世界を変える最新フォトストレージサービス「Google Photos」

無料で容量無制限の写真/動画サービス

 米Googleは5月28日、機能性を大幅に向上させたスタンドアロン型のフォトストレージアプリ「Google Photos」を正式に発表しました。既にこれまでにもGoogleから同様の写真管理サービスは提供されてきましたが、今回発表されたGoogle Photosは、全体的な機能性が大幅に改善・刷新されたサービスです。

 1テラバイトの写真を保存するのにかかる他社の費用は iCloudなら240ドル/年。Dropboxなら100ドル。Microsoft OneDirveなら84ドル。Flickrなら25ドルです。

Google Photosは、0ドル。デスクトップでもAndroidでも iOSでも無料です。



撮影した写真および映像を管理するハブ的な存在に

 Google Photos上に保存されたデータには、あらゆるデバイスからアクセスすることが可能になるほか、アクセスしたデバイス上で自動的にバックアップ・同期されます。「1,600万画素」までの静止画および「フルHD(1920×1080)」解像度以下の動画に限られますが、Google Photosを利用することで、ユーザーは画像や映像を無制限に保存することが可能になります。また、それと同時に高品質な圧縮版の画像も保存されます。



 Google Photosでは、撮影した画像をわざわざ手動で分類してまでアルバムを作成する必要はなくなります。撮影された日付や場所、映っている人物や対象などを判別し、自動で適切なグループ毎に分類。検索する際にも単純な検索ワードを入力することで、目当ての画像までスムースに辿り着くことを可能にしています。

画像編集能力を強化

 さらには、保存した画像の編集機能も強化し、表示した画像を1度タップすると、その画像が最も見栄え良くなるように自動画像補正が施されるほか、「+」ボタンをタップすることで、音楽ファイルと組み合わせたコラージュ画像やアニメーション、ムービーの作成が可能になりました。


無題.jpg


アシスタント表示機能の実装

 また、左方向にスワイプすることで、「アシスタント」タブ画面に切り替えることが可能になります。タブ内では、保存されている写真や最近の旅行の記録などを利用して自動的に作成されたコラージュ画像やアニメーションが表示され、ユーザーはそれを閲覧および保存することが可能になるとのことです。

大量のデータを容易に友人とシェア可能に

 Google Photosでは、大量の静止画および動画データを友人と簡単にシェアできるようになりました。シェアしたいデータをシェアしたいだけ選択したら、非常に単純な操作を行うだけで、選択したデータ群へのリンクを即座に作成することが可能です。

 友人は受け取ったリンクを辿るだけで、特別なアプリやサービスなどへのログインを必要とすることなく、送付された大量のデータを自分のライブラリへと保存することが可能ですす。

写真はコンピュータビジョンの金鉱

 実質的にGoogleは金をバラまこうとしています。検索広告で十分な利益を上げているので、写真ストレージを長期投資として全面的に補助することが可能です。   Googleは写真が金鉱であると考えています。そこには撮影した人の情報が大量に含まれ、広告のターゲティングや体験のカスタマイズに利用できます。

 Googleの持つコンピュータービジョン、機械学習、人工知能を始めとする高度な技術を活用すれば、写真に写っている人々、場所、物等を認識し、そのデータをユーザーの個人情報と結び付けることができます。お気に入りの炭酸飲料やオートバイと一緒に写っている写真から、そのユーザーに見せるべき広告がわかります。ランドマークから識別された位置から、何を探しているかを推測できます。そして、友達との自撮り写真から、Googleは誰とシェアするよう薦めるべきかのヒントを得られます。

優れたテクノロジーは人間の理解を不要にする

 ユーザーを無料ストレージで誘惑することによって、Googleはわれわれの持つ膨大なメディアを手に入れ、同社の機械ビジョン学習システムを教育すると同時に、広告やサービスを改善しようとしています。そして、人は大量の思い出を移動したくないので、Google Photosはユーザーをさらに強く自社のアプリやサービスに結び付けることができます。Googleに情報を与えすぎることを懸念する人もいますが、われわれは既にメールの管理を任せており、悪い結果を招いてはいません。

 Googleは、人間を「理解」しようとしないと批判されることがあります。しかし写真が同社の最も強力なテクノロジーを束ねることによって、その必要もなくなり、ストレージ、編集、整理、および検索がすべて同時に実行されます。手作業でファイルを移動したり、色を調整したり、対象にタグ付けしたり、山ほどの写真をめくっていく必要はありません。

 Google Photosが素人フォトグラファーにとって便利である理由はそこにあります。狙ってシャッターを押すだけで、無料で思い出を永遠に残すことができるのですから。

(GGSOKU、TechCrunch、GIZMODO、他より)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する