「羊を数えてはいけない」 眠りに関する6つの真実

 人は、毎日眠ります。人生の3分の1は睡眠です。人間が、たとえば80歳まで生きるとした場合、26年間も眠って過ごしていることになります。できるだけ質のよい睡眠をとり、眠っている間も心地よく過ごしたいものです。

 眠りについて研究している全米睡眠財団(NSF)の国際調査によると、米国、カナダ、メキシコ、ドイツ、イギリス、日本の6カ国のうち、日本人の平均睡眠時間は最下位でした。日本人は働き者だから、あまり睡眠をとらないのでしょうか。

 成人の適切な睡眠時間は7〜9時間とされています。しかし日本人の場合、睡眠時間は5時間台がもっとも多く、適切な睡眠時間(7〜9時間)を確保できている人は20%以下にすぎません。日本人の多くは“上質な眠り”以前に、慢性的な寝不足だといいます。

 睡眠の専門家で医学博士の白川修一郎氏は、睡眠不足による影響について、高血圧、糖尿病、がん、うつ病といった数々の健康被害を示唆しています。睡眠不足にならないために、眠りについて興味深い6つの話をまとめました。


1. 寝る前のスマホが不眠の原因に


1.jpg


 メールやニュース、SNSをチェックするために、寝る直前までスマホやパソコンを手放せないという人がいるかもしれません。スマホやパソコンの画面から発光されている「ブルーライト」は、睡眠ホルモン(メラトニン)の分泌を抑える“日光”に似た性質があるため、脳が目覚め、入眠を妨げてしまいます。不眠症を引き起こしてしまうリスクを伴います。

 ベッドに横になってスマホでゲームをしてから寝るのが日課という人は要注意。寝る前のスマホの利用は、必要最低限に止めておいたほうがよさそうです。


2. 眠れないときに羊を数えてはいけない


2.jpg


 羊が1匹、羊が2匹……羊が158匹……。――どうやらこれはまったく意味がないらしい。それどころか、むしろ眠れなくなると、白川教授。

 「眠れないときに羊を数えてはいけません。諸説ありますが、羊が群れている風景に馴染みのある国で、この習慣が始まったと言われています。なぜなら、意味のないものを数えるという退屈な作業は眠くなるからです。でも、日本人は羊を飼っている農家でもない限り、そうした光景はあまり目にしません。ですから羊を思い浮かべるだけで脳が働き、興奮状態になってしまいます。なにも考えずにいることが眠りへの近道です」


3. 睡眠不足は太る


3.jpg


 「食べてすぐ寝ると牛になるぞ」と言われたことがあります。たしかに食後すぐに眠る行為は肥満のもとです。しかし、「寝る=太る」ということではありません。

 白川博士によると、睡眠不足になると食欲増進ホルモン(グレリン)が分泌され、一方の食欲抑制ホルモン(レプチン)の分泌が減少し、これにより空腹感や食欲が増進することで肥満になるリスクが約2倍にまで高まるといいます。

 また、寝ている間に分泌される――高い脂肪燃焼作用のある――成長ホルモンが不足し、太りやすくなってしまうとのこと。つまり睡眠時間が短いことで、脂肪を燃焼させるせっかくのチャンスを、みすみす逃してしまっていることになります。

 「ダイエットしているのに、なかなか痩せられないという人は、一度ご自身の睡眠時間を見直してみるといいかもしれません」


4.干した布団はたたいてはいけない


4.jpg


 布団を干したあと、布団たたきで勢い良くたたいてスッキリ。この習慣を長年続けてきた人も多いのですが、これは大きな間違いです。布団を強くたたくと、中綿や繊維が壊れて埃となり、それが空気中に舞っているだけなのです。

 「人は寝ている間にたくさんの汗をかきますから、布団の中は、湿度80%にも昇ります。日本はただでさえ高温多湿な気候で、とくに布団はダニにとって快適な環境です。布団に潜むダニは干してたたいたくらいでは死なないので、たたいても意味がありません。むしろ埃や、ダニの死骸、人間のフケなどのハウスダストが舞い、それを私たちが吸うことでアレルギーを引き起こしてしまいます。布団についたこれらのごみを取り除くには、布団クリーナーで“吸う”のが一番です」


5.睡眠不足(5時間未満)が2日以上続くと危険


5.jpg


 「寝不足運転は飲酒運転よりも危険」――白川博士は警鐘を鳴らしています。

寝不足で頭がボーっとしてしまうことがありますが、これは脳機能が低下している証拠で、寝不足とされる睡眠5時間未満が2日以上続くと、非常に危険なのだといいます。これは、注意維持、集中力、判断能力の低下により事故を起こしやすくなるためです。実際に、交通事故の原因は、飲酒運転よりも、不注意による操作ミスや居眠り運転のほうが圧倒的に多いのです。


6. ショートスリーパーは0.5%以下


6.jpg


 「短時間の睡眠でも平気」な、いわゆるショートスリーパーと呼ばれる人たちです。ショートスリーパーという体質は、遺伝によるものがほとんどで、実際には0.5%以下しか存在しないのだといいます。もし「寝なくても平気だよ」と言っている人が周囲にいたら、それはただの“強がり”なのかもしれません。

 とはいえ、忙しい現代人。十分な睡眠時間がとれない場合はどうしたらいいのだろう? 白川博士のアドバイスはこうです。

 「1日は24時間と決まっていますが、みなさん『朝起きてから1日が始まる』と思っていませんか? だから、忙しいと寝る時間が足りなくなるんですよね。そうではなく、寝るところから1日を始めてみてください。まず7時間しっかり眠ったあとに、残りの時間で仕事や家事をやり繰りするのです。そうすると自然と規則正しい生活が身に付いて、睡眠不足が解消されます」

(The Huffington Postより転載)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する