水に浮かぶ「未来の農場」が、91億人を食糧危機から救う?

 世界の人口は、2050年には91億人を超えると言われています。その上で考えなければいけない大きな課題は、食料需要の増加に対する生産量の確保。今も世界中で様々な施策が講じられてはいますが、その中でも注目されているのが水上で農作物を栽培できる「SMART FLOATING FARMS」です。

 太陽光エネルギーを利用し、システムをほぼ自動で稼働させることができ、1つのファーム(360m×210m)で農作物を年間8トン生産することができます。


1.jpg


2.jpg


海水を淡水化して水だけで作物を栽培する

 農作物には水耕栽培が採用され、根から栄養価の高い水分を吸収させることで土壌を必要とせずに作物を育てることが可能です。

 設置された淡水化プラントを使用して水を循環させるため、塩害のリスクもありません。さらに、複数の階層をもったファームの最下層では、養殖漁業も可能です。


3.jpg


4.jpg


 大きなメリットとして注目すべきは、水上に施設を設置する点。これにより、野菜の生産にとって致命的なダメージとなりうる地震や水不足、洪水、動物からの被害といったリスクを回避できます。

 また、それぞれのファームを連結させることもできるため、各地域に応じて最適化して設置することが可能。世界中どこでも海や湖、川があれば稼働できます。

85singo_SFF_VEGETABLES_FISH_FTA_1250.jpg

 廃棄物は全てバイオガス・ダイジェスターという分解装置で肥料へと変換、栽培用の水へと再利用できます。さらに、出来た作物が魚の餌にもなるため、このファーム内の循環システムだけで多くの食料を生産可能です。

 2009年の国連食糧農業機関による発表では、世界の食料生産は2050年までに70%ほど増加する必要があると言われていました。しかし、農地を増やすだけではその割合をカバーすることは困難です。そこで必要とされていたのが、少ない水や肥料で効率良く食料を生産できるシステム。そして、作物を無駄にしないための方法でした。

 コンセプトデザインを手がけた「FORWARD THINKING ARCHITECTURE」からは、力強いコメントが発表されています。

 「このシステムを利用すれば、その70%をカバーすることができる。まずはコンセプト・デザインからだが、十分実現可能なシステムだ。今の時点ではそうとしか言えないのだが」

 未だアイデアの段階に留まってはいるものの、すでに多くの注目が集まっているのは事実です。世界の食量を確保するための重要な対策の1つとして今後の動向に大きな期待が寄せられています。

(TABILABOより転載)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する