睡眠障害はテクノロジー依存症の可能性大!

 睡眠とエネルギーの専門家で、テクノロジー依存治療チームのメンバーでもある、ネリーナ・ラムラクハン博士によると、睡眠障害をもつ人には、疲労サイクルの典型的なパターンがあるといいます。

 途切れることなく、交感神経系を常に酷使している状態で、アドレナリンやノルアドレナリンやコルチゾールを出しまくってかなり疲れを感じている。いわゆる「ドーパミンジャンキー」になりつつあるといいます。ドーパミンは喜びに関係する化学物質で、食べ物、性的興奮、スマホやパソコン画面など、刺激を受けると放出されます。


image266.jpg


 確かに疲労は、仕事や子育て、趣味などに追われる現代の忙しい生活の副産物です。しかし睡眠障害患者に共通するのは、夜寝るときでさえ、常に目の前になんらかのスクリーンがあって、それが当たり前になっていることです。


テクノロジー依存症の症状

 彼らはベッドに入っても眠れない、あるいは眠りに落ちたときに疲れ切っていて、起きた時にも疲労がとれていません。彼らは脳のスイッチを切って頭を休めることができないのです。

 ある患者は、クライアントに朝早く不適切なメールを送って停職になりました。彼は仕事の時間が長すぎて、頭の切り替えをするのが困難になっていました。また、17歳のある患者は、突然激しい感情の波に襲われる症状に苦しんでいます。彼は一晩中起きていて、パソコンゲームをしていることがわかりました。


テクノロジー依存症になりやすいタイプ


0a4a3530.jpg


 パソコンやスマホなどのテクノロジー関連の疲労は、ある性格の人々の共通の傾向でもあるといいます。あなたは完璧主義者ですか? 仕切るのが好きではないでしょうか? あるいは夜中に歯ぎしりしていないでしょうか?

 こうした傾向がある人たちは、感情に突き動かされやすく、競争するのが好きで、攻撃的、なんでも"しなければならない"、"こうでなければならない"、"するべき"と考える傾向にあります。

 彼らはたとえ疲れていても、脳のスイッチをオフにして、リラックスすることができずに疲労にどっぷりはまってしまいます。

 テレビを観ているときでさえ、マルチ画面にしていたり、やたらと活動的になって、あれこれ同時に平行して複数の仕事をこなしたがります。だから、スマホやパソコンなど、すぐにアクセスできて、画面をさっとスワイプする感覚や、即座に満足できることに、喜びを感じるのです。

 多くの人々にとって、オフラインにする時間が少ないことは、脳が過度に覚醒(興奮)しすぎる原因になっていて、混乱状態で歩き回っているのと同じことです。作家で心理学者のキャサリン・シュタイナー=アデアも、同時並行で複数の仕事をこなすことやマルチスクリーンは、特に子供にとって危険なゲームだといいます。


テクノロジー依存症の処方箋


99e2e594.jpg


 ネリーナ・ラムラクハンは以下のことをするように忠告しています。

電子機器の電源を切る時間をつくること。寝る前には電子機器は触らない。電子ブックではない紙の本を読むこと。

夜は時計を見ないようにする。目覚まし時計に携帯電話を使わない。

エネルギーを補給し直す。朝食を食べる。起きてから30分以内に、カフェインを飲む前になにか少しでもお腹に入れる。

水分補給する。一日に少なくとも水2リットルを飲む。


新しいテクノロジーに体がきちんと順応するようになるには数十年かかる


a05583c2.png


 パソコンやスマホの画面を見るのは、12歳以下の子どもには勧められません。大人でも一日2時間を限度にすることを提案しています。体を動かすことを増やすためもあります。

 マイクロソフトの将来構想チーフのデイヴ・コプリンによると、スマホなどの新しいテクノロジーに体がきちんと順応するようになるには、数十年かかるといいます。"テクノロジーは適切に利用すれば、すばらしいもの。だからきちんと使わなくてはならない"と語ります。

 インターネット以前の生活を知っている世代にとって、テクノロジーは有無を言わさないもので、魅力的でもあるりますが、この劇的な変化にどうついていけばいいのかわからずに、過剰な反応をしてしまっています。


子どものテクノロジー漬け問題


67ace169.jpg


 最近の研究では、携帯電話(スマートフォン)を禁止している学校では、禁止していない学校よりも、子供のテストの成績が6%以上高いといいます。

 ハンプシャーにある森の学校には、コンピューターはなく、戸外での遊びは天候に左右され、自分ではどうすることもできません。校長は子どもたちは、パソコンがなくても、ゲームがなくても、想像力を働かせて遊ぶといいます。

 しかしながら、あえてデジタルデトックスをさせる恩恵について、幼い子どもたちはあまり納得していないようです。この学校にコンピューターやタブレットやテレビを置くべきだと思う?と訊いてみると、5歳未満の子たちからは、全員イエスという答えが返ってきました。

(BBC News 翻訳:ガラパイア…konohazuku)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する