果物ほど、体に悪いものはない!

 シリコンバレーの有名ハッカーが、自分の体を「ハック」し尽くして発見した、食にまつわる真実とは? 低炭水化物、低カロリー、菜食主義……15年間、30万ドルを投じて世界中の食とダイエットを研究しつくし、あらゆる食事法の「痩せる効果」「健康効果」「頭をよくする効果」をすべて検証、自らもIQを20ポイント上げ、50キロ痩せた「完全無欠」の食事メソッド!


無題.png


果物は、野菜よりキャンディに近いもの

 あなたは何度「もっと野菜と果物を食べなきゃダメ」と、しかられたことがあるだろうか? まるで「野菜と果物」で一つの単語みたいに。

 しかし、栄養学的に野菜と果物は、魚と自転車ほどしか共通点がない。人は果物を「自然のキャンディ」として健康にいいと持ち上げたがるけれど、じつは果物は野菜よりキャンディとのほうが共通点が多い。野菜が低糖で栄養価がきわめて高いのに対し、果物はおおむね糖と水とわずかな食物繊維でできている。

 果物でいちばん問題なのが、含有している主要な糖分、果糖(フルクトース)である。肝臓は果糖をブドウ糖(グルコース)か中性脂肪に変換し、後者は脂肪として体に蓄えられる。

ダウンロード.jpg

 そして果糖は、この生化学反応を通じて体内脂肪を増やすだけでなく、タンパク質や脂肪とはちがって、摂ったあとに食欲を抑えない。ほかの糖源のように満足感を与えないので、ほかの種類の糖よりも過剰に摂取しやすいのだ。大量の果糖を含む食品、たとえばドライフルーツ、果物ジュース、ソーダ類、生の果物を飲食すること以上に、手っとり早く食欲を起こさせる方法はほぼ皆無である。

(最後の部分、果糖は食欲を起こさせるということでしょうか?)


果糖が腸内の「悪玉菌」を養う

 果糖を食べることは、ウエストラインに悪いだけでなく、いくつかの点で心臓病や動脈損傷の原因にもなる。1つ目は、前述したとおり、中性脂肪値を高めること。これは心臓病の前兆という定説がある。また、皮膚や動脈の主な結合組織であるコラーゲンなどのタンパク質や脂肪と結合しやすく、コラーゲンと結びつくと有害な終末糖化産物(AGE)を生成する。

 うまく名づけたもので、この「終末産物」は老化のプロセスに一役買い、体内に酸化ストレスを加えていく。AGEは肌のしわの主要因であるばかりか、動脈も老化させ、アテローム性動脈硬化症を引き起こすおそれもある。

 果糖はそのうえ腸内の悪玉菌を養って、体にダメージを与える。消化管に入った果糖を病原菌が選択的に食べ、繁殖するのだ。これは小腸内細菌過剰繁殖(SIBO)という病気が起こる理由の一つのようだ。

 果糖が大好きな悪玉菌の中には、自身の代謝の副産物として尿酸を生成するものもある。体内に尿酸が蓄積されすぎると関節や皮下に、あるいは腎臓にも、尖った結晶が沈着して、腎結石を生じることがある。この尿酸の沈着が全身にできたとき、最も痛くてつらい関節炎とされる「痛風」を発症する。


少し食べるだけで、パフォーマンスがガタ落ちする

 シリコンバレーでは、不穏なほどに数多くの仲間や同僚たちが、早くも30代から痛風を患っている。医師には肉食のせいだと注意されているが、僕は10年にわたって仲間からの相談に、痛風をなくすには果糖の摂取を減らすようアドバイスしており、これは肉食を減らすよりも功を奏している。

 主流の医学界では果物は健康にいいと誇張しすぎている一方、果糖のリスクは黙殺されているが、果糖の危険性を警告しだした医師もいる。ロバート・ラスティグ博士は、健康研究の第一人者であり、『ファット・チャンス』の著者で、サンフランシスコにあるカリフォルニア大学の小児内分泌障害の専門家だ。

 ラスティグ博士は「平均的な濃度」の果糖の摂取でも、パフォーマンスにかなり妨げになるという結論に達した。毎日少量の果糖を食べるだけでも脳や体に良くなく、これが、本書の完全無欠ダイエットでは果糖を1日に最大でも25グラムまでが望ましいとしている理由である。これは大きめのりんご2個に含まれているくらいの量だ。

 僕が1日に何個もフルーツを食べていたとき、余分な50キロの脂肪がなかなか落ちなかったのも、むべなるかな! 過剰な果糖を避けることは、ウエストラインをほっそりさせ、食欲を撃退するための最善の策だ。「1日りんご1個で医者いらず」は、もうおしまい。このことわざは、今後は「1日りんご3個で医者が儲かる」にすべきだろう。

デイヴ・アスプリー(Diamond Onlineより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する