世界の長寿者も実践「卵」1日3個で健康長寿を実現!

 ”ご長寿世界1位、2位の女性(115歳)は卵好きで、毎日好んで食べ続けていた”と先月のAP通信が、長寿の食生活の秘訣を伝えました。

 アメリカ人のスザンナ・ジョーンズさん、イタリア人のエマ・モラノさんは、世界にふたりしかいない1800年代生まれの115歳。ジョーンズさんは、朝食にベーコンとスクランブルエッグを欠かしません。幼少時に病弱で医師から卵を勧められたモラノさんは、毎日2~3個の生卵をずっと食べ続けてきました。この年齢で薬の服用も少なく、かかりつけ医は「驚異の人だ」と賞賛しています。



 最近までコレステロール含有量が高く、動脈硬化の引き金になるといわれ、「1日1個まで」と制限されてきた卵。しかし今年になってその常識が覆されました。むしろ、この女性たちのように元気で長生きしたいなら、卵は「1日3個は食べた方がいい」といいます。


卵でコレステロール値は上がらない

 きっかけは、食とコレステロールに対する認識が激変する発表です。今年2月、アメリカの農務省が「コレステロールは過剰摂取を心配する栄養素ではない」と報告。続いて日本の厚生労働省も、コレステロールの1日の摂取基準値を撤廃。5月には日本動脈硬化学会も「健常者は食事で血中コレステロール値が変わることはない」と声明を発表しました。

 つまり、卵を食べても血中コレステロール値は大きく変わらないというこです。これにより「コレステロール値が高い」という唯一の懸念を払拭し、「完全栄養食品」とうたわれる卵の健康効果が、がぜん注目を浴びることになりました。


卵100g当たりの栄養成分

無題.png


 卵は、ビタミンCと食物繊維以外の身体が必要とする栄養素をほぼすべて含んでいます。特に、他の食品から摂りにくいビタミンDや、鉄・亜鉛などのミネラル、体内では合成できない9種類の必須アミノ酸が豊富でバランスもよい食品です。

 最近注目されているのは、卵黄に含まれる抗酸化物質のレシチン。脳の神経細胞の機能を活性化する効果があり、記憶力や集中力を高め、認知症やアルツハイマーの予防に役立つと期待されています。


隠れた栄養失調を卵で解消!

 実は今、日本では熱量が足りているのに栄養が足りない「新型栄養失調」が問題になっており、特にタンパク質が不足気味といわれます。筋肉や血液、臓器など、カラダの材料となるタンパク質が足りないと、免疫力の低下し、疲れやすい、肌が荒れる、髪が抜ける、うつになるなど、さまざまな不調をきたします。

 一説によると、日本人は1日平均20gほどのタンパク質が足りていないといいます。一方、卵1個から摂れるタンパク質は約7g。1日3個食べれば、その不足分を無理なく補うことができます。

 卵は調理が簡単で手軽に食べられるうえ、肉よりも消化吸収が良く、身体に負担をかけずにタンパク質を摂取できるのが利点です。

 これまで3000人を超える肥満や生活習慣病の患者を治療してきた、こくらクリニック(沖縄県)の渡辺信幸院長も「1日3個の卵」を推奨する医師で、勧めるのは、肉(Meat)・卵(Egg)・チーズ(Cheese)を積極的に食べる「MEC食」。基本は1日に肉200g、卵3個、チーズ120gを食べることだといいます。

image_2507.jpg

 穀物・野菜中心の食事では必須栄養素が足りず、人体はガス欠状態になって傷みます。しかし、高タンパク質・高脂質のMEC食は、血液や筋肉、骨の材料として十分。その働きを助けるビタミンやミネラルも豊富です。


1日3個でコレステロール、インスリン値が改善

 「1日3個の卵」は、メタボリックシンドロームの人にも良い影響を与えるという研究もあります。米・コネティカット大学の研究グループが、2013年にアメリカの医学誌に発表したものです。

 実験ではメタボの中高年男女を2グループに分け、12週間にわたって糖質制限食を続けながら、①毎日3個の全卵、②全卵3個に相当する卵の代替品のいずれかを食べてもらいました。その結果、全卵を食べていたグループは代用品のグループより、「コレステロール(HDL)」と「コレステロール(LDL)」値のバランスが改善しました。さらに、糖尿病の原因となるインスリン抵抗性も改善されたといいます。

 これまで"健康のため"に卵を控えてきた人は、大手を振って積極的に食べられます。特に鶏卵は、物価が上がっても値段の横ばいを維持している「物価の優等生」。"コストパフォーマンス"に優れた栄養食であることは間違いありません。

(Health Pressより画像追加)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する