野生のチンパンジーが「飲み会」!?

 ギニア南東部ボッソウでの17年にわたる研究により、野生のチンパンジーが、つぶしてスポンジ状にした葉を使って、発酵したヤシの樹液の「酒」を飲んでいることがわかりました。



 『Royal Society Open Science』に6日9日付けで発表された論文によれば、明らかに酔っているとわかるほどヤシ酒を飲むチンパンジーもいたといいます。

 オックスフォード・ブルックス大学のキンバリー・ホッキングスが率いる研究チームは、1995年から2012年にかけて、26頭からなる野生のチンパンジーの群れを動画カメラを使って観察しました。

 この研究が実施されたボッソウの地元住民のあいだでは、ラフィアヤシから乳状の甘い樹液を採取する習慣があります。地元住民たちは、ヤシの樹冠近くに穴を開け、自然発酵してできた「樹液の酒」(平均アルコール濃度は3パーセント程度ですが、最高で6.9パーセントになることもある)を採取するプラスティック容器を設置しています。



 ホッキングス氏のチームの研究では、チンパンジーが独自の巧妙な手法を使い、その習慣に倣っていることが明らかになりました。チンパンジーたちは、数枚の葉を口のなかでつぶして「葉のスポンジ」をこしらえ、それを樹液採取用の容器に浸して、なかに入っている酒を吸い出していたのです。

 17年にわたる研究全体で見ると、複数のチンパンジーが集まって樹液を飲む「飲み会」が20回記録されました。そうした飲み会には、若いオスとメスのチンパンジー13頭が参加していましたが、それ以外のチンパンジーは、研究期間全体を通じて一度も酒を飲みませんでした。飲酒するチンパンジーのなかには、ほろ酔い以上に酔っぱらうものも見られました。

 「一部の個体は、およそ85mlのアルコールを摂取したと推定されている」とホッキングス氏は述べています。「これは、イギリスのアルコール量単位で8.5ユニットに相当する」――つまり、だいたいワインボトル1本分です。また、飲酒後のチンパンジーでは、眠りこむ、落ち着きがなくなるなどの「酒酔いの行動」兆候も見られました。



 野生動物がアルコールを摂取する例は、これまでにもいくつか報告されていますが、今回の研究により、野生類人猿の自発的なアルコール摂取が初めて記録されたことになります。

 ヒトと類人猿はアルコールを分解できる遺伝的な特質を共有していますが、この研究結果により、そうした特質は共通の祖先から受け継いだものだとする、いわゆる「酔っぱらいのサル理論」の説得力がさらに高まったといえます(アルコールを代謝することで、地面に落ちて発酵した果物類を食べることができるようになったと考えられている。なお、類人猿のうち、「ゴリラ、チンパンジー、人間」の系統はアルコールを分解できるが、オランウータンは分解できないという)。

(WIRED NEWS UKより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する