中の症状がでますが、数分から数時間あるいは1日程度で消えるものです。一過性脳虚血発作をおこした人は将来、大きい脳卒中をおこすリスクがかなり高くなることがわかっています。

 どちらの研究者も、「コーヒーを飲む量が増えるほど、脳卒中のリスクが低下するようだ」と語っています。

 脳卒中は、死に至るケースも少なくないことに加えて、幸い助かったとしても多くの場合で障害が残ります。このため、予防が大切になります。

紅茶や緑茶にも脳卒中の予防効果が!

 コーヒーだけでなく、紅茶や緑茶を飲む習慣も脳卒中のリスクを低下させるという研究結果もあります。この研究は、4378人の脳卒中の患者を含む19万4965人のデータを分析しています。やはり米国脳卒中協会の会合で発表されました。

 お茶を1日に3 杯飲む人は、ほとんど飲まない人とくらべて、脳卒中のリスクが 21 パーセント減少することがわかりました。「お茶が緑茶であるか紅茶であるかは、重要ではなかった」と、この研究を行なったカリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部のレノール・アラブ教授は述べています。ただし、「いわゆるハーブティーには脳卒中を予防する効果は見られなかった」と付け加えています。

 この研究でも、お茶の摂取量が増加するのに比例して脳卒中のリスクが低下することがわかりました。アラブ教授は、「お茶を6杯飲む人は効果が2倍になって脳卒中のリスクが42パーセント低下するでしょう」と説明しています。この効果は、お茶に含まれるカテキンの一種か、アミノ酸のテアニンによるのではないか、と教授は考えています。

 ただし、不眠症や不安症、高血圧や心臓病などをもつ方は、コーヒーによって悪影響を受ける場合がありますので、脳卒中の予防に役立つからといって、無理にコーヒーを飲むことはおすすめできません。

(以上DIAMOND男の健康より)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する