主なる神よ、われらみな汝をたたえん(BWV130)

 今日は大天使ミカエルの祝日です。この日、カトリックの人々を中心に、秋の収穫を喜び、悪魔を追い払ったミカエルと天使達を祝います。ミカエルは神の御前にいる最高位の天使のひとりで、プロテスタントにおいては唯一の大天使です。新約聖書ではユダ書9節およびヨハネの黙示録12章7節に登場します。

 このカンタータは1724.9.29の聖ミカエル祭にライプツィヒで初演されました。



 牧師で宗教詩人でもあったパウル・エーバーのコラール「主なる神よ、われらみな汝をたたえん」に基づくコラール・カンタータで、トランペットとオーボエをそれぞれ3本とティンパニとフルートまで使った、壮麗で祝祭的な作品です。


 エリック・J.ミルンズ指揮、モントリオール・バロック、モニカ・マウフ (S)、デイヴィッド・DQ・リー(A)、ヤン・コボウ(T)、ステファン・マクロード (B)の演奏でお聴きください。




1.合唱

主なる神よ、われらは皆あなたを讃え

あなたに感謝するぺきてす

あなたが造られたものに対して、

あなたの御座の周りに浮遊する天使だけでも。

2.レチタティーヴォ(アルト)

天使たちの明るい輝きと高い知恵は、

神がどれだけわれら人間を顧みられ、

これはどの力布、二れほどぴ〕武器を

われらのために造られたかを示している。

彼らは休むことなく神の栄光をたたえ、

彼らの勤勉は全て、

彼らが、主キリストよ、あなたのために、

そしてあなたを信じるあわれな群のために

 向けられている。

 しかしこの守りが

サタンの怒りと力を前に、どれだけ必要なことか。

3.アリア(バス)

年老いた竜は妬みに燃え

つねに新たな苦しみを考え出し、

小さき群を引き離そうとする。

 彼は、神のものを滅ぼすことを好み、

  すぐに悪巧みをつかう、

 休みも安らぎも知らないからだ。

4.レチタティーヴォ(二重唱 ソプラノとテノール)

しかしわれらは幸いなことに、昼も夜も

天使の群が見張りをし、

サタンの攻撃を壊滅する。

獅子のもとに置かれたダニエルは、

天使の手が彼を守ることを知った。

またかのバビロンの炉の中で

燃え盛る炎がいかなる傷をも負わせなかったとき、

信じる者たちは、感謝の歌を聞かせた、

そのように危険にあっても

そのときこそ天使の助けが現れるのだ。

5.アリア(テノール)

おお、ケルビムたちの主君よ、

この勇士たちの貴い群を

いかなるときも

あなたを信じる者たちに仕えさせて下さい。

  彼らがエリアの車で

 信じる者たちを天国のあなたのもとに

   連れていくように。

6.合唱

だからわれらは正しくもあなたを頌め讃え

神よ、あなたに永遠に感謝します、

そして親愛なる天使の群も

今日とこしえにあなたを賛美します。

そしてあなたに願います、あらゆるとき

天使たちに命じて下されるように、

あなたを信じる小さな群を守り、

あなたの神の御言葉を敬い続けさせるようにと

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する