わが魂は主をあがめ(BWV10)

 今日はマリアのエリサベト訪問の祝日です。現在では5月31日になっていますが、BACHの時代は7月2日でした。当時の教会暦に合わせて、今日この曲を聴くことにします。

 福音書の記述では、マリアは、エリサベトが身ごもって6か月になることを受胎告知の折に告げられて、エリサベトを訪ねます。エリサベトと胎内の子(洗礼者ヨハネ)は聖霊に満たされ、エリサベトはマリアを祝福しました。マリアはマニフィカトを歌って主を賛美し、エリサベトのもとに3か月ほど滞在したとあります。


無題.png


 このカンタータは、1724.7.2ライプツィヒで初演されました。当日の福音書章句に基づくマリア賛歌のドイツ語訳を歌詞とし、グレゴリオ聖歌の古来からのメロディをもとにしたコラール旋律を使っています。同じコラールはマニフィカトBWV243/243aの第10曲にも使われています。


 トン・コープマン指揮、アムステルダム・バロック・オーケストラ、デボラ・ヨーク(S)、ボグナ・バルトシュ(A)、イェルク・デェルミュラ(T)、クラウス・メルテンス(B)の演奏会動画でお聴きください。




1.合唱

私の魂は主をあがめ

私の霊は喜びます、

私の救い主なる神を。

神はその哀れなしもべを

かえりみて下さったのです。

ごらんなさい、今からのち、すべての

人の子たちは私を

至福の人とたたえるでしょう。

2.アリア(ソプラノ)

主よ、力ある強い主よ、

神よ、そのみ名は聖なる神よ、

あなたのみわざは何と驚くすばらしいことか  

あなたはこの哀れな私をかえり見、

多くのことをして下さった。私には

その恵みを数えあげることもできません。

3.レチタティフ(テノール)

至高者の恵みと信実は

朝ごとに新しく

いつまでも、いつまでも

この地上であなたの助けをあおぎ、

心からあなたを恐れて、あなたに

信頼する者たちと共にあります。

それにくらべて、あなたは、

信仰と生活において

冷たくも熱くもない者たちに対しては、

そのみ腕でもって

大いなる力をふるわれます。

はだかで傲慢で盲目な、

誇りと不遜に満ちた者たちは、み手によって  

もみ殻のように散らされるでしょう。

4.アリア(バス)

権力者を神はその王座から

硫黄の沼へとつき落とされる。

低い者たちは神は高めて

星のように天において下さる。

富者を神は裸でからっぽにし、

飢えた者たちは賜物で満たして、

神の恵みの海原で

いつも豊かにあふれさせて下さる。

5.コラール(二重唱 アルト、テノール)

神は憐れみを思い起こして

しもべイスラエルを助けて下さいます。

6.レチタティフ(テノール)

神が昔、父祖たちに

告げ、約束されたことを、今、

そのはたらきと行為によって実現される。

神がアブラハムに、

その天幕に訪れた時に

約束し、誓われたことが、

今、時が満ちて、実現した。

アブラハムの子孫は

海の砂のように増え、

天空の星のようにひろがり、

やがて救い主が生まれて、

永遠のみ言葉は肉体となられた。

それは人々を

死とすべての悪と

サタンの奴隷の状態から

まことの愛によって救い出すためなのです。

だからたしかなことは、神の言葉は

恵みと真理に満ちていることです。

7.コラール

賛美とほまれが

父と子と聖霊の神に

ありますように、

はじめにあったように、今もいつまでも、

永遠から永遠にいたるまで。アーメン。

                      川端純四郎 訳
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する