われらまさにキリストを讃うべし(BWV121)

 降誕祭第2日に聴くこの曲は、昨日聴いた曲と同じ年の1724.12.26初演されたコラールカンタータです。今日は殉教者聖ステファノを記念する日でもあります。

 降誕祭は三大祝日の一つで、ライプツィヒの聖トマス教会では、降誕祭第2日、第3日にカンタータが演奏されました。


51f79c5b.jpg

ジョルジョーネ「羊飼いの礼拝」


 カンタータの中間楽章の歌詞では、「キリストが卑小な人間の存在を救うために、自らを低くして人となった」という大いなる恵みへの感謝ですが、「この恵みは知性の理解を超えたもので、汝ら、ひたすら驚け」というという主張は、ルター正統派の反啓蒙主義的な面を強く打ち出したもので、BACH自身の信仰でもあります。


 鈴木雅明指揮、バッハ・コレギウム・ジャパン、野々下由香里(S)、ロビン・ブレイズ(CT)、ゲルト・テュルク(T)、ペーター・コーイ(B)の演奏でお聴きください。




われらまさにキリストを讃うべし(BWV121)

1.合唱

Christum wir sollen loben schon,

キリストを賛美しよう、

Der reinen Magd Marien Sohn,

清い乙女マリアのみ子を、

So weit die liebe Sonne leucht  

やさしい日の光の照らす果てまで、

Und an aller Welt Ende reicht.

そして世界の果てにまで届くように。

2.アリア(テノール)

O du von Gott erhohte Kreatur,  

おお、神によって高められた被造物よ、

Begreife nicht, nein, nein,bewundre nur:

理解しようとしてはならない、否、ただ驚くがよい。

Gott will durch Fleisch des Fleisches Heil erwerben.

神は肉を通して肉の救いを実現しようとしておられる。

Wie gros ist doch der Schopfer aller Dinge,

万物の創造者は何と偉大なことか、

Und wie bist du verachtet und geringe,

そしてあなたは嘲られ小さくされた、

Um dich dadurch zu retten vom Verderben.

それによって滅びからの救いとなられた。

3.レチタティフ(アルト)

Der Gnade unermeslich's Wesen  

量りがたい恵みの存在は、

Hat sich den Himmel nicht

天を御自分の

Zur Wohnstatt auserlesen,  

すみかとしてお選びにならなかった、

Weil keine Grenze sie umschliest.

それは天も恵みの限界とはならないからだ。

Was Wunder, das allhie Verstand und Witz gebricht,  

何という不思議、この世の理性も知恵も破られる。

Ein solch Geheimnis zu ergrunden,

この秘密が解けるのは、

Wenn sie sich in ein keusches Herze giest.

貞潔な心にそれが宿る時。

Gott wahlet sich den reinen Leib zu einem Tempel seiner Ehren,

神は清いからだをその栄誉の宮としてお選びになった、

Um zu den Menschen sich mit wundervoller Art zu kehren.  

人間のもとに驚くべき仕方で来るために。

4.アリア(バス)

Johannis freudenvolles Springen

ヨハネの喜びに満ちた踊りは

Erkannte dich,mein Jesu, schon.

あなたを、私のイエスよ、すでに知っていたからだ。

Nun da ein Glaubensarm dich halt,

今、信仰の腕はあなたを抱く、

So will mein Herze von der Welt  

それ故私の心はこの世を捨てて、

Zu deiner Krippe brunstig dringen.

あなたの飼い葉桶に心を燃やして進むのだ。

5.レチタティフ(ソプラノ)

Doch wie erblickt es dich in deiner Krippe?  

しかし飼い葉桶のあなたを私の心はどのように見るのか、

Es seufzt mein Herz: mit bebender und fast geschlosner Lippe  

ただ溜め息をつき、震え、ほとんど閉じた唇で、

Bringt es sein dankend Opfer dar.

感謝の献げものを供えまつるのみ。

Gott, der so unermeslich war,

量りがたい神は、

Nimmt Knechtsgestalt und Armut an.

しもべの姿と貧しさを身にまとわれた。

Und weil er dieses uns zugutgetan,

しかも、それは私たちのため、

So las ich mit der Engel Choren  

それ故、私は天使の群れと共に

Ein jauchzend Lob- und Danklied horen!

歓呼して賛美と感謝の歌を響かせよう。

6.コラール(合唱)

Lob, Ehr und Dank sei dir gesagt,

賛美と栄光と感謝はあなたにあるように、

Christ, geborn von der reinen Magd,

キリストに、清いおとめから生まれた方に、

Samt Vater und dem Heilgen Geist

父と聖霊と共に、

Von nun an bis in Ewigkeit.

今より永遠に。

   川端純四郎 訳


福音書ルカ 2章 15-20

 天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。
 その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。しかし、マリアはこれらの出来事を全て心に納めて、思い巡らしていた。羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰っていった。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する