受動喫煙で男性の歯周病リスク3倍に

 たばこを吸わない人でも、ほかの人のたばこの副流煙にさらされると歯周病リスクが高まるという研究結果を、国立がん研究センターと東京医科歯科大の共同研究グループが発表しました。男性の非喫煙者で、家庭と家庭以外で受動喫煙した人の場合、非喫煙者で受動喫煙の経験がない人に比べリスクは約3.6倍となり、喫煙者のリスクを上回る結果でした。このため、同グループは喫煙者に対し、「自分や家族の健康のために禁煙を」と呼び掛けています。


222E59BB31.png


 この研究は、生活習慣とがんなどの生活習慣病との関連について追跡調査する多目的コホート研究の一環として実施されました。1990年の生活習慣などのアンケート調査に答えた、秋田県横手保健所管内に住む40-59歳の男女を対象に、歯科アンケート調査への回答と歯科検診を受けてもらい、そのうち1164人(男性552人、女性612人)を対象に解析しました。

 対象者を男女別に「受動喫煙経験のない非喫煙者」から「喫煙者」まで6つのグループに分けるとともに、6ミリ以上の歯周病ポケットが1歯以上ある場合を重度の歯周病と定義した上で解析したところ、男性の場合、受動喫煙経験のない非喫煙者に比べて、喫煙者の重度の歯周病リスクは約3.3倍に跳ね上がりました。

image2.jpg

 しかし、非喫煙者でも家庭と家庭以外で受動喫煙経験のある人の場合は約3.6倍と喫煙者を上回る数値となりました。家庭のみで受動喫煙経験のある非喫煙者も約3.1倍と高く、家庭以外のみの受動喫煙の場合は約1.3倍でした。ただ、女性については喫煙・受動喫煙の状況と歯周病との間に関連は見られなかったといいます。


222E59BB32.png


 たばこのニコチンは、歯周病を引き起こす歯周病菌の発育を促進し、その病原性を高める働きがあります。また、喫煙そのものが全身の免疫力を低下させ、歯を支える組織の破壊を助長するため、歯周病菌に感染しやすくなります。受動喫煙でも同様のメカニズムが働くと推察されるといいます。

 研究グループは、「喫煙は歯の健康を低下させるリスク要因であることが確認された」とした上で、「歯周病は糖尿病など他の病気のリスク要因でもあるので、予防や治療を心掛ける必要がある」としています。

(CareerBrain、国立がん研究センターHPより)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する