世界初のアンチエイジング薬「メトホルミン」の人体治験が開始される!

 2016年、世界初となるアンチエイジング薬の人体を用いた治験が開始されるそうです。この薬は老化をストップさせ、健康なまま110年、あるいは120年の生涯を実現するというものです。

 まるでSFのような話ですが、メトホルミンという一般的な糖尿病の薬が動物の寿命を延ばすことは既に証明されています。アメリカ食品医薬品局が人体でも同じ効果が得られるものか確認する治験の許可を出したのは、動物実験での実証を受けてのことです。



老化は絶対ではない

 老化とは、生命にとって絶対に避けることができない現象ではありません。なぜなら、あらゆる細胞には身体を永遠に正常に機能させるDNAという設計図が含まれているからです。事実、一部の海洋生物は一切老化することがありません。

 しかし、身体の機能を正常に保つには数十億もの細胞が分裂を繰り返す必要があります。そして、分裂を繰り返すほどにこの過程にミスが蓄積されるようになり、蓄積されたミスが大きくなりすぎると、身体はそのダメージを修復できなくなります。ガンの場合なら、細胞は突然変異を取り除くことができず、腫瘍が成長を続けます。アルツハイマー病なら、アミロイド斑を除去できず、痴呆が進みます。

 メトホルミンは酸素分子を細胞内に放ち、その安定化や長寿化を促す効果があります。線虫を用いた実験では、老化を遅らせることはありませんでしたが、健康を保てる期間を延ばす効果が確認されました。この線虫は動きが鈍ることもなく、またシワができることもありませんでした。


f0174087_23201053.jpg


 さらに、マウスを用いた実験では、メトホルミンによって寿命が約40%延び、骨が強くなるという効果が得られています。昨年には、メトホルミンを投与された糖尿病患者が、そうでない人よりも長生きする事実(ただし、糖尿病でない人よりは8年早く死亡)も明らかとなりました。


いよいよ2016年冬から治験開始

 老化防止薬の治験は”メトホルミンによる老化の標的化(Targeting Aging with Metformin, TAME)”と呼ばれ、来年からアメリカで開始される予定です。現在、様々な研究機関によって資金と、ガン、心臓病、痴呆症に罹患しているかそのリスクがある70~80歳の被験者3,000人の確保が進められています。

 イギリス国家統計局によれば、今日生まれた女の子の赤ちゃんは平均82.8年、男の子なら平均78.8年生きることになります。しかし、動物実験で得られた効果が人間でも再現されれば、寿命はほぼ50%延びると見込まれます。


older-man-running_2745676b.jpg


 将来的には、若者に老化を予防する”ワクチン”が接種される可能性もあります。これは、人類の寿命に対してガンの特効薬が発見される以上の影響を及ぼすそうです。医師による治療の対象はガンや糖尿病などではなく、その背後にあるメカニズム、すなわち老化になるといいます。

 なお、この老化防止薬から決して若返りの泉のようなものを想像しないことです。研究者が目指すのは、あくまで健康寿命の改善であり、永遠の命ではありません。それでも治験によって承認が下りれば、公衆衛生の革命となることは間違いありません。

(techtimes、tribune、telegraph、カラパイアより)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する