たまった脂肪は「L-カルニチン」で燃やせ! 

 カルニチンとは、アミノ酸をもとに体内で作られる成分のことです。羊肉やレバーなどの赤身肉に豊富に含まれ、その名前も肉を表すラテン語「carnis」に由来します。カルニチンは成人の体におよそ20g存在し、そのほとんどが筋肉に含まれています。その他、肝臓や腎臓、心臓、脳などにも微量ながら存在します。1日当たり10~20mg程度が体内で合成されますが、その材料の多くは肉を食べることによって調達されます。特にカルニチンが豊富な羊肉を多く食べるオセアニアやモンゴルでは1日300~400mgのカルニチンをとっているのに対して、日本人は平均75mg程度といわれています。

img-food-carnitine.png

 カルニチンのサプリメントのパッケージには、「脂肪を燃やす」「ダイエットに効く」という表示があるものも多いですが、このメカニズムについて調べてみました。

カルニチンは脂肪酸を「脂肪燃焼工場」に運搬する

 食事に含まれる脂肪は消化酵素によって分解され、脂肪酸という物質になって小腸から吸収され血液中を巡ります。この脂肪酸が細胞内に取り込まれ代謝されて、エネルギーに変わるのですが、これらが自動的に起こるわけではありません。

 脂肪酸は、細胞内にある「ミトコンドリア」という“脂肪燃焼工場”に引っ張り込まれてはじめて、エネルギーに変わることができます。このとき、脂肪酸をミトコンドリア内に運び込む役割を担っているのがカルニチンです。

z_notion.jpg

脂肪がL-カルニチンと結合することによってミトコンドリア膜を透過し、エネル

ギーが産生されるポイントを概念的に示す。L-カルニチンはリサイクルされる。


 カルニチンが不足すると脂肪酸はミトコンドリア内に運搬されなくなるために体はエネルギー欠乏を引き起こしやすく、だるい、疲れやすい、という状態になります。もちろん心臓の筋肉でもエネルギーが生み出せませんから、例えば階段を駆け上がったときに動悸が起こることもあります。エネルギーを作りにくいと体は熱も産生しにくくなる。「最近、やたらと体が冷える」と感じている人は、カルニチン不足になっているかもしれません。特に、普段、肉をあまり食べない人はなおさら、カルニチン不足の状態になりやすいといいます。

 カルニチンが不足すると、脂肪酸は脂肪細胞に運び込まれ、脂肪として蓄積されます。脂肪の燃焼スイッチを入れるには、ミトコンドリアに脂肪酸を運ぶカルニチンが有効です。

「カルニチン+筋肉量を増やす」の合わせ技が重要!

 では、「カルニチンをとれば脂肪が燃えてやせられる」のかと言うと、そう単純にはいきません。

 ミトコンドリアは全身のすべての細胞にありますが、特にエネルギーを必要とする筋肉細胞の中に多く存在します。筋肉量が少ないと筋肉細胞の中に存在するミトコンドリアの総数も減ります。だから、何らかの運動を行って筋肉量を増やし、燃焼工場自体の数を増やすことが必要です。

 また、糖質たっぷりの食生活を改めることも欠かせません。糖質をたくさんとると、それだけ脂肪酸も多く作られます。脂肪酸の量がそれを燃焼する量より多ければ、だぶついた分は中性脂肪として、蓄積されてしまいます。

 ミトコンドリアのエネルギー産生機能を高める、すなわち燃焼工場の効率を上げるのに役立つのがビタミンB群。ビタミンB群は補酵素としてエネルギー産生サイクル(TCA回路、クエン酸回路)をぐんぐん回していく役割を担っているので、不可欠な栄養素です。

こんな人には「カルニチン」が必要

●増えた体重が元に戻りにくい

●疲れやすくてパワーが出ない

●階段を駆け上がると心臓がバクバクする

●体が冷えると感じる

●普段の食事であまり肉をとらない

食事では意識して赤身肉をとる。(カルニチンの摂取)

 運動習慣は、毎日だとなかなか取り入れられないものです。筋肉を増やしたいときは、歩くのが最も手軽で効果的な方法です。人間の体で最大の筋肉は、太ももにある大腿筋です。夕食後に、太ももをしっかり使うよう意識しながら15~20分早歩きをするようにします。もちろん最初は5分でもいい。慣れてきたら10分、15分と増やしていきます。

 なかなか歩く機会がとれないときは、お風呂の中での簡単トレーニングができます。インナーマッスルを意識しながら深呼吸を繰り返したり、浴槽の中で両脚を揃えて股関節から上げ下げするなど、ちょっとした意識で筋肉に刺激を与えることができます。

(日経Gooday他より)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する