ああ主よ、あわれなる罪人のわれを(BWV135)

 今日聴く日曜カンタータは三位一体主日後第3主日、1724.6.25にライプツィヒで初演された、牧師で作曲家のキュリアクス・シュネーガスの同名のコラールによるコラール・カンタータです。用いられているコラールの旋律はドイツの作曲家ハンス・レーオ・ハスラーの作で、特に「マタイ受難曲」のコラールの旋律として知られるもので、カンタータ全体を支えています。


無題.png


 歌詞台本作者は不詳ですが、朗読された福音書聖句は「悔い改める1人の罪人」について述べたもので、カンタータでは罪人がイエスに癒やしを求める内容になっています。なお、初演当日はBACHはケーテンへ旅行中であったため立ち会っていないと言われます。


 グスタフ・レオンハルト指揮、レオンハルト合奏団、ハノーファー少年合唱団、ルネ・ヤーコプス(CT)、マリウス・ファン・アルテナ(T)、マックス・ヴァン・エグモンド(B)の演奏でお聴きください。




1.合唱

ああ主よ、あわれな罪人のわたしを

あなたのお怒りで罰されないでください、

あなたの深いお怒りを和らげてください、

さもないとわたしには成す術がありません。

ああ主よ、わたしの罪を許され

御恵みをお与えください、

わたしが永久に生き、

陰府(よみ)の責め苦から逃れられるようlこ。

2.レチタティーヴォ(テノール)

ああ、わたしを癒してください、あなたは魂のお医者、

わたしは病気が重く、弱っています。

骨が数えられるほどです、

わたしの不幸、

わたしの十字架と苦しみが、わたしをこれはど悲惨にしたのです。

わたしの顔は

涙でまつたく腫れ上がっています、

その涙は急流のように、頬から滴り落ちています。

魂は恐れと不安でふるえています。

ああ、主よ、いつまでなのでしよう。

3.アリア(テノール)

イエスよ、わたしの心を慰めてください、

さもないとわたしは死の淵に沈みます、

どうかわたしを救ってください、あなたの慈しみで

わたしをこの大きな魂の苦境から。

死の国に行けばすべては沈黙で、

だれもあなたのことを考えません。

親愛なるイエスよ、それが御心なら、

どうかわたしの顔を喜ばせてください。

4.レチタティーヴォ(アルト)

わたしは嘆き疲れました。

わたしの霊はどんな力もありません、

わたしは終夜

しばしば魂の安らぎも平和もなく

はなはだしい汗と涙のなかに横たわっています。

わたしは死ぬはど悲しみ、それゆえ老いてしまいました、

わたしの不安はさまざまあるからです。

5.アリア(バス)

悪を行う者よ、皆わたしを離れよ、

わがイエスはわたしを慰めてくださる。

  主は涙と嘆きの後に

  喜びの太陽をふたたび輝かせられる、

  苦難の天候も変わりゆき、

  敵は突然打ち倒れ

  彼らの矢ははね返されるにちがいない。

6.合唱

天の御座に栄光あれ

高い栄誉と称賛に満ち

父と御子と

またそれに等しく

聖霊とに栄光あれ

世よとこしえに、

神がわれらすへてに

永遠の至福を授けられるように。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する