大腸がんが急増している理由

2015年に最も患者数が多いのは大腸がん

 大腸がんになる患者は増えており、国立がん研究センターが公表した2015年のがん統計予測では、これまでトップだった胃がんを抜いて、男女合わせて患者数が最も多いがんになるようです。今年大腸がんと診断される人は13万5800人程度いると予測されています。大腸がんは女性より男性に多いものの、2013年に女性のがんで最も死亡数が多かったのも大腸がんでした。女性は乳がんや子宮がんが多いというイメージがあるかもしれませんが、実は、最も女性の命を奪っているがんは大腸がんだそうです。ちなみに、男性の場合、今のところ肺がんと胃がんのほうが死亡数は多く、第3位が大腸がんです。


img_0.gif


 大腸がんが増えている原因として専門家の多くが指摘するのが食生活やライフスタイルの欧米化です。大腸がんは、がんが発生した部位によって結腸がんと直腸がんに分けられますが、かつて日本人の結腸がんは欧米に比べて少なく、ハワイに移民した日系人の結腸がん罹患率を調べると、ハワイ在住の白人と同程度で、結腸がんの発生には食生活などが大きく関わっているという根拠になっていました。ところが、日本人の食生活やライフスタイルが欧米化したことによって、すでに日本人の結腸がん罹患率は、ハワイの日系人、アメリカの白人やイギリス人と同程度になってしまいました。

 国内外の研究で、大腸がんの確実な危険因子とされているのは、次の6つの項目です。

● 肥満

● 喫煙習慣

● 大量飲酒の習慣

● 牛・豚・羊などの赤肉、ベーコン・ハム・ソーセージなど加工品の過剰摂取

●  運動不足

● 祖父母、親や兄弟姉妹など直系の家族に大腸がんの人がいる

 大腸がんの増加は、肥満、大量飲酒の習慣、赤肉や加工品の過剰摂取、運動不足の人が増えたことと関係がありそうです。特に、国際的に、大腸がんのリスクを確実に下げると評価されているのが「運動」です。世界がん研究基金と米国がん研究財団がまとめた『食物・栄養・身体活動とがん予防』では、ニンニク、牛乳、カルシウムの摂取も予防効果がある「可能性大」とされていますが、運動は、食物繊維が豊富な食物とともに、「確実な予防法」にリストアップされています。

 大腸のがんの発生と運動が関係あるとは意外な気がするものの、日本人を対象にした国立がん研究センターの研究班による多目的コホート研究でも、特に男性で身体活動量の多い人は結腸がんになるリスクが少ないことが証明されています。日常的にほとんど運動しない身体活動量最少グループが結腸がんになるリスクを1とすると、日常的によく運動あるいは肉体労働をしているグループの男性はリスクが0.58倍、女性では0.82倍でした。男性の場合、運動によって結腸がん発生リスクを42%も低下させるということです。

kindofcancer.jpg

早期発見で100%近く治る!

 最近、デスクワークなどで長時間座り過ぎのセデンタリー症候群が、生活習慣病を増やすと問題になっていますが、座り過ぎは結腸がんのリスクも増やします。必要だと分かっていても3日坊主で終わりがちなのが運動ですが、週1回程度定期的なスポーツを行うだけでも結腸がんのリスクは下げられるといいます。通勤時や会社の中では、エスカレーターやエレベーターをなるべく使わず階段を利用するなど日常生活の中でこまめに体を動かすことも重要です。

 ただ、日常的に運動し、禁煙、禁酒、減量、食物繊維の多い食事を心がけたとしても、大腸がんになるリスクはゼロにはなりません。早期に発見されればほぼ100%近く治るがんなので、40歳以上の人は年1回、大腸がん検診を受けることも大切とされます。大腸がん検診は、便の中に血が混じっていないか調べる便潜血検査(検便)で、40歳以上の人が年1回受けることで死亡率を下げることが科学的に証明されています。ほとんどの自治体で便潜血検査を実施しています。

 大腸がん検診には、肛門から内視鏡を入れる大腸内視鏡検査を受ける方法もあります。内視鏡検査による検診も死亡率を下げることが分かっていますが、内視鏡検査を実施する医師の力量にも差があり、どこでもできるわけではないので、こちらは希望者が任意で受ける検診に位置付けられています。特に、血縁者に大腸がんになった人がいる場合には、40歳以上になったら1度、大腸内視鏡検査を受けてみるとよいといいます。

 便潜血検査で「陽性」が出たら、できるだけ早く精密検査を受けることも大切です。「本当にがんだったら怖いから」と放置してしまう人は意外と多く、やっと重い腰を上げて精密検査を受けたときには大腸がんが進行していたというケースもあります。便潜血検査が陽性だからといって、絶対にがんとは限りません。また、内視鏡検査で大腸ポリープや超早期がんが見つかったときには、そのまま内視鏡でがんを切除できる場合もあります。

 精密検査を受ける際、注意したいのは、内視鏡検査は大腸がんの内視鏡治療の実績のある医療機関で受けることです。大腸内視鏡による治療で済めば、開腹手術を受けるよりかなり楽とはいえ、内視鏡検査の前には2リットルの下剤を飲んで大腸を空になければなりません。さらに肛門から何度も内視鏡を挿入されるのは気持ちがよいものではありません。検査と治療が一度に済むならそれに越したことはないわけです。

 内視鏡治療では取り切れないくらいがんが広がっていれば、外科手術の対象となります。リンパ節に転移がある場合は、一般的に、手術の後に抗がん剤治療によって再発を予防します。大腸にがんが再発したり、肺や肝臓といった他の臓器への転移が見つかったりしても、手術で取り切れれば完治が望める場合もあります。大腸癌研究会のデータによると、他の臓器に転移があったり腹膜にがんが広がっていたりする人の5年生存率は13%と厳しいのですが、新しい薬が次々開発され、大腸がんの治療成績は確実に上がりつつあります。

(President Onlineより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する