神のみわざはすべて善し(BWV99)

 今日の日曜カンタータは三位一体主日後第15主日、1724.9.17、ライプツィヒで初演された、ザムエル・ローディガストの同名のコラールに基づくコラール・カンタータです。BACHは同名のコラールにも基づくカンタータを3曲(BWV98、99、100)書いていますが、これはその最初の作品です。


hqdefault.jpg


 福音書章句との連携を一部に盛り込みながら、神に信頼すべきことを勧めます。

当日の福音書の章句は、マタイ第6章の有名な一節で、衣食をめぐる日常の思い煩いが人間にとって無益であること、人はまず神の国と神の義を求めるべきことを述べたものです。


 ジョシュア・リフキン指揮、バッハ・アンサンブルのOVPP(One Voice Per Part)の演奏でお聴きください。歌手はジュリアン・ベアード(S)、アラン・ファースト(CT)、フランク・ケリー(T)、ヤン・オパラッハ(B)です。




1.コラール(合唱)

神のなさることは首尾がいい、

変わちず正しいのが、その御旨。

その方が私のことをどう始められても、

私は黙って従おう。

あの方こそ私の神なのだ。

あの方は困苦の中にいる私を

私を支えるすべを知っておられる。

だから私は、あの方にのみ身を委ねるのだ。

2.レチタティーヴォ(バス)

真理の御言葉は確かなもの、

私を欺くことはあるまい。

それは、信仰ある者を倒れさせることも、

 滅びさせることもないのだから。

そうだ、御言葉は私を

 命の道へと導いてくれる。

だから私の心は落ち書き、

 満足を覚えるのだ、

神の、父としてのまことと温情に。

また心は耐え忍ぶ、

不慮の出来事に襲われても。

紳は全能の御手をもって

不幸の流れを変えてくださるのだ。

3.アリア(テノール)

動揺するな、おびえる魂よ、

十字架の杯がお前に

 かくも苦いときも。

 神はお前の賢い医者、奇跡の治療師。

 その方が、死に至る毒を処方するはずはない、

 味から甘さが隠されていたにせよ。

4.レチタティーヴォ(アルト)

いまや、永遠に結ばれた契約が

私の信仰の基であり続ける。

信仰は確信をもって語る、

死のときにも生のときにも。

神は私の光、

あの方に身を捧げよう、

そして毎日を、

心労は日毎にあっても

苦難の克服をめざして生きよう、と。

充分に泣いたのならば

ついには、救いのときがやってくる。

そのとき、神のまことの思いがあらわれる。

5.アリア(二重唱 ソプラノとアルト)

十字架の苦さが

肉の弱さと戦うならば

それもまた、首尾がいい。

十字架を、誤った思い込みから

耐え難いとみなす人は

将来とも楽しむことがないだろう。

6.コラール

神のなさることは首尾がいい、

私はいつまでもそこにとどまろう。

私をけわしい道のりへと

困苦と死、悲惨が追いやろうとも、

神は私を

まこと父のように

御腕に抱いてくださもだろう。

だから私は、神にのみ身を委ねるのだ。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する