時代はペットボトルレス!持ち運べる水「Ooho!」

 飲み物の持ち運びが簡単にできるペットボトルは私たちの生活を大変便利にしましが、その一方で大量のゴミという新たな問題を生み出しました。大半のペットボトルが有効にリサイクルされていないというデータもあり、依然として処理方法などの課題が残っています。

 これに関連したソリューションとして先ごろから大きな話題になっているのが、昨年の『Lexus Design Award』に入賞し、4月に行われた『ミラノデザインウィーク』で展示された『Ooho!』という飲料コンテナです。


original.png


“spherification(液体化)”という技術で液体をジェル状の膜で包みこむ

 『Ooho!』は、食べることもでき、生物分解性のあるウォーターボトルです。ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートを卒業した3人のデザイナー/エンジニアが結成したイノベーション・ラボ『Skipping Rocks Lab』のメンバーが共同で手掛けた初プロジェクトです。

 昆布やワカメに代表される褐藻と塩化カルシウムから作られた、ジェル状の膜で液体を包みこむというカラクリで、スペインのレストラン『エル・ブジ』の料理長フェラン・アドリアが広めた『spherification』という液体を球状に成形する技術を使っているそうです。


ooho.jpg


従来のパッケージについての考え方に挑戦

 メンバーのひとりPierre Paslier氏は、『Ooho!』が私たちが持つ液体パッケージについての考え方に挑戦していると強調。「我々は、このアイデアが、今日私たちが引き起こしている大きな問題への、急進的なソリューションをもたらすことを信じている」と話しています。

 また、彼らはこの方法を採用することがメーカーにとってもコスト減のメリットとなると指摘。ひとつのかたまりは40ml程度の内容量ですが、材料のほとんどが水であるため、1個あたり2セントで作成できます。すぐにメーカーが『Ooho!』に変更する動きを見せなかった場合でも、ぜひ家のキッチンで作って見てほしいと呼びかけています。



作り方

(1)水1カップに1gのアルギン酸を入れ、ハンドブレンダーでよく混ぜる。気泡がなくなるまで15分ほど置いておく。

(2)大き目のボウルに張った水4カップに、5gの乳酸カルシウムを加えスプーンを使って混ぜ合わせる。

(3)1の液体を2のボウルに落とす。ボウルが窮屈にならない程度繰り返す。

(4) 3分ほどゆっくりかき混ぜたら、球体をスプーンですくい、水を張った別のボウルに移動させる。


3028012-slide-ooho4.jpg


 どのように衛生的に、何個も持ち運ぶか、あるいは膜を破る際に顔や服が濡れないためにはどうすればいいか、と実際的な課題はまだありますが、環境問題への意識と解決のためのアイデアが非常に優れているこちらのパッケージ。今後も研究が進み、実用的なレベルでの製品化も遠い話ではないのかもしれません。興味がある方はぜひ自宅でも取り組んでみては。

(FUTURAS、MERYより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する