ソーセージやハムに発がんの危険?

 暑い日が続くと、毎晩のビールが楽しみという人は多いと思いますが、そのビール合わせる食品としては、枝豆やソーセージなどが挙げられます。特にドイツビールなどには、ポテトとソーセージの組み合わせは欠かせません。

 しかし、日本で販売されているソーセージの多くは、健康被害が疑われる添加物が使用されています。



 ソーセージやハム、サラミなどの加工肉を購入する際、原材料の欄を見ると、ほとんどの商品に「亜硝酸ナトリウム」という名前が書いてあります。亜硝酸ナトリウムを使用していない商品には、「無添加」「無塩せき」といった表示があるので、それ以外は亜硝酸ナトリウムが入っているはずです。


qanda_zu.gif


 この亜硝酸ナトリウムは、食品の黒ずみを防ぎ、おいしそうな見た目を持続させる発色剤として用いられますが、極めて毒性が強く、厚生労働省が使用量を規定しています。「規定量内ならば安全だろう」と考える人も多いのですが、亜硝酸ナトリウムは商品に含まれるアミンという成分と反応して発がん物質であるニトロソアミンに変化するといわれており、少量でも安心はできません。一部では、日本人に胃がんが多いのは、ニトロソアミンが原因ではないかとの指摘もあります。

ganinfo_7_2.jpg

 さらに、一部の加工食肉ではアスパルテームやスクラロース、アセスルファムカリウム、サッカリンなどの合成甘味料がふんだんに使われています。これらは、発がん性のほか脳腫瘍や白血病の発病リスクも指摘されており、極力摂取は控えたほうがいい甘味料です。

 ほかにもソーセージやハムに添加されている物質とその危険性には、次のようなものがあります。

●リン酸塩(リン酸ナトリウム)

 単に「pH調整剤」と書かれていることもありますが、その中にはリン酸塩が入っていることが多く、リン酸塩はカルシウムや鉄分の吸収を悪くするといわれており、摂取量によっては骨がもろくなったり貧血を引き起こす可能性があります。

●ソルビン酸カリウム

 変異原性(遺伝子を傷つける毒性)が疑われており、発がん可能性があるといえます。

●着色料 特にタール系色素である赤色2号、赤色3号、赤色102号、緑色3号、青色1号、黄色4号などは強い発がん性が認められます。赤色2号はアメリカでは使用禁止となっており、赤色102号は欧州の複数の国で使用禁止になっています。また、赤色3号は赤色2号よりも毒性が強いことが判明しています。

 ソーセージやハムが悪者ではありません。また添加物が入っている食品を食べたからといってすぐに健康被害が出るわけではありませんが、なるべくなら摂取しないのが賢明です。発色剤、リン酸塩、結着剤、保存料、酸化防止剤、合成着色料、化学調味料を使用していない製品もあるので、購入の際に注意しましょう。

(Business Journal、島根大学医学部付属病院のHPより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する