肥満大国アメリカで枝豆が大ブーム!

 アメリカ人が映画を観ながら食べるものといえば数年前までは、「ポップコーン」や「ポテトチップス」でしたが、最近では、日本でおなじみのおつまみ「枝豆」を食べる人が増えているそうです。




アメリカ人が枝豆を食べるようになった理由とは?

 アメリカ人が枝豆を食べるようになったきっかけで最も影響力が大きかったと考えられるのは、1999年にFDA(アメリカ食品医薬品局)が出した次のような見解です。

 それは、「成人が1日に25g以上の大豆タンパクを摂取すると、虚血性心臓疾患の原因となるコレステロールの増加を大幅に減らすことができる」というものです。

 アメリカでは3人に1人が過度の肥満、5人に1人が心臓疾患を抱えているといわれ、社会問題にもなっています。

 そこへ、FDAが大豆を食べると肥満や心臓病が予防できるという信憑性のある情報がもたらされたことで、アメリカ人の意識の中に、大豆(枝豆)を食べると肥満が解消され健康が維持できるという大きな関心が引き起こされました。

 そのブームに火をつけた立役者の1つが映画館です。映画好きなアメリカ人が映画を観ながら食べるものの定番は、ポップコーンやポテトチップスでした。

 そこへ塩茹でした枝豆を出したところ、これが大当たり。味もよくヘルシーで食べやすい枝豆がポップコーンの代替としてブームになりました。

 ちなみに、アメリカ人は日本では当たり前の、鞘入りの枝豆ではなく、鞘からマメだけを取り出して、カップに入れて食べるのが普通です。


枝豆が持つ肥満と心臓疾患の予防効果



 日本人にとっては枝豆はありふれた食材なので、健康に良いからという理由で枝豆を食べることは少ないかもしれません。

 しかし、アメリカ人が枝豆に飛びついたことを参考に考えると、枝豆は私たち日本人の健康を増進する優れた食べ物であることが分かります。

●肥満の予防

 枝豆が大きくなったものが大豆ですが、大豆は畑の肉ともいわれるように、タンパク質が豊富で昔から健康に良い食べ物とされています。大豆は畑の肉でタンパク質の塊のようなものですが、牛肉や豚肉もタンパク質でできています。

 肉を食べるのも大豆を食べるのも同じタンパク質を摂ることになるので、結局、肉を食べることと同じではないか?という疑問です。

 肉も大豆もタンパク質としては同じですが、肉のタンパク質は「動物性タンパク質」、大豆のタンパク質は「植物性タンパク質」なので、体に対する影響が大きく異なります。

 そもそもタンパク質はアミノ酸が結合してできていますが、実は、動物性タンパク質のほうが、植物性タンパク質よりもアミノ酸のバランス良いといいます。タンパク質だけを比較すれば、肉のような動物性タンパク質のほうが勝ります。

 しかし、動物性タンパク質は、分子の構造上、内臓脂肪の原因となる飽和脂肪酸やコレステロールも多く含んでしまうため、結果として、中性脂肪や悪玉コレステロール(LDL)を増やす働きが強くなり、内臓脂肪など肥満の原因になります。

 一方、枝豆のような植物性タンパク質は、それ自体に脂肪やコレステロールがほとんど含まれていないため、多少アミノ酸のバランスが悪くても、体にとっては良い効果が発揮されます。つまり、植物性タンパク質のほうが肥満につながるリスクが少ないわけです。

●心臓疾患の予防

 枝豆には肥満となる原因が少ないだけでなく、肥満そのものを改善したり心臓疾患を予防する様々な効果があります。それらをまとめると次のようになります。


無題.jpg


 こうした枝豆が持つ働きは、全て虚血性心疾患の予防につながります。確かにポップコーンやポテトチップスを食べるよりは健康的に思えます。


モリモリ食べよう!アメリカ人に学ぶ枝豆の食べ方



 同じ食べ物でも国が異なれば、食べ方もずいぶんと違います。日本では鞘をつまみプチプチとマメを出しながら食べるのが一般的ですが、アメリカ人はあらかじめマメを取り出し皿に乗せてスプーンでモリモリと食べます。

 そのため、食べる量も自然と多くなり、アメリカ人の一人前は、日本人の5倍くらいになります。

 アメリカ人は大食漢が多いのですが、枝豆をたくさん食べる分、パンやパスタなど炭水化物を減らせるという、「お腹を満たしながらカロリーを減らす」という一石二鳥の効果もあろます。

 また、枝豆をすりつぶしピューレのようにしてパンやパスタなどにかけて食べるという日本人の発想にはあまりない方法で食べられています。こうすると味や食間が、アメリカ人が大好きなアボカドに近くなるので、それもまたブームに拍車をかけたようです。

 日本ではおなじみの枝豆も、海外では肥満や心臓疾患など病気を予防する「ヘルシーフード」という印象が強い食べ物です。枝豆への認識を少し変えて、健康づくりに活かしてはいかがでしょうか?

(健康+生活より)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する